雨蛍

この曲の表示回数 13,482
歌手:

千葉一夫


作詞:

木下龍太郎


作曲:

花笠薫


鏡見るのが 嫌なほど
どなたの罪の 恋やつれ
逢いたい行きたい…
せめて束の間 晴れたなら
憎い浮世の 五月雨に
飛ぶに飛べない 雨蛍

めぐり逢うのが 早ければ
あなたの妻で 愛綴り
逢えぬ長夜は…
何度 寝返り 肘まくら
夢も遠野の みちのくで
燃えて身を灼く 雨蛍

世間隠れの 恋ならば
指されりゃ痛い うしろ指
逢いに行きたい…
たとえひととき ひと目でも
下げた提灯 濡れぬよに
袖かばった 雨蛍
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨蛍 歌手:千葉一夫

千葉一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:KICM-8083
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP