試聴する

海峡酒場

この曲の表示回数 19,797
歌手:

大川栄策


作詞:

星野哲郎


作曲:

筑紫竜平


過去を指さす 時計の針が
凍りついてる 壁肌に
別れた女の 似顔を画いて
ひとりしみじみ 飲む酒は
骨までしみるぜ 海峡酒場

海の匂いが 夜霧にまじる
こんな場末の 止り木も
二人の心の 桟橋だった
俺の命は おまえだと
別れて知ったぜ 海峡酒場

故郷へ帰った おまえを追って
俺は夜明けの 船を待つ
こんど死ぬまで 離しはしない
決めた心を 火の酒に
もやして身をやく 海峡酒場
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡酒場 歌手:大川栄策

大川栄策の新着情報

  • 雪ノ花 / ♪人並みのしあわせはとうの昔に
  • かえり花 / ♪季節はずれのたんぽぽとそっと
  • 未練なんだぜ / ♪ひたひたと降る雨の
  • 桟橋 / ♪泣いてくれるなおまえが流す
  • 妻恋道中 / ♪好いた女房に三下り半を

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/10/21
商品番号:CODA-1916
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP