風のうた

この曲の表示回数 5,955

夜明けを待つ 地平線に 舞い上がった 赤い砂
揺れて消える 水を映す 今は枯れた 大地みたい
時に弱く 孤独に負け くじけるのも かまわない
他の誰を 偽れても 自分にまで 嘘つけない

つらいとか悲しいとか たくさんあるけれど
それはたぶん 喜びと 背中合わせさ
風のうたきいて 明日へ 走り出そう
高く遠くまで あの空に 顔を上げて

夢の途中 届かなくて ひとりひざを 抱えたり
こんなにいる 人の中で たった1人 愛したり
迷いのない 日々などない 道を記す 地図もない
でも流れる 雲のように 心だって 同じじゃない

「運命」なんてそんな 言葉さえ知らない
サバンナに 生きている 生命みたいに
そう強くなりたい 自分を あきらめない
向かい風に立ち 大地を 踏みしめよう

ゆっくり目覚める 生まれたての光
軽やかに(迷わずに) 風に乗れ(大空へ)
翼広げて

風のうた歌い 夜明けに 走り出そう
空に顔上げて 大地を 踏みしめよう
風のうたきいて 明日へ 走り出そう
そこに待つ広い世界へもっと高く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風のうた 歌手:氷上恭子

氷上恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-05-24
商品番号:MMCL-0703
マリン・エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP