港のカナちゃん

この曲の表示回数 13,289
歌手:

嶋三喜夫


作詞:

関口義明


作曲:

水森英夫


そりゃないよカナちゃん
ボトルの下に さがさないでと
なぐり書き 今度ばかりは
本気だと 人さわがせにも
ほどがある うれしがらせて
またまた消えた お茶目千鳥に
日暮れる 港町

そりゃないよカナちゃん
時化より怖い 女ごころも
ありだけど 惚れた弱みを
引きずって 海峡荒波
越えたのさ どこの出船と
夜遊びしてか 遠い汽笛が
せつない 港町

そりゃないよカナちゃん
いつもの癖で どうせひと夜の
雲がくれ 帰りそびれて
迷うより かわいいえくぼを
見せとくれ 風も止んだか
桟橋あたり 灯りぬらして
星降る 港町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港のカナちゃん 歌手:嶋三喜夫

嶋三喜夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/12/04
商品番号:KICX-2822
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP