デイジー

この曲の表示回数 5,061

うす紫色の雨にけむるデイジー
春を告げて 夏を足早に抜け
秋の風が季節 ぬり変えてく頃に
小さな嵐で 散っていった

心つき刺すような 甘いその香り
暗闇の中で震える私を柔らかく包んだ

二人初めて会った日の 木漏れ陽のまぶしさ
風に乱れる髪が恥ずかしくて
うつむく私にそっと微笑んだ

太陽に似ていると 名付けられたデイジー
いつか私の心に咲き乱れ
雨そぼ降る朝も 星の出ない夜も
静かに佇み 揺れていた

たくさんの約束をして 未来夢見たけど
もうこれ以上あきらめたような
あなたの瞳を見ていたくない

うす紫色の雨にけむるデイジー
春を告げて 夏を足早に抜け
秋の風が季節 ぬり変えてく頃に
小さな嵐で 散っていった

いつもいつもいつも……
いつもいつもいつも……
空に風に波にあなたを思い
それ以外は何も
何も何もなくて
そして泣きたい程 心ふるえた

太陽に似ていると 名付けられたデイジー
いつか私の心に咲き乱れ
雨そぼ降る朝も 星の出ない夜も
静かに佇み 揺れていた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:デイジー 歌手:氷上恭子

氷上恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP