光の輪

この曲の表示回数 6,968
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


幼いむかし 僕は
眩しい光をみた
どんなに 悲しくても
生けてゆけと 光はいった

どんなに時代が変っても
どんなに心が歪んでいっても
僕は君を愛してゆく
それが 僕の唯ひとつの
あー 生きている証だから
それが 僕の真実だから

幼いむかし 僕は
眩しい光をみた
いつかしら わすれかけていた あの光よ
眩しさが とても恐かった あの日々よ

僕たちは 小さな 生きもの
宇宙のなか

僕たちは 小さな 生きもの
宇宙のなか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光の輪 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-02-22
商品番号:TOCT-8835
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP