人想い

この曲の表示回数 5,303
歌手:

愛奴


作詞:

町支寛二


作曲:

町支寛二


お前のやさしさ 体に感じて
目覚める朝に いつかあこがれて
暮し始めた――
慣れない顔して 今夜のお前は
せいいっぱいに 大人ぶってみせる

与えられる物は 唯夢一つだけれど
飛翔け高く 夜空に舞い上がって
心満たせ――
お前が居るから もうこれからは
寂しさ一人 怯えることはない

抱きしめたら顔をあからめて
指を絡ませ思わず笑い出した

お前の親父の残した言葉は
やさしさだけで この娘 あたためられる
ものかと――
黄昏広がり 影が寄り添う
悲しいことを忘れようとして

死んだ親父の夢に泣き出した
言葉にならない慰めの一言
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人想い 歌手:愛奴

愛奴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-08
商品番号:SRCL-3176
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP