冬茜

この曲の表示回数 1,280

もし オレが死んでも くよくよせずに
しっかり生きろと 言ってたくせに
一人でお湯割り 呑んでいる
あんたの背中が 泣いている

窓の外には 冬茜
燃えてるような 赤い空
明日もきっと 晴れそうね なんて
隣で言っても 聞こえないのね

そうあの日私は 煙になった
けれども心は いつでもそばに
一人でお湯割り 呑んでいる
あんたの背中に 頬寄せる

窓の外には 冬茜
哀しいくらい 奇麗なの
憎まれ口を きかないで もっと
あんたに優しく すれば良かった

胸の中まで 冬茜
愛されてたと 知りました
呑みすぎないで 泣かないで あんた
見えない両手で 抱きしめてます
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬茜 歌手:すぎもとまさと

すぎもとまさとの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/10/07
商品番号:TECE-3612
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP