まちは裸ですわりこんでいる

この曲の表示回数 4,014
歌手:

YO-KING


作詞:

友部正人


作曲:

友部正人


街ははだかですわり込んでいる
夢を見ようにもあてがない
最後の幸せをポケットに
君は旅立とうとしている

悲しい夜にはなぜか
誰もがきれいに見えるもの
やぶれ舟が僕のすき間に
入り込んで
Hold onてささやいている
とてもはれた日の午後
僕は一人喫茶店の二階
君がおき忘れていったやさしさを
テーブルの上でならべかえてみる
夕暮の町は高校生でいっぱい
でも君の若さにはもう出口はないよ
だから夜はこんなに殺気立っている
今度は台風さえもさけて通るらしい
あめ玉をくわえた老人が一人
縁側で今日も日なたぼっこ
夕暮のまんいんバスの中に
もう見あきた悲しげな顔ひとつふたつ

お日様ももう
先が長くないみたい
肩はこんなにも
あかさびだらけ
僕もそろそろ
腰をあげようか
ビスケットの匂いのする
フランスまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まちは裸ですわりこんでいる 歌手:YO-KING

YO-KINGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP