木もれ陽に抱かれて

この曲の表示回数 3,901
歌手:

氷上恭子


作詞:

渡辺なつみ


作曲:

見良津健雄


青い風の中 白く揺れる日差し
瞳閉じれば
胸の中遥かに 打ち寄せて来るのよ
懐かしい温もりが

無邪気な微笑み 抱きしめてあげたい
いつでもそばで
澄んだその瞳に 負けない青空を
LaLa映してあげたい

思い出して 心の故郷
その優しさを
忘れないで 緑溢れる星を

いつもいつも みつめている
汚れなき 生命を
きっときっと 守ってゆく
木もれ陽に抱かれて

ずっと思ってた 戦うことだけが
すべてじゃないと
人は愛するため 生まれてきたはずと
いつだって信じてる

傷付け合い 溢れる涙を
拭うことより
そよぐ風に 笑顔集めてみたい

いつもいつも 願っている
美しい未来を
ずっとずっと 信じてゆく
木もれ陽に抱かれて

いつもいつも みつめている
汚れなき 生命を
きっときっと 守ってゆく
木もれ陽に抱かれて

いつもいつも 願っている
美しい未来を
ずっとずっと 信じてゆく
木もれ陽に抱かれて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木もれ陽に抱かれて 歌手:氷上恭子

氷上恭子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP