瀬戸の港

この曲の表示回数 16,659
歌手:

中村美律子


作詞:

たかたかし


作曲:

岡千秋


瀬戸の港が しぐれる夜は
連絡船の汽笛に 吐息がまじる
明日の夢より
今夜の夢が あぁ、欲しい
肩をだかれて 飲んだ日の
嘘が恋しい 露地あかり

あれは大島 通いの船か
ひとりぼっちに 夜風がしみる
信じたいのに
すがればいつも あぁ、消える
つかみきれない しあわせに
苦労なじみの 泣きぼくろ

春はいつ来る 瀬戸内つばめ
飛んでおいでよ ネオンの町に
お酒ならべて
とまり木あたり あぁ、ひとり
生きるつらさに 泣けそうな
星が流される 瀬戸港
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:瀬戸の港 歌手:中村美律子

中村美律子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/06/24
商品番号:TOCT-10315
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP