海鳴り慕情

この曲の表示回数 12,742
歌手:

北山たけし


作詞:

田久保真見


作曲:

弦哲也


千切った手紙 舞い散るように
カモメは群れて 飛んでゆく
俺がおまえに してやれたのは
別れを告げる ことだけさ
すがりつくよな海鳴りが 海鳴りが
旅路の果てに ついてくる

群青色(ぐんじょういろ)の 荒ぶる海に
背中を向けて 汽車に乗る
捨てるしかない 大事な女(ひと)に
出逢ったさだめ 恨むだけ
ふいに黙った海鳴りに 海鳴りに
男の疵(きず)が また痛む

やすらぎなんて 嫌いな訳は
失うことが こわいのか
その日暮らしで 降り立つ駅に
おまえに似てる 白い花
追ってくるよな海鳴りを 海鳴りを
凍える胸に 抱いてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海鳴り慕情 歌手:北山たけし

北山たけしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-04-23
商品番号:TECA-12517
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP