女の劇場

この曲の表示回数 5,586
歌手:

三船和子


作詞:

いではく


作曲:

岡千秋


激しい二十才の 恋があり
四十に忍んだ 恋もある
心に炎を 炎を
ああ 抱きしめて
わたしが歩いた この道は
花と嵐の だきあわせ

尽くしてささげた 恋があり
世間に背いた 恋もある
火の粉を浴びても 浴びても
ああ 通したい
愛する男の ためならば
たとえ地獄の 果てまでも

涙で身を引く 恋があり
泣かせて奪った 恋もある
真っ赤な炎が 炎が
ああ 燃えたって
尽きればそれまで 悔いはない
その日おんなが 終わる時
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の劇場 歌手:三船和子

三船和子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-28
商品番号:TODT-6107
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP