北港

この曲の表示回数 22,712
歌手:

神野美伽


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

弦哲也


雪が舞い込む 暖簾の裾に
細腕ひとつで 賄う酒場
この港町(まち)捨てても 行く先なんか
浮世の外には ないけれど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで愛せばいいの

酔えば心も 髪まで熱い
吹雪を抱いても 冷えない身体
夢なら会えても 面影だけが
枕を泪で 濡らすけど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで守ればいいの

春は嘘つき 仕合せなんか
根雪が解けても 帰っちゃこない
死ぬほど惚れてた 待ち人だから
いのちも凍って いいけれど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで耐えればいいの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北港 歌手:神野美伽

神野美伽の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-02-27
商品番号:KICM-30489
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP