帰郷

この曲の表示回数 4,561
歌手:

みなみらんぼう


作詞:

みなみらんぼう


作曲:

みなみらんぼう


バスを降りた僕の故里 夏の草に覆われ
老いた父母迎えてくれた 庭に赤いほうずき
積もる話のひだに わずかの酒がしみたのか
ひじを枕に老いた父は 軽いいびきをたててる

幼馴染みが訪ねて来て 昔の僕の部屋で
パズルみたいに 思い出の糸
たぐり寄せてはつなぐ
時の流れに任せて ずいぶん遠くに来たものだ
あの日抱いた熱い望みは 茂る夏草にまぎれて

明日の朝はバスに揺られて 故里を出て行く
父や母や愛する友を 捨てて行くのはなぜだろう
こんな別離を幾度もくり返すこの僕は
やはり淋しい時代の中でも親不幸なのだろう
やはり淋しい時代の中でも親不孝なのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:帰郷 歌手:みなみらんぼう

みなみらんぼうの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-05
商品番号:KICS-8005
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP