五月の空へ

すぎもとまさと

五月の空へ

作詞:紙中礼子
作曲:杉本眞人
発売日:2014/09/17
この曲の表示回数:16,526回

五月の空へ
旅に出るように 突然
あっちへ行ってから
公園沿いの桜が 何度も何度も咲きました
今でもふいに ピアノの前に 帰ってくるようで
ジーンズ姿のあんた 永久欠番です
春に生まれて 春に逝った
あんたらしい 計らいですね
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが集う
あんたの好きな ビールがおいしい季節です

いつも少年の 面影
残して むきになる
あんたのそんなところが やっぱりやっぱり好きでした
背中を揺らし 奏でるメロディー 涙も喜びも
すべてを音符に変える マジシャンみたいな人
飄々(ひょうひょう)とした 写真の顔
年をとらず 憎らしいほど
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが唄う
あんたの歌を 五月の空へと 捧げます

あんたはひとり 宇宙でひとり 誰にも代われない
心にいつでも生きる 永久欠番です
春に生まれて 春に逝った
あんたらしい ぬくもりですね
五月(さつき)晴れの こんな日に 仲間たちが集う
あんたの好きな ビールがおいしい季節です

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません