試聴する

愛するお前に

この曲の表示回数 3,462
歌手:

愛奴


作詞:

浜田省吾


作曲:

山崎貴生


まだお前が小さくて野原を駆けまわって
ズボンの膝を破いていつも叱られてた頃
すべてのものは喜びに輝き溢れていたのに
そんな遠い昔は唯の夢と言うのかい

素敵な処女の前を素知らぬ顔で通り過ぎ
ほこりだらけの帽子を固く握りしめてた
若き学生服の詩人は今では暗い部屋にうずくまり
ただ泣き事ばかり並べるだけの毎日さ

人には明日を想えば心ときめく頃がある
それが僕等の夢と呼んでいたものなのだろう
だけどそれを失くした今はお前のその体を
屈めて奪うことだけが残されたひとつの道さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛するお前に 歌手:愛奴

愛奴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-06-21
商品番号:CSCL-1160
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP