海の蝶

この曲の表示回数 6,655

連絡船の 着く町へ
落ちて流れて もう三年(みとせ)
潮のかおりが しみ込んだ
赤いネオンの 横文字に
すがるわたしは 海の蝶(ちょう)

連絡船で 来たころは
初心(うぶ)な娘の おさげ髪
雪と氷に とざされた
暗い酒場の 片隅で
いつか覚えた 酒の味

連絡船の 出る町も
どうせわたしにゃ 仮(かり)の宿
あすのあてさえ ない身なら
ひとり翼を いたわって
グラス重ねる 夜の蝶
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海の蝶 歌手:竹越ひろ子

竹越ひろ子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP