相合傘

この曲の表示回数 17,143
歌手:

千葉一夫


作詞:

たかたかし


作曲:

弦哲也


冷たい雨に濡れながら
垣根に咲いてる 紅い花
さざんか さざんかおまえのような
どこか淋しい花だねと
抱けばあまえる花のいじらしさ

この世に生きる悲しみを
拾ってきたのか 薄い眉
さざんか さざんか 涙をふいて
俺でよければ この胸で
夢をそだてて春を待たないか

相合傘(あいあいがさ)の ふたりなら
寒くはないわと添える指
さざんか さざんかいとしい花よ
いつかおまえに青空を
見せてやりたいいつか俺の手で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:相合傘 歌手:千葉一夫

千葉一夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-06-04
商品番号:KICM-8016
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP