×

有安杏果作曲の歌詞一覧リスト  9曲中 1-9曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
9曲中 1-9曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ナツオモイ有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果君の声が 聴きたくなっちゃったなぁ だけどもうこんな時間 あぁ… もうすぐ夏が終わる  消えそうな蝉の声 夜道遠く感じて 星に願い込め あぁ… この距離じゃ届かない  素直になれず いつも渡せない 私のこの想い 君の隣で 足音並べて歩きたい あぁ…  二人の時間 シャボン玉のようだね 膨らむ想い 弾けて あぁ… このままじゃ夏が終わる  心地よい夜風 なぜか寂しくなるよ 君の好きな歌 Lalala… 気付いたら 口ずさんでた  “愛してる”なんて 歌の中だけ そうこうしてるうちに 伝えることも 叶うこともなく 過ぎていく あぁ…  終わらせたくないから 好きですと言えないよ それでいいんだと言い聞かせてる おはようって言える関係 ずっと続きますように  きっとずっとこれからも この季節が来たら 思い出すだろう あぁ… このまま このまま 夏にとじ込めた
Runaway有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果息を止めて 欲しい答え 窺う癖 当たり前になってた 何が正解? 何が間違い? 多数派が大体勝つ世界 固結びして それでいいのか run runaway  すぐ次の電車来るのに 待てない待てない人達が押し寄せてくる 人の波に乗られ揺られしてたら 本当の自分はどっかに bye bye  独りになるのが怖くて いつも手放すのが怖くて 自分と似た人見て 安心してる  息を止めて 欲しい答え 窺う癖 そんな毎日ならいらない 何が正解? 何が間違い? 未来を決め付けるのはやめて 在り来たりじゃない 結び直して run runaway  ねえ 忙しない朝のホームで 電車に乗れず動けずに踞る人を 一体どれくらいの人が 手を差し伸べられるんだろう フルシカトモード  周りはお構い無しで 自分の都合だけは良すぎて 流行りの似た服着て 安心してる  Yes No どっちもちゃんと言えるように 失敗というラベル恐れずに SOS気付いて 見えない振りしないで そっと伸ばした手と手取り合って 一人じゃないよ バリア剥がして run runaway  息を止めて 欲しい答え 窺う癖 そんな毎日ならいらない 何が正解? 何が間違い? 未来を決め付けるのはやめて 在り来たりじゃない 結び直して run runaway
サクラトーン有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果ひらひら落ちる 桜ひとつひとつを 拾い集め ここから誰も歩いたことない道へ  地図持たずに 五線譜の上 頼りない手で 掴もうとしてる 24度目の春 来ました 何かのせいにするのは もうやめた  弱い虫が大声で泣く 私の胸から すぐ飛んでいけ  ひらひら落ちる 桜ひとつひとつを 拾い集め 確かなモノに変えていくんだ まだまだこれから 見せかけじゃなく本物に なっていくんだ絶対 誰も歩いたことない道へ  荷物持たずに ピンクの絨毯の上 自分らしさ リズムに乗ろうとしてる 心のキャパシティー それぞれ違う 作り笑顔するのは もうやめた  弱い虫は飛び立つ準備中 明日の準備は 今日しかない  帰らない場所 思いながらありのまま 1ミリずつ歩幅を 大きくして踏み出そう 今もここに残る 想い乗せてこれから メロディーの続きを 誰の足跡もない道へ  ひらひら落ちる 桜ひとつひとつを 拾い集め 大切なモノに変えていくんだ いっせーのでみんなに 良いこと起こりますように あなたのトーンは何色? 未来は誰も知らない色
虹む涙有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果とばしすぎたら 疲れちゃうから 小走りくらいがちょうどいい ため息くらい そりゃ出るよなぁ 満員電車で新しい靴汚れた  窓に映った 自分はまるで 他人のように目を逸らしていた いつもと違う 改札から出てみたら 小さな屋根の下で花咲いてました  自分で見つけた道 人に笑われても いいんだ いいんだ らしく らしく  空はなんにも 知らないフリしてるけど 高層ビルよりも高いとこから ちゃんと全部見てる  みんなの雫 この手の平に 集めて 集めて 虹む涙 ほら 小さな海に色とりどりのあかり 小さな海に色とりどりのあかり
ハムスター有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果街頭の灯りが明るい都会の空 星ひとつ見えない無色の空 だけどそこにひっそりと 月が佇むように 確かな光 放ち続けてたい  ビルの窓がひとつふたつ消えて 静まる街で 今日もひとり家路を急ぐ 昨日と同じ今日も一日が巡る 回り続ける ほらハムスターみたいに  走り続けることに夢中になって 気づけばそこにいるのは自分じゃなかった  見落としてきた 無数のきらめく星 流される日々に消されてた たかが先の知れた 未来かもしれないけど でも見失うな 足元の幸せ  時は流れひとつふたつ記憶が にじんで拡がる 心のキャンパスの上で 混ざり合って異色な色が巡る 主張し続ける ほら抽象画みたいに  誰かの目をひくわけじゃないけど 自分しか出せない色がそこにはある  街頭の灯りが明るい都会の空 星ひとつ見えない無色の空 だけどそこにひっそりと 月が佇むように 確かな光 放ち続けてたい  走り続けることに夢中になって 気づけばそこにいるのは自分じゃなかった  見落としてきた 無数のきらめく星 流される日々に消されてた たかが先の知れた 未来かもしれないけど でも見失うな 足元の幸せ
ペダル有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果毎日歩いている 同じ道なんにも変わんない 今日もいいことないの そんなもんだね、人生って  毎日流れてる 朝の占い信じないよ でも悪いことあると そのせいにして、都合いい  くすぶってるこのキモチ ホントは今すぐ砕きたい 自分のこの手で やらなきゃ!なにも変わらない  漕いでゆけ、道なれ、未知なれ 緩やかな坂道 今なら行ける 右左とペダル踏み込んで 迷い消し去って 追い風に押されながら  漕いでゆけ、道なれ、未知なれ 風に乗ってリズム掴めばこっちのもの 予定調和も既成概念も すべて取っ払って 自分にしか出来ない世界を 描こう、描こう、描こう  毎日嫌なこと たくさんあるけど忘れない 大切な誰かが どこかで見てくれてることを  いつか未来で会った時 笑顔ちゃんと見せられるよう 笑って泣いて 素直な自分でいようよ  漕いでゆけ、道なれ、未知なれ デコボコ山道だってもう平気 自分のペダル信じてるから いつか辿り着く まだ見たことのない世界へ  越えてゆけ、道なれ、未知なれ その先に続く遥か地平線 前へ進むイメージ描いて そのまま追い風に 身を任せて自由自在に 跳べるよ、跳べるよ、跳べるよ  毎日歩いてる 同じ道なんにも変わんない でもよく見てごらん 奇跡の種 転がってるから
小さな勇気有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果小さな声だけど出してみた するとどこかで誰かの声がした 振り向いて立ち止まる人達がいた 心の耳すませながら  どこかでまた 誰かもまた 声はこだまし響き合い やがてそれが少しずつ重なり 大きな声になってゆく  ひとつの小さな勇気が種になる 光にまっすぐ伸びる力になる 僕らには果てしなく強い勇気があるから どんな凍えそうな夜にも朝は来る 日差しに守られ また空を見上げる 僕らには果てしない空と勇気があるから  小さなことだけどやってみた すると誰かもまた手を貸してくれた ありがとうと笑ってくれる人がいた 嬉し涙浮かべながら  どこかでまた 誰かがまた 手を差し伸べ力合わせ やがてそれは気付けばひとつに 大きな道が生まれてく  ひとつの小さな勇気が種になる 光にまっすぐ伸びる力になる 僕らには果てしなく強い勇気があるから どんな凍えそうな夜にも朝は来る 日差しに守られ また空を見上げる 僕らには果てしない空と勇気があるから  この声が、この歌が、この想いが 遠くのどこかで頑張ってるあなたに 届くように  ひとつの小さな勇気が種になる 光にまっすぐ伸びる力になる 僕らには果てしなく強い勇気があるから どんな凍えそうな夜にも朝は来る 日差しに守られ また空を見上げる 僕らには果てしない空と勇気があるから  ラララ… いつの日か必ずきっときっと 笑顔の花が咲き誇るから
色えんぴつ有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果薄っぺらな缶ケース 毎日その中佇んでる ひっそり端っこ佇んでる ここが僕の居場所なんだ  誰かに気づかれることもなく いつだって変わらない 1mm だって変わらない  尖ったままの僕の苦しみ 誰かわかってくれるかな まあるくなって短くなって ポイって、ほら捨てられるより辛いのさ 尖った先が今日もまた 僕の心に鋭く突き刺さる  まっさら白い画用紙の上 みんなが色とりどりに 今日もお絵かき楽しそう 誰も僕に気づかないかな  誰かに気づかれることもなく いつだって変わらない 1mm だって変わらない  色を持たない僕の寂しさ 誰か分かってくれるかな 上塗りされて混ざり合って ほらって、違う色になるより辛いのさ 尖った先が今日もまた 僕の心に鋭く突き刺さる  だけど 君の哀しみの涙を薄め くすんだ心のひとすじの光になる 僕にだって出来ることあるんだ  尖ったままの僕のプライド 君がそっと削ってくれて まあるくなって短くなって ハイって、やっと君の役に立てるんだ 尖った先が今日だけは 君の心を優しく映し出す 尖った僕でもいつかきっと 君の優しい心に 彩りつけられるはずだから
ヒカリの声有安杏果有安杏果有安杏果有安杏果トンネルを抜けると 眩い光が射し いつか見たままの景色よみがえる あの夏の日があって いくつもの暗闇越え 紡いできた日々を感じる  痛むのは生きてるから 転ぶのは前へ進むから いつだって僕らは諦めずにきた いくつものトンネルの中で 白い光だけめざして  僕らを繋いでる 空が今叫んでる どんなに遠くても出口へと導いてくれる 君にも届くだろう あの夏の日のように だからどんなに彷徨っても ここで同じ光浴びよう  いいことなんて長く 続かないってことは 時を重ねるごとに悟ってきたから 次のトンネルが見えて 暗闇が近付いてきても 恐れず平穏でいられた  負けることに慣れ果て 簡単にプライドも捨て 逆転劇なんて狙わない いつからかそんな生き方 楽になって流されてきた  僕らを繋いでる 空が今泣いてる 心失った僕を見て嘆いているよ どこかで見上げてる君の顔 曇らないよう 今思い出そう ほら共に紡いできた消えない軌跡  心の隅っこ忍ばせているあの約束 何度だって思い出してスタート切れる だから辛いときはいつだって 君の目印でいる  僕らを繋いでる 空が今叫んでる どんなに遠くても出口へと導いてくれる 君にも届くだろう あの夏の日のように だからどんなに彷徨っても ここで同じ光浴びよう
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. ウタカタララバイ
  4. 私は最強
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. TOKYOレジスタンス
  4. さいだー
  5. ELEVEN -Japanese ver.-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照