試聴する

夢の跡

この曲の表示回数 12,844
歌手:

村下孝蔵


作詞:

村下孝蔵


作曲:

村下孝蔵


階段を登れば 街並が見える丘
霞立つ夕暮れの 古い都町
風の歌が遠くで 泣いているように響く
港からは 最後のフェリーが離れてゆく

1年振り訪ねたアパートの扉には
僕の知らない人の名前がかかっていた
何時までも 僕のこと忘れはしないからと
届いた手紙の訳に 今頃気づくなんて

悪いのはこの僕と 風は頬を叩いて
いつも二人歩いた城跡に一人
破るために約束かわした訳じゃないと
待ち続けてそのまま 枯れた忘れな草よ

涙が虹のように月の光の中で
輝いて落ちていった あの日の君はどこに
失う愛の重さ 気付くまでの時間に
すれ違った 心2つ 叶わぬ夢の跡に

音もなく流れてく 悲しい星のように
すれ違った 心2つ 叶わぬ夢の跡に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢の跡 歌手:村下孝蔵

村下孝蔵の新着情報

  • 西陽のあたる部屋 / ♪西陽のあたる部屋で二人
  • 平凡 / ♪踊ってるかいいけないダンス
  • 愛着 / ♪春よ来いと蒼き雪に
  • 珊瑚礁 / ♪深い海の底眠る夢は
  • 愛情 / ♪紅葉のような小さな手をとり

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-01
商品番号:SRCL-2723
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP