試聴する

西陽のあたる部屋

この曲の表示回数 4,491
歌手:

村下孝蔵


作詞:

村下孝蔵


作曲:

村下孝蔵


西陽のあたる部屋で 二人愛しあっていた
夏はいつも汗かいて 眠れなかったよね
おまえは好きな歌を 鼻歌でうたったよね
夜はいつか 闇に溶けて
朝日におこされていたよね

正直さだけ ただ守ってきたね
貧しさにまけそうな 暮らしのなか

おまえ抱いてた日々の終わりに
始まった愛に
郵便箱に届いた
秋は薄い便箋

上を見ればきりない 下へは落ちてゆける
坂の途中 疲れきって足が動かないよ
人にたよれば終わる 自分にたよれもしない
街のひかり ぼんやりみえ
夜が沈みきっているようさ

日毎たまった 新聞のように
積み上げられてく 昨日 捨てられずに

おまえ抱いてた日々の終わりに
始まった愛に
郵便箱に届いた
秋は薄い便箋
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:西陽のあたる部屋 歌手:村下孝蔵

村下孝蔵の新着情報

  • 平凡 / ♪踊ってるかいいけないダンス
  • 愛着 / ♪春よ来いと蒼き雪に
  • 珊瑚礁 / ♪深い海の底眠る夢は
  • 愛情 / ♪紅葉のような小さな手をとり
  • 挽歌 / ♪いつまでも海を見ている

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-11-01
商品番号:SRCL-4930
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP