この曲の表示回数 19,567
歌手:

松田聖子


作詞:

松本隆


作曲:

林哲司


フィナーレの幕が静かに降りると
肩で深呼吸
元の素顔になる

楽器の散らばる舞台を駆け抜け
次の町に行く
旅の繰り返しね

サインをせがむ子供
ごめんね 急いでるの
楽屋口の電話 やさしい声が聞きたい

星の数ほどの恋歌があるけど
歌う私には愛しあう自由もないのよ

駅のホームには はなやかな色の
ポスター よそゆきの
顔が淋しそうね

汽車の窓映る私は私よ
人を好きになる
それは自然でしょう

心の動きだけは
誰にも止められない
雑誌伏せて眠る
私の夢をかなえて

いつかあなたへの ラブ・ソングを歌うわ
そっと耳元にくちびるを寄せてね
いいでしょう

星の数ほどの人たちに歌うわ
みんな幸福になるように
それから 私も…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Star 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/10/15
商品番号:CSCL-1274
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP