空は高く風は歌う

この曲の表示回数 55,586
歌手:

春奈るな


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


どうして空はこんなに青くて
何も悲しみを知らぬように
いつも躊躇わず明日へと崩れ落ちる

いのちは足りないまま生まれて来るのね
痛みが満たすものもあるのね
欠け落ちた心に貴方が触れて

二人で行く未来は
穢れの無い強さで

空は高く風は歌う
夢を見てた
歓びへと
人はいつか辿り着ける
子供の瞳で貴方は信じた
側にいるよ
凍り付いた森を抜けて
その瞳が世界の嘆きに
迷わぬように

どうして届かない光だけが
いつも何よりも眩しい正しさで
叶わない明日へと人を裁く

冷たい背中にそっと触れてみた
世界の優しさを信じない人だから
誰よりも優しかった

生きていたよ未来へ
空に風を残して

夢は何処に眠るのだろう
いつか誰もいなくなった
この岸辺に寄せて返す
光の欠片になれると信じた
闇に還る想いたちが
燃え尽きてく
その灯りを標に
世界はまた夢を見る

空は高く風は歌う
貴方が見た夢の記憶
その叫びが
優しい木霊を
返しているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空は高く風は歌う 歌手:春奈るな

春奈るなの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-05-02
商品番号:SECL-1130
SME

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP