一人都会で

この曲の表示回数 5,135
歌手:

愛奴


作詞:

町支寛二


作曲:

町支寛二


あの日の僕らギターを抱えて
理由も解らず愛を口づさんで
大人になる痛みさえも
笑いとばして捨てて来たけれど

目覚め始めて何を見つけ
歩き出せずにうなだれた

誰も悪くはないのに何故か
今日も傷つけ傷つけられて
たった一つの言葉にこめて
呟いたんだ すべてさようならと

こみあげてくるこの虚しさ
この都会では誰に届く

誰もが悲しく笑い
通り過ぎてくばかり

古ぼけたノートの隙間から落ちた
セーラー服のよく似合う君に
都会に一人で怯え続けた
僕の心は勇気づけられて

季節はずれの雨の中に
君を迎えに飛び出した

凍てついた空の下で
疲れ果てては泣き出し
さまよい続けた果てに
やさしく微笑む君を見た
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一人都会で 歌手:愛奴

愛奴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-08
商品番号:SRCL-3176
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP