彩音の歌詞一覧リスト  98曲中 1-98曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
98曲中 1-98曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アカシアの木の下でI cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.  雨の日は lonely blue 楽しみは It was always so. Lonely scenery I do not think there is worry. ―but! 突然のTelephone callあり得ないMiracle that exceeds expectation It is a moment when my fate changed. It is a moment when my fate changed. そんなrainy day  キミの温もりをForever feel itジュリエット約束の木の下で そして今ここに誓えるよThe secret words I drew in the sky. I say a wish to a shooting star.  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の激しいスコール Uh very sweet, rainy day very happy雨宿りの場所、アカシアの木  I cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.  朝一のHigh school girl軽快なbicycle technique is cool highest. I do not think there is worry. ―but! ライバルのSlipstreamギリギリのviolent game started. Do not shut eyes. I want to be with the loved friends. I want to be with the loved friends. そんなBeautiful day  キミを見つめてたBecause I love itジュリエットそして恋に落ちた 星が輝いたあの夜にThe secret words I drew in the sky. I say a wish to a shooting star.  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の暑い予報で Uh very sweet, rainy day very happy出逢いの木陰は、アカシアの木  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の物語で Uh very sweet, rainy day very happy神様がくれた、アカシアの木  I cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.彩音志倉千代丸志倉千代丸I cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.  雨の日は lonely blue 楽しみは It was always so. Lonely scenery I do not think there is worry. ―but! 突然のTelephone callあり得ないMiracle that exceeds expectation It is a moment when my fate changed. It is a moment when my fate changed. そんなrainy day  キミの温もりをForever feel itジュリエット約束の木の下で そして今ここに誓えるよThe secret words I drew in the sky. I say a wish to a shooting star.  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の激しいスコール Uh very sweet, rainy day very happy雨宿りの場所、アカシアの木  I cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.  朝一のHigh school girl軽快なbicycle technique is cool highest. I do not think there is worry. ―but! ライバルのSlipstreamギリギリのviolent game started. Do not shut eyes. I want to be with the loved friends. I want to be with the loved friends. そんなBeautiful day  キミを見つめてたBecause I love itジュリエットそして恋に落ちた 星が輝いたあの夜にThe secret words I drew in the sky. I say a wish to a shooting star.  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の暑い予報で Uh very sweet, rainy day very happy出逢いの木陰は、アカシアの木  Uh very sweet, lovely day very sweetそれはある夏の物語で Uh very sweet, rainy day very happy神様がくれた、アカシアの木  I cannot sleep tonight, because I'm looking forward to coming tomorrow. The god, please cause the miracle again tomorrow. And,I came to like summer day.
あがらない雨はないんだよ未来はきっと自由なんだ 吹き抜ける風よりも どこまでも ノートの隅 描ききれぬ 夢よりもっとリアルな夢  「あがらない雨はないんだよ」なんて 忘れるハズもない あの優しい嘘も 一緒に過ごした 大切な日々は 二度と戻らないけど  あふれだす 眩しい場面が とめどなく繰り返すよ 悲しみの涙も 喜びの涙も その全部が あなただった いつかまた 会えるその日も 時はまだ 止まったままで 想い出の全てが 今の僕だから ノートの隅に記すんだ  間違いなんてどこにもなく 全てはあの未来に続いてる もし心が 曇ってきても 全ては価値観次第の空  好きの意味を問い 愛に変わってく 幼い気持ちに 偽りは無かった ふたり駆け抜けた 想い出全てが 消えたりしないように  ありがとう この気持ちより 送りたい言葉がなくて 泣いてないフリとか 笑い過ぎた夜も その全ては 色褪せない 時がまた 巻き戻っても なにもかも 同じでいい この瞳に映した 君との記録は 疑いもなく愛だよ  あふれだす 眩しい場面が とめどなく繰り返すよ 悲しみの涙も 喜びの涙も その全部が あなただった いつかまた 会えるその日も 時はまだ 止まったままで 想い出の全てが 今の僕だから ノートの隅に記すんだ彩音志倉千代丸志倉千代丸未来はきっと自由なんだ 吹き抜ける風よりも どこまでも ノートの隅 描ききれぬ 夢よりもっとリアルな夢  「あがらない雨はないんだよ」なんて 忘れるハズもない あの優しい嘘も 一緒に過ごした 大切な日々は 二度と戻らないけど  あふれだす 眩しい場面が とめどなく繰り返すよ 悲しみの涙も 喜びの涙も その全部が あなただった いつかまた 会えるその日も 時はまだ 止まったままで 想い出の全てが 今の僕だから ノートの隅に記すんだ  間違いなんてどこにもなく 全てはあの未来に続いてる もし心が 曇ってきても 全ては価値観次第の空  好きの意味を問い 愛に変わってく 幼い気持ちに 偽りは無かった ふたり駆け抜けた 想い出全てが 消えたりしないように  ありがとう この気持ちより 送りたい言葉がなくて 泣いてないフリとか 笑い過ぎた夜も その全ては 色褪せない 時がまた 巻き戻っても なにもかも 同じでいい この瞳に映した 君との記録は 疑いもなく愛だよ  あふれだす 眩しい場面が とめどなく繰り返すよ 悲しみの涙も 喜びの涙も その全部が あなただった いつかまた 会えるその日も 時はまだ 止まったままで 想い出の全てが 今の僕だから ノートの隅に記すんだ
Anagram of Coda惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ また疼き出した傷も 君も救えないなら せめて嘘だと言って  哀しみに潜む心は 理不尽な闇に包まれて それならばいっそ全てを Resetしてしまえばいい  叫ぶ記憶と交錯するその眼差しは いつの日か光に変わるというのかな?  彩のあるこの景色 空虚な空にのまれても  あの日と同じように 業火の花咲く 何度も言葉を重ねた 涙さえ届かぬ感情  また疼き出した傷も 君も救えないなら 夢だと言って逝け  絶望の先にあるもの 真実を追い求めてる その答えがまたいつか 誰か傷つけたとしても   繰り返されて誤魔化してる笑顔の奥で 孤独だとしてもきっとまだ耐えられる   惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ 色のないその声 響かないままで カケラに閉じ込められても 無機質なままの感情 また疼き出した傷も 君も救えないなら せめて嘘だと言って  彩のあるこの景色 空虚な空にのまれても あの日と同じように 業火の花咲く 何度も言葉を重ねた 涙さえ届かぬ感情 また疼き出した傷も 拭えずに  惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ  色のないその声 響かないままで カケラに閉じ込められても 無機質なままの感情 また疼き出した傷も 君も救えないなら 廻りながら明日を駆けて逝け彩音彩音佐藤厚仁佐藤厚仁惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ また疼き出した傷も 君も救えないなら せめて嘘だと言って  哀しみに潜む心は 理不尽な闇に包まれて それならばいっそ全てを Resetしてしまえばいい  叫ぶ記憶と交錯するその眼差しは いつの日か光に変わるというのかな?  彩のあるこの景色 空虚な空にのまれても  あの日と同じように 業火の花咲く 何度も言葉を重ねた 涙さえ届かぬ感情  また疼き出した傷も 君も救えないなら 夢だと言って逝け  絶望の先にあるもの 真実を追い求めてる その答えがまたいつか 誰か傷つけたとしても   繰り返されて誤魔化してる笑顔の奥で 孤独だとしてもきっとまだ耐えられる   惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ 色のないその声 響かないままで カケラに閉じ込められても 無機質なままの感情 また疼き出した傷も 君も救えないなら せめて嘘だと言って  彩のあるこの景色 空虚な空にのまれても あの日と同じように 業火の花咲く 何度も言葉を重ねた 涙さえ届かぬ感情 また疼き出した傷も 拭えずに  惨劇の渦の中でも 解けた糸を手繰り寄せ  色のないその声 響かないままで カケラに閉じ込められても 無機質なままの感情 また疼き出した傷も 君も救えないなら 廻りながら明日を駆けて逝け
Analogy望んだ未来の歪む音は 繰り返す者の痛みも知らず 希望に溢れた言霊も 囚われてそのままですり抜けた  むすんでひらいて 隙間から覗く 操る光が シグナルでも I want to be with you たった一つの 残された燈 鏡像 煌く業  一筋の 結ばれた感情 鬩ぎ合ったままで 抜けぬ棘の如く 深く祭る 繋がれた 絆を確かめる度に 解かれる現実 守りたいと願う まどろみの森で 海に消えゆく混沌の渦 真実のその先へ  選んだ明日の望む夢が 新しい幸せを告げるなら 変わらぬ景色と温もりと 信じてたその意味を確かめる  むすんでひらいて 進むべき道の 涙の向こうで ダイスを振る I'm always on your side 向かい合わせの 寄り添った篝火 残像 重なる瞳  一筋の ゆるがない情動 廻る其の憶いは 憐憫の眼差し 悟る祭礼 蘇る 絆を確かめる度に 拡がる傷跡も 悲しみに寄り添う 光と影の音 離れていても繋がっている 笑顔咲くこの場所で彩音彩音志倉千代丸望んだ未来の歪む音は 繰り返す者の痛みも知らず 希望に溢れた言霊も 囚われてそのままですり抜けた  むすんでひらいて 隙間から覗く 操る光が シグナルでも I want to be with you たった一つの 残された燈 鏡像 煌く業  一筋の 結ばれた感情 鬩ぎ合ったままで 抜けぬ棘の如く 深く祭る 繋がれた 絆を確かめる度に 解かれる現実 守りたいと願う まどろみの森で 海に消えゆく混沌の渦 真実のその先へ  選んだ明日の望む夢が 新しい幸せを告げるなら 変わらぬ景色と温もりと 信じてたその意味を確かめる  むすんでひらいて 進むべき道の 涙の向こうで ダイスを振る I'm always on your side 向かい合わせの 寄り添った篝火 残像 重なる瞳  一筋の ゆるがない情動 廻る其の憶いは 憐憫の眼差し 悟る祭礼 蘇る 絆を確かめる度に 拡がる傷跡も 悲しみに寄り添う 光と影の音 離れていても繋がっている 笑顔咲くこの場所で
Analogy (TVSize)望んだ未来の歪む音は 繰り返す者の痛みも知らず 希望に溢れた言霊も 囚われてそのままですり抜けた  むすんでひらいて 隙間から覗く 操る光が シグナルでも I want to be with you たった一つの 残された燈 鏡像 煌く業  一筋の 結ばれた感情 鬩ぎ合ったままで 抜けぬ棘の如く 深く祭る 繋がれた 絆を確かめる度に 解かれる現実 守りたいと願う まどろみの森で 海に消えゆく混沌の渦 真実のその先へ彩音彩音志倉千代丸望んだ未来の歪む音は 繰り返す者の痛みも知らず 希望に溢れた言霊も 囚われてそのままですり抜けた  むすんでひらいて 隙間から覗く 操る光が シグナルでも I want to be with you たった一つの 残された燈 鏡像 煌く業  一筋の 結ばれた感情 鬩ぎ合ったままで 抜けぬ棘の如く 深く祭る 繋がれた 絆を確かめる度に 解かれる現実 守りたいと願う まどろみの森で 海に消えゆく混沌の渦 真実のその先へ
あの空の果てまであの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒(とも)に…  海まで自転車をこいで 青空に浮かぶ雲を追いかけた  振り返れば変わらない笑顔 この場所からまた始めよう 未来(あす)の為に  「君だけは大人にならないでいて いつでも君は君のままで…」 あの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒に 輝く明日は笑顔で待っているから  記憶の片隅の中で 途切れたフィルムが二人を繋いでゆく  願う事で叶えられる想い 「諦めない」そう仲間と誓ったから  限りなく蒼い世界の果てまで 見つめた想いの彼方へと 大切な夢を追いかけ続けた願いは きっと叶う 想いの深さは心を一つにさせた  見失ったり明日が遠くても 昨日までの自分自身に負けたくないから  挫けそうな時はいつも側にいて 勇気を与えてくれたよね 「君だけは大人にならないでいて いつでも君は君のままで…」  あの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒に 輝く明日は笑顔で待っている 煌めく未来の旅へ彩音彩音TatshTatshあの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒(とも)に…  海まで自転車をこいで 青空に浮かぶ雲を追いかけた  振り返れば変わらない笑顔 この場所からまた始めよう 未来(あす)の為に  「君だけは大人にならないでいて いつでも君は君のままで…」 あの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒に 輝く明日は笑顔で待っているから  記憶の片隅の中で 途切れたフィルムが二人を繋いでゆく  願う事で叶えられる想い 「諦めない」そう仲間と誓ったから  限りなく蒼い世界の果てまで 見つめた想いの彼方へと 大切な夢を追いかけ続けた願いは きっと叶う 想いの深さは心を一つにさせた  見失ったり明日が遠くても 昨日までの自分自身に負けたくないから  挫けそうな時はいつも側にいて 勇気を与えてくれたよね 「君だけは大人にならないでいて いつでも君は君のままで…」  あの空の雲の向こう側まで行きたい 君と一緒に 輝く明日は笑顔で待っている 煌めく未来の旅へ
After Rain放課後の奇跡は 占い通りに 君の影、隣に運ぶ そしてある真夜中 二つ目の奇跡 君からの不意な告白  横目で合図をくれた先、そこには Ah― 想い出の場所 始まりの風 静かに落ちる霧のような 雨なら Ah― 傘はいらない きっとすぐ(After Rain)星が舞うから  After Rain― キミに出逢い キミに触れて キミに笑い キミに泣いた 「大好き」だけの不器用な恋 二つの夢が あの日から 一つに変わったんだよね 今、風が吹いた 雨のち晴れ  ありふれた時間を 愛しく思う頃 特別な意味を感じた 君と歩くときは 初めての日から 決まってる 右のポジション  短い一日が終わればサヨナラ Ah― 眠らないような 星はないかな? たまには小さな戸惑いもあるけど Ah― そのバランスで どこまでも(After Rain)夢を見たいから  After Rain― キミを愛し キミに迷い キミの夢を キミと見てた とりとめもなく気持ちが溢れる 心の深い場所にある 弱さを守ってくれるね 今、感じるから 雨のち晴れ  横目で合図をくれた先、そこには Ah― 想い出の場所 始まりの風 静かに落ちる霧のような 雨なら Ah― 傘はいらない きっとすぐ(After Rain)星が舞うから After Rain― キミに出逢い キミに触れて キミに笑い キミに泣いた 「大好き」だけの不器用な恋 二つの夢が あの日から 一つに変わったんだよね 今、風が吹いた 雨のち晴れ彩音志倉千代丸志倉千代丸放課後の奇跡は 占い通りに 君の影、隣に運ぶ そしてある真夜中 二つ目の奇跡 君からの不意な告白  横目で合図をくれた先、そこには Ah― 想い出の場所 始まりの風 静かに落ちる霧のような 雨なら Ah― 傘はいらない きっとすぐ(After Rain)星が舞うから  After Rain― キミに出逢い キミに触れて キミに笑い キミに泣いた 「大好き」だけの不器用な恋 二つの夢が あの日から 一つに変わったんだよね 今、風が吹いた 雨のち晴れ  ありふれた時間を 愛しく思う頃 特別な意味を感じた 君と歩くときは 初めての日から 決まってる 右のポジション  短い一日が終わればサヨナラ Ah― 眠らないような 星はないかな? たまには小さな戸惑いもあるけど Ah― そのバランスで どこまでも(After Rain)夢を見たいから  After Rain― キミを愛し キミに迷い キミの夢を キミと見てた とりとめもなく気持ちが溢れる 心の深い場所にある 弱さを守ってくれるね 今、感じるから 雨のち晴れ  横目で合図をくれた先、そこには Ah― 想い出の場所 始まりの風 静かに落ちる霧のような 雨なら Ah― 傘はいらない きっとすぐ(After Rain)星が舞うから After Rain― キミに出逢い キミに触れて キミに笑い キミに泣いた 「大好き」だけの不器用な恋 二つの夢が あの日から 一つに変わったんだよね 今、風が吹いた 雨のち晴れ
Arrival of Tears歪んだ覚醒の中で 赤き夜が目を醒ませば 黒き闇永遠の眠り 月影に怯えてる  炎が包み込んでく 世界を焼き尽くしても 祈りだけは絶やさずに 友と交わした明日のため  溢れる涙 連声に響け 忘却の剣へと 刹那さに溺れてゆく魂 浮遊して往く光 空を切り裂いて 此の世界 希望を抱いて逝こう  独りで彷徨った夜に すれ違う輪廻の鼓動 綴られるその紋章 CROSSOVERしてる  涸れて往くその涙が 罪と罰と贖いの 色に染められていても 友と交わした明日のため  悲しい過去が 束縛するなら 運命まで逆らって 天へと強く拳掲げ 命まで捧げよう 刻む魂は 此の世界 変えるために在るから…  黒き月が眠る夜 赤い涙 毀れてく それぞれの視線の先 友と交わした明日がある  終わることない 涙が滲んで 暗闇に閉ざされた 静寂が包み込んだ世界 音も立てずに消えた  溢れる涙 連声に響け 忘却の剣へと 刹那さに溺れてゆく魂 浮遊して往く光 空を切り裂いて 此の世界 希望を抱いて逝こう彩音彩音TatshTatsh歪んだ覚醒の中で 赤き夜が目を醒ませば 黒き闇永遠の眠り 月影に怯えてる  炎が包み込んでく 世界を焼き尽くしても 祈りだけは絶やさずに 友と交わした明日のため  溢れる涙 連声に響け 忘却の剣へと 刹那さに溺れてゆく魂 浮遊して往く光 空を切り裂いて 此の世界 希望を抱いて逝こう  独りで彷徨った夜に すれ違う輪廻の鼓動 綴られるその紋章 CROSSOVERしてる  涸れて往くその涙が 罪と罰と贖いの 色に染められていても 友と交わした明日のため  悲しい過去が 束縛するなら 運命まで逆らって 天へと強く拳掲げ 命まで捧げよう 刻む魂は 此の世界 変えるために在るから…  黒き月が眠る夜 赤い涙 毀れてく それぞれの視線の先 友と交わした明日がある  終わることない 涙が滲んで 暗闇に閉ざされた 静寂が包み込んだ世界 音も立てずに消えた  溢れる涙 連声に響け 忘却の剣へと 刹那さに溺れてゆく魂 浮遊して往く光 空を切り裂いて 此の世界 希望を抱いて逝こう
ultimate arrowその目にも映っていた孤独の光を抱きしめて この手で掴んだものは 戻れない時空の彼方へ  ここは幻覚だけの世界 ためらうことさえも 殺して 命の向かうほうへ 祈り捧げた  今、世界の果てへ解き放て たった一度 夢に落ちた壊れた創造幻影 確かなことがあるのなら もっと傍で涙見せて ここから ここから 永遠の矢を撃て  閉ざされ縛られていた心の手錠は外された 扉は開かれていた すり抜ける君の影を追う  そこは描かれていた世界 愛する罪さえも 犯して 光の向かうほうへ 歩み進めた  今、全てを賭けて取り戻せ たった一度、そこに見えた かすかな協奏共鳴 ためらわないで未来でも ずっと傍で涙見せて 偽る 現実へ 革命を掲げろ  言の葉に願い込めて 貴方まで繋ぐ 想いは螺旋を描く 崩れた思惑  今、世界の果てで呼び覚ませ ずっと底で眠っていた 君への衝動全霊 気高く誇れ その意思を もっと壊せこの世界を 偽る 現実へ 革命を掲げろ ずっと ここから ここから 永遠の矢を撃て彩音ミヤハラ信哉ミヤハラ信哉その目にも映っていた孤独の光を抱きしめて この手で掴んだものは 戻れない時空の彼方へ  ここは幻覚だけの世界 ためらうことさえも 殺して 命の向かうほうへ 祈り捧げた  今、世界の果てへ解き放て たった一度 夢に落ちた壊れた創造幻影 確かなことがあるのなら もっと傍で涙見せて ここから ここから 永遠の矢を撃て  閉ざされ縛られていた心の手錠は外された 扉は開かれていた すり抜ける君の影を追う  そこは描かれていた世界 愛する罪さえも 犯して 光の向かうほうへ 歩み進めた  今、全てを賭けて取り戻せ たった一度、そこに見えた かすかな協奏共鳴 ためらわないで未来でも ずっと傍で涙見せて 偽る 現実へ 革命を掲げろ  言の葉に願い込めて 貴方まで繋ぐ 想いは螺旋を描く 崩れた思惑  今、世界の果てで呼び覚ませ ずっと底で眠っていた 君への衝動全霊 気高く誇れ その意思を もっと壊せこの世界を 偽る 現実へ 革命を掲げろ ずっと ここから ここから 永遠の矢を撃て
A-nswerいつの日でも 変わらずに どんな時も 笑顔くれた  涙の夜だって 強くなれる いつでも  何度も見たこの景色 忘れないように 僕らが辿り着いた 大事なSanctuary  夢と夢が重なる瞬間 儚い明日が 煌めいてる それを奇跡と呼べるなら 何度でもこの空に歌う  君と歩く この路は 愛に満ちて 溢れている  どんなに迷ったり 彷徨っても 必ず  光が溶け合うように 想いが募る 星空に描く夢 指でなぞった Shooting Star  タシカナモノ 重なる声 戻せない時間 一緒に刻もう それは奇跡と呼べるから  何度でもこの空に誓う 君と作る未来を  光照らす場所で もう一度会えるなら 約束しよう 惹かれあった その絆に“ありがとう”  夢と夢が重なる瞬間 儚い明日が 煌めいてる それを奇跡と呼べるなら 何度でもこの空に歌う 一緒に作る未来を彩音彩音安瀬聖安瀬聖いつの日でも 変わらずに どんな時も 笑顔くれた  涙の夜だって 強くなれる いつでも  何度も見たこの景色 忘れないように 僕らが辿り着いた 大事なSanctuary  夢と夢が重なる瞬間 儚い明日が 煌めいてる それを奇跡と呼べるなら 何度でもこの空に歌う  君と歩く この路は 愛に満ちて 溢れている  どんなに迷ったり 彷徨っても 必ず  光が溶け合うように 想いが募る 星空に描く夢 指でなぞった Shooting Star  タシカナモノ 重なる声 戻せない時間 一緒に刻もう それは奇跡と呼べるから  何度でもこの空に誓う 君と作る未来を  光照らす場所で もう一度会えるなら 約束しよう 惹かれあった その絆に“ありがとう”  夢と夢が重なる瞬間 儚い明日が 煌めいてる それを奇跡と呼べるなら 何度でもこの空に歌う 一緒に作る未来を
Angelic bright「迷い」との「決別」は キミの瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」  媚薬のように 薄らぐ感覚 存在の真意さえ 曖昧にしまい込む 失った者 大きなフィロソフィ あの日の世界分岐はAngelic bright?  それでも片隅で騒ぐ 夢中に 駆けるようなエナジー 「キミが生きた証になる」 未来への扉に 手を伸ばして 解き放とう────  仰ぎ見るこの空の 雲の隙間縫うように 映し出された 涙が止まらぬ場面 「迷い」との「決別」は 友の瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」  今、立ち昇る“希望”それはいつしか 手と手を繋いで“勇気”に変わった... まばゆい光へ  意識を持たず 有りの儘でいい 偽りの安らぎで ただ時間を数えた 無くした者は 不可欠なマテリアル 不可避な闇の支配はAngelic bright?  名も無き臆病もいつか 無痛へ 自らのエナジー 「キミが生きた過去の為に」 未来への扉に 手を伸ばして 解き放とう────  今も未だあの日々の 友の声聞こえるから そばに居るよね 心の一番近く 「強さ」への「成長」は 仲間がくれる優しさ 熱き誓いと その「確信」  仰ぎ見るこの空の 雲の隙間縫うように 映し出された 涙が止まらぬ場面 「迷い」との「決別」は 友の瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」彩音志倉千代丸志倉千代丸磯江俊道「迷い」との「決別」は キミの瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」  媚薬のように 薄らぐ感覚 存在の真意さえ 曖昧にしまい込む 失った者 大きなフィロソフィ あの日の世界分岐はAngelic bright?  それでも片隅で騒ぐ 夢中に 駆けるようなエナジー 「キミが生きた証になる」 未来への扉に 手を伸ばして 解き放とう────  仰ぎ見るこの空の 雲の隙間縫うように 映し出された 涙が止まらぬ場面 「迷い」との「決別」は 友の瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」  今、立ち昇る“希望”それはいつしか 手と手を繋いで“勇気”に変わった... まばゆい光へ  意識を持たず 有りの儘でいい 偽りの安らぎで ただ時間を数えた 無くした者は 不可欠なマテリアル 不可避な闇の支配はAngelic bright?  名も無き臆病もいつか 無痛へ 自らのエナジー 「キミが生きた過去の為に」 未来への扉に 手を伸ばして 解き放とう────  今も未だあの日々の 友の声聞こえるから そばに居るよね 心の一番近く 「強さ」への「成長」は 仲間がくれる優しさ 熱き誓いと その「確信」  仰ぎ見るこの空の 雲の隙間縫うように 映し出された 涙が止まらぬ場面 「迷い」との「決別」は 友の瞳に隠れた 明日だけを見る その「確信」
ARCHIVE LOVERSエレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah-  まぶしいエレクトロニックの街oh yeah (◎o○;) 世界へ萌えとマニアックの波を 起こしてゆくの? (@^_^@)ゝ  小さなパーツさえも 迷わないこの路地裏 見慣れてたソースコードのように (・o・) だけど今じゃ 止まることを知らない 産業革命とレジャーで 街はグレイに... カモンベイベー凸(-_-メ)  あの日の景色 ARCHIVE LOVERS 未来を運ぶ ARCHIVE LOVER GIRLS この場所は特別だよ 坊ヤ良い子だ yeah ヾ(′ω?。)v 確かめようよ ARCHIVE LOVERS 見つけ出そうよ ARCHIVE LOVER GIRLS 不思議なサムシング yeah 変わらないで 淋しい気分もデフォルトになる  エレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah- from new age  大事なフロッピーとハードだけでOK ヾ(”▽”*) 卑猥なプラスチックドールの街へ変わると言うの? σ(′ヘ?●)  ネオンのアンドロメダ キミがただ愛しすぎて プロンプト彷徨い続ける (T_T) 眠らないで、スペック通り包んで 眩しきあの頃の景色へ すぐにコンパイル... カモンベイベー凸(-_-メ)  すぐに逢えない ARCHIVE LOVERS テープローディング ARCHIVE LOVER GIRLS 私こそ宇宙に住む 帝王ザ・カリ~テ └(′▽?*)┘ アセンブラなら ARCHIVE LOVERS 無けりゃナイコン ARCHIVE LOVER GIRLS ハートのスイッチON yeah 地球を回す この場所は喜びをキャッシュする  ラジオ会館の奥 ためらわず入れたら アクティブで不思議な領域 ヾ^_^ その空気は いつでも仮想ドライブと 魅力的アルゴリズムを僕にアップリンク... カモンベイベー凸(-_-メ)  あの日の景色 ARCHIVE LOVERS 未来を運ぶ ARCHIVE LOVER GIRLS この場所は特別だよ 坊ヤ良い子だ yeah (●′∀?)ノ゜* 確かめようよ ARCHIVE LOVERS 見つけ出そうよ ARCHIVE LOVER GIRLS 不思議なサムシング yeah 変わらないで この場所は喜びをキャッシュする  エレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah- from new age彩音志倉千代丸志倉千代丸エレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah-  まぶしいエレクトロニックの街oh yeah (◎o○;) 世界へ萌えとマニアックの波を 起こしてゆくの? (@^_^@)ゝ  小さなパーツさえも 迷わないこの路地裏 見慣れてたソースコードのように (・o・) だけど今じゃ 止まることを知らない 産業革命とレジャーで 街はグレイに... カモンベイベー凸(-_-メ)  あの日の景色 ARCHIVE LOVERS 未来を運ぶ ARCHIVE LOVER GIRLS この場所は特別だよ 坊ヤ良い子だ yeah ヾ(′ω?。)v 確かめようよ ARCHIVE LOVERS 見つけ出そうよ ARCHIVE LOVER GIRLS 不思議なサムシング yeah 変わらないで 淋しい気分もデフォルトになる  エレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah- from new age  大事なフロッピーとハードだけでOK ヾ(”▽”*) 卑猥なプラスチックドールの街へ変わると言うの? σ(′ヘ?●)  ネオンのアンドロメダ キミがただ愛しすぎて プロンプト彷徨い続ける (T_T) 眠らないで、スペック通り包んで 眩しきあの頃の景色へ すぐにコンパイル... カモンベイベー凸(-_-メ)  すぐに逢えない ARCHIVE LOVERS テープローディング ARCHIVE LOVER GIRLS 私こそ宇宙に住む 帝王ザ・カリ~テ └(′▽?*)┘ アセンブラなら ARCHIVE LOVERS 無けりゃナイコン ARCHIVE LOVER GIRLS ハートのスイッチON yeah 地球を回す この場所は喜びをキャッシュする  ラジオ会館の奥 ためらわず入れたら アクティブで不思議な領域 ヾ^_^ その空気は いつでも仮想ドライブと 魅力的アルゴリズムを僕にアップリンク... カモンベイベー凸(-_-メ)  あの日の景色 ARCHIVE LOVERS 未来を運ぶ ARCHIVE LOVER GIRLS この場所は特別だよ 坊ヤ良い子だ yeah (●′∀?)ノ゜* 確かめようよ ARCHIVE LOVERS 見つけ出そうよ ARCHIVE LOVER GIRLS 不思議なサムシング yeah 変わらないで この場所は喜びをキャッシュする  エレクトロニックハイテックマシンインターフェイス ah- oldies エクスプレスクロスフィールドUDX ah- from new age
いつもこの場所でGOLD LYLICいつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って  残酷に過ぎ行く 時の中で 探し求めていたもの すれ違う世界に 閉じ込められた 目に見えぬヒカリ  特別なほど 愛する者へ 打ち明けられずにいた 過ごした日々の 一つ一つが 戸惑いをピリオドに変える───  いつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って 重ね合った みんなの想いが 世界線を創る どんな雨にも 負けぬ 信じ合える気持ち この空の観測者 この空は明日の証明  いつまでも変わらぬ 景色なんて 絶対に叶わぬ夢 奇跡のような出会い せめてあの日を 消したりしないで  好きな気持ちが 勇気に変わる 科学的じゃないけど 戸惑いのない キミの言葉が 本当の答えを導く───  あの日僕らは 出会い 大切な何かを いつもこの場所で 探していたね 何気なく 過ぎゆく時間の その意味を知ってる たとえどんなに 二人 離れてしまっても この空の観測者 この空は明日の証明  たとえ僕らは 遠く 離れてしまっても いつもこの場所で 繋がっている 切なくてロマンチックだね まだ知らない明日  いつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って 重ね合った みんなの想いが 世界線を創る どんな雨にも 負けぬ 信じ合える気持ち この空の観測者 この空は明日の証明GOLD LYLIC彩音志倉千代丸志倉千代丸奥山アキラいつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って  残酷に過ぎ行く 時の中で 探し求めていたもの すれ違う世界に 閉じ込められた 目に見えぬヒカリ  特別なほど 愛する者へ 打ち明けられずにいた 過ごした日々の 一つ一つが 戸惑いをピリオドに変える───  いつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って 重ね合った みんなの想いが 世界線を創る どんな雨にも 負けぬ 信じ合える気持ち この空の観測者 この空は明日の証明  いつまでも変わらぬ 景色なんて 絶対に叶わぬ夢 奇跡のような出会い せめてあの日を 消したりしないで  好きな気持ちが 勇気に変わる 科学的じゃないけど 戸惑いのない キミの言葉が 本当の答えを導く───  あの日僕らは 出会い 大切な何かを いつもこの場所で 探していたね 何気なく 過ぎゆく時間の その意味を知ってる たとえどんなに 二人 離れてしまっても この空の観測者 この空は明日の証明  たとえ僕らは 遠く 離れてしまっても いつもこの場所で 繋がっている 切なくてロマンチックだね まだ知らない明日  いつか僕らが 未来 振り返る時には いつもこの場所で キミが笑って 重ね合った みんなの想いが 世界線を創る どんな雨にも 負けぬ 信じ合える気持ち この空の観測者 この空は明日の証明
IF一粒の涙とか 幾千の銀河でも それは同じだけの意味の重さで 失った悲しみも それさえも失って 宇宙は不器用に 辻褄合わせる  『未来』と呼ばれる その場所へきっといつか 伝えたい想い それぞれの 大切な命を 明日へ繋ぐ  時を支配する 因果の領域 愛情さえも 書き換えてゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 何度でも 何度でも 繰り返すよ 光の定義も覆す 無限数のストーリー この瞳(め)に刻んでゆく  一秒前のキミと 今のキミとを繋ぐ 崇高な“意識”が 戸惑いになる 消え去った星さえも 観測は困難で 神は想い出さえ すり替えてみせる  『運命(さだめ)』と呼ばれる 契約を破り捨てて 宇宙の真理へ 手を伸ばす 揺るぎない思いを ここに誓う  時をねじ曲げる 事象の地平が 希望でさえも 呑み込んでゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 伝えたい 伝えたい 言葉がある 光の行方を追いかける 残酷なる旅路の ゲートはもう開いた  時を支配する 因果の領域 愛情さえも 書き換えてゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 何度でも 何度でも 繰り返すよ 光の定義も覆す 無限数のストーリー この瞳(め)に刻んでゆく彩音志倉千代丸志倉千代丸悠木真一一粒の涙とか 幾千の銀河でも それは同じだけの意味の重さで 失った悲しみも それさえも失って 宇宙は不器用に 辻褄合わせる  『未来』と呼ばれる その場所へきっといつか 伝えたい想い それぞれの 大切な命を 明日へ繋ぐ  時を支配する 因果の領域 愛情さえも 書き換えてゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 何度でも 何度でも 繰り返すよ 光の定義も覆す 無限数のストーリー この瞳(め)に刻んでゆく  一秒前のキミと 今のキミとを繋ぐ 崇高な“意識”が 戸惑いになる 消え去った星さえも 観測は困難で 神は想い出さえ すり替えてみせる  『運命(さだめ)』と呼ばれる 契約を破り捨てて 宇宙の真理へ 手を伸ばす 揺るぎない思いを ここに誓う  時をねじ曲げる 事象の地平が 希望でさえも 呑み込んでゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 伝えたい 伝えたい 言葉がある 光の行方を追いかける 残酷なる旅路の ゲートはもう開いた  時を支配する 因果の領域 愛情さえも 書き換えてゆく それでも僕らは 『IF』の景色へと 何度でも 何度でも 繰り返すよ 光の定義も覆す 無限数のストーリー この瞳(め)に刻んでゆく
Invisible lightEveryday 誰も傷つかない夢のような世界 あると言うなら教えて欲しいよ 自由を奪われて独りの宇宙で もう戻れないと叫んでいるから  また動き出す その歯車に触れる度に 何度も瞳閉じた  消え去る光 掴めずに 取り残されても 抱きしめた温もり感じて 涙さえ枯れた明日の記憶 心の行方を また今日も探すように 彷徨い続けたまま 此処に堕ちてゆく  Everynight いつも感じている痛みその奥で 壊れながらまた笑顔作る 本当の自分さえわからないままで もうどうでもいいと全て投げ出した  冷たくなった この身体を廻る 最後の雫が溢れ堕ちて  サヨナラさえも 呑み込んだ 誰もいない場所 癒された過去さえ忘れて 震えるこの手を伸ばしても 届かないままで 夢の中で生かされて 夢の中で生きてる そして堕ちてゆく Invisible light.  また動き出す その歯車に触れる度に 何度も瞳閉じた ah  消え去る光 掴めずに 取り残されても 抱きしめた温もり感じて 涙さえ枯れた明日の記憶 心の行方を また今日も探すように 彷徨い続けたままの 私を許して彩音彩音アッシュ井上Everyday 誰も傷つかない夢のような世界 あると言うなら教えて欲しいよ 自由を奪われて独りの宇宙で もう戻れないと叫んでいるから  また動き出す その歯車に触れる度に 何度も瞳閉じた  消え去る光 掴めずに 取り残されても 抱きしめた温もり感じて 涙さえ枯れた明日の記憶 心の行方を また今日も探すように 彷徨い続けたまま 此処に堕ちてゆく  Everynight いつも感じている痛みその奥で 壊れながらまた笑顔作る 本当の自分さえわからないままで もうどうでもいいと全て投げ出した  冷たくなった この身体を廻る 最後の雫が溢れ堕ちて  サヨナラさえも 呑み込んだ 誰もいない場所 癒された過去さえ忘れて 震えるこの手を伸ばしても 届かないままで 夢の中で生かされて 夢の中で生きてる そして堕ちてゆく Invisible light.  また動き出す その歯車に触れる度に 何度も瞳閉じた ah  消え去る光 掴めずに 取り残されても 抱きしめた温もり感じて 涙さえ枯れた明日の記憶 心の行方を また今日も探すように 彷徨い続けたままの 私を許して
WiSH ON TRUTH光と陰が 重なり合って 無情な世界 映すよ 心の奥の 深い悲しみ 笑顔に変えてゆきたい  loneliness 消せない記憶と tenderness 過ぎた日々 止まってた時間が動き出す  暗闇を抜けたら あの日描いてた未来が 目の前にあると そう信じ続けてる 溢れそうな想い 遠い空に焦がれてゆく 手を伸ばした時 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったstay your love  春の日差しが 差し込む窓辺 キミの夢さえ 映すよ 夜空に浮かぶ 下弦の月は 輝きを増しているのに  loneliness 癒されないまま tenderness 彷徨って 傷つかない様な術はあるの?  描いてたシナリオどんなに並べたとしても 気付かないキミは 他の誰かを見てる 溢れそうな想い 優しく抱きしめてくれる それだけでよかった 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったwish on truth  destiny 希望の光 捨てずに この場所で 果てしない想い胸に刻んでゆく  暗闇を抜けたら あの日描いてた未来が 目の前にあると そう信じ続けてる 溢れそうな想い 遠い空に焦がれてゆく 手を伸ばした時 静かに祈ってた  描いてたシナリオどんなに並べたとしても 気付かないキミは 他の誰かを見てる 溢れそうな想い 優しく抱きしめてくれる それだけでよかった 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったwish on truth彩音彩音上野浩司上野浩司光と陰が 重なり合って 無情な世界 映すよ 心の奥の 深い悲しみ 笑顔に変えてゆきたい  loneliness 消せない記憶と tenderness 過ぎた日々 止まってた時間が動き出す  暗闇を抜けたら あの日描いてた未来が 目の前にあると そう信じ続けてる 溢れそうな想い 遠い空に焦がれてゆく 手を伸ばした時 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったstay your love  春の日差しが 差し込む窓辺 キミの夢さえ 映すよ 夜空に浮かぶ 下弦の月は 輝きを増しているのに  loneliness 癒されないまま tenderness 彷徨って 傷つかない様な術はあるの?  描いてたシナリオどんなに並べたとしても 気付かないキミは 他の誰かを見てる 溢れそうな想い 優しく抱きしめてくれる それだけでよかった 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったwish on truth  destiny 希望の光 捨てずに この場所で 果てしない想い胸に刻んでゆく  暗闇を抜けたら あの日描いてた未来が 目の前にあると そう信じ続けてる 溢れそうな想い 遠い空に焦がれてゆく 手を伸ばした時 静かに祈ってた  描いてたシナリオどんなに並べたとしても 気付かないキミは 他の誰かを見てる 溢れそうな想い 優しく抱きしめてくれる それだけでよかった 儚い想いが 途切れない様に 静かに祈ったwish on truth
永遠の向こうありきたりな交差点で ありふれた僕らは つまずきしゃがみこんでは  これからの未来とか 変えられない過去なんて どこか他人事だった  降り注いだきみという偶然 この世界の隅で見つけたこの絆  永遠を知る 消えないものを知る 人はただ強くて弱いの 求めることも 与えることも光になる  そしてまた続くstory  ラベンダーの季節が また過ぎてゆくけれど きっと忘れはしない  1人きりじゃ誰もが 足りないものだらけで だけど だから出逢った  目を閉じれば咲き誇る紫 また僕を動かす 繋いだこの絆  永遠の向こう 終わらない空の向こうに まだ知らない未来が 輝く時を待ち焦がれてる そう思える 教えてくれたのはきみ  きみの心を聴かせて 僕の心が聴こえる? お互いを持ち寄ったら たくさんの言葉はもういらない  永遠を知る 永遠の絆を知った今 僕らは歩いて 輝く時を待ち焦がれてる そう思える 教えてくれたから  永遠を知る 消えないものを知る 人はただ強くて弱いの 求めることも 与えることも光になる  そして続いてくstory彩音きゅーこ水野大輔水野大輔ありきたりな交差点で ありふれた僕らは つまずきしゃがみこんでは  これからの未来とか 変えられない過去なんて どこか他人事だった  降り注いだきみという偶然 この世界の隅で見つけたこの絆  永遠を知る 消えないものを知る 人はただ強くて弱いの 求めることも 与えることも光になる  そしてまた続くstory  ラベンダーの季節が また過ぎてゆくけれど きっと忘れはしない  1人きりじゃ誰もが 足りないものだらけで だけど だから出逢った  目を閉じれば咲き誇る紫 また僕を動かす 繋いだこの絆  永遠の向こう 終わらない空の向こうに まだ知らない未来が 輝く時を待ち焦がれてる そう思える 教えてくれたのはきみ  きみの心を聴かせて 僕の心が聴こえる? お互いを持ち寄ったら たくさんの言葉はもういらない  永遠を知る 永遠の絆を知った今 僕らは歩いて 輝く時を待ち焦がれてる そう思える 教えてくれたから  永遠を知る 消えないものを知る 人はただ強くて弱いの 求めることも 与えることも光になる  そして続いてくstory
永遠のメモリーズ限りある時の流れの中で さまざまなモノに触れて傷ついて  大切な気持ち 見過ごしてたね 気付かないふりして 心をすり抜けてゆく  永遠のメモリーズ そよぐ風の向こう キミの影をいつまでも追いかけた 誰かが囁いた優しい言葉には耳を傾けられずに  忘れてしまった事 思い出せずに消えた 虚しいと思うのは キミがいたから? 忘れてしまった事... 思い出せずにいる事  信じる気持ちは カワラナイヨと 問いかけた言葉 かけがえのない想い  近すぎた距離は すれ違ったまま 季節だけが過ぎて 涙の色も変えてゆく  届かないメロディーズ 永遠の記憶へ 波の音が打ち消した『さよなら』を 新しく芽生えた 想いに迷いながら希望の光探して  悲しい物語(ストーリー)が 運命だとしても 幻の温もり抱いて眠るよ  永遠のメモリーズ そよぐ風の向こう キミの影をいつまでも追いかけた 誰かが囁いた優しい言葉には耳を傾けられずに  かけがえのない想い 抱えきれずに泣いた 胸に宿る想いは 閉ざしたままで キミと出逢わなければ 愛しさも知らぬまま 忘れてしまった事... 思い出せずにいる事 それでもキミを想うから彩音彩音Tatsh限りある時の流れの中で さまざまなモノに触れて傷ついて  大切な気持ち 見過ごしてたね 気付かないふりして 心をすり抜けてゆく  永遠のメモリーズ そよぐ風の向こう キミの影をいつまでも追いかけた 誰かが囁いた優しい言葉には耳を傾けられずに  忘れてしまった事 思い出せずに消えた 虚しいと思うのは キミがいたから? 忘れてしまった事... 思い出せずにいる事  信じる気持ちは カワラナイヨと 問いかけた言葉 かけがえのない想い  近すぎた距離は すれ違ったまま 季節だけが過ぎて 涙の色も変えてゆく  届かないメロディーズ 永遠の記憶へ 波の音が打ち消した『さよなら』を 新しく芽生えた 想いに迷いながら希望の光探して  悲しい物語(ストーリー)が 運命だとしても 幻の温もり抱いて眠るよ  永遠のメモリーズ そよぐ風の向こう キミの影をいつまでも追いかけた 誰かが囁いた優しい言葉には耳を傾けられずに  かけがえのない想い 抱えきれずに泣いた 胸に宿る想いは 閉ざしたままで キミと出逢わなければ 愛しさも知らぬまま 忘れてしまった事... 思い出せずにいる事 それでもキミを想うから
Everlasting Sky君が告げた言葉 それさえも見失ないそうで 胸の奥で何度も 繰り返した  涙にあるその意味とか 気持ちが生む愛しさとか 上手くまだ声に変えられない だけどキミに伝えたい  大きな大きなあの木も 優しくさせるあの川も 想い出を描く、この景色にキミが居て... 強さをくれるあの花も 二人出会ったこの場所も 不意に舞い降りた その存在 everlasting sky 確かな日々を  未来、願う事の その意味を教えてくれたね 遙かに見た輝き 確かな想い  明日がまた怖くなって 不安に包まれた夜も 二人ならきっと強くなれる 誰にも解けない魔法で  この瞳に映る空も 夢を運んだあの風も その一つ一つが足跡になってゆく... 宝石箱の星空も 涙を隠すあの雨も 全てが今、輝きを増した everlasting sky 確かな日々を  大きな大きなあの木も 優しくさせるあの川も 想い出を描く、この景色にキミが居て... 強さをくれるあの花も 二人出会ったこの場所も 不意に舞い降りた その存在 everlasting sky 確かな日々を彩音志倉千代丸志倉千代丸君が告げた言葉 それさえも見失ないそうで 胸の奥で何度も 繰り返した  涙にあるその意味とか 気持ちが生む愛しさとか 上手くまだ声に変えられない だけどキミに伝えたい  大きな大きなあの木も 優しくさせるあの川も 想い出を描く、この景色にキミが居て... 強さをくれるあの花も 二人出会ったこの場所も 不意に舞い降りた その存在 everlasting sky 確かな日々を  未来、願う事の その意味を教えてくれたね 遙かに見た輝き 確かな想い  明日がまた怖くなって 不安に包まれた夜も 二人ならきっと強くなれる 誰にも解けない魔法で  この瞳に映る空も 夢を運んだあの風も その一つ一つが足跡になってゆく... 宝石箱の星空も 涙を隠すあの雨も 全てが今、輝きを増した everlasting sky 確かな日々を  大きな大きなあの木も 優しくさせるあの川も 想い出を描く、この景色にキミが居て... 強さをくれるあの花も 二人出会ったこの場所も 不意に舞い降りた その存在 everlasting sky 確かな日々を
Endless Tears...毀れ出す痛みさえ 滲んだ影へと朽ち果てた 偽りが切り裂いた 誓いの下で翳した掌  贖いを待ちわびていた 刹那の天使 狂わせてた夜へ誘え  世界が終末を告げても 最後の希望抱きたい 誓ったあの日 あの場所で 友と明日のために...  悲しみに満ちた 虚ろな鏡像 崩れて逝く心を贖え  幾千の時の中 彷徨い続けた君の手が 永遠の眠りへと 堕ちてゆく僕を引き寄せた  震える指先へ伝う 刹那の願い 綴られた呪文(ことば)が輝く  涙が涸れることも無く 明日へとただ流れて逝く 覚醒(めざ)めた あの日 あの場所で 友と明日のために...  解き放つ言葉もいつかは 僕らを癒す物語 鏡に映し出す姿 照らす光  世界が終末を告げても 最後の希望 抱きたい 誓ったあの日 あの場所で 友と明日のために...  終わる事のない 涙を抱きしめ 美しき楽園を愛して... 悲しみに満ちた 虚ろな鏡像 崩れて逝く心を贖え彩音彩音TatshTatsh毀れ出す痛みさえ 滲んだ影へと朽ち果てた 偽りが切り裂いた 誓いの下で翳した掌  贖いを待ちわびていた 刹那の天使 狂わせてた夜へ誘え  世界が終末を告げても 最後の希望抱きたい 誓ったあの日 あの場所で 友と明日のために...  悲しみに満ちた 虚ろな鏡像 崩れて逝く心を贖え  幾千の時の中 彷徨い続けた君の手が 永遠の眠りへと 堕ちてゆく僕を引き寄せた  震える指先へ伝う 刹那の願い 綴られた呪文(ことば)が輝く  涙が涸れることも無く 明日へとただ流れて逝く 覚醒(めざ)めた あの日 あの場所で 友と明日のために...  解き放つ言葉もいつかは 僕らを癒す物語 鏡に映し出す姿 照らす光  世界が終末を告げても 最後の希望 抱きたい 誓ったあの日 あの場所で 友と明日のために...  終わる事のない 涙を抱きしめ 美しき楽園を愛して... 悲しみに満ちた 虚ろな鏡像 崩れて逝く心を贖え
想い出はゆびきりの記憶へゆびきりしたあの日から 記憶を辿ってみても 笑顔を浮かべる僕ら 愛しさが溢れてる  見えない糸を紡いで もう二度と離れない様に “ゆびきり”約束したね いつでも忘れないよ…  時には すれ違ったり 背中あわせの日でも 明日になれば優しさへと変わる  約束と想い出は同じ数で 全てを知ってる仲間がいる 結ばれたこの心 離さないよ 勇気の欠片 抱きしめながら  眩しい日差しの中で 隠れてキスをしたこと 繋いだ指先までも 小さく震えていた  戸惑い傷付きながら いつも確かめ合っては その度僕たちは強くなってゆく  大切な左手を差し出す君 特別な意味だと感じたよ ゆびきりの記憶が今蘇る 君の全てを僕は知ってる  季節が廻ったとしても 約束の証を交わそう 想い出と一緒に歩いて行こう 勇気の翼広げて  約束と想い出は同じ数で 全てを知ってる仲間がいる 結ばれたこの心 離さないよ 勇気の欠片 抱きしめながら  大切な左手を差し出す君 特別な意味だと感じたよ ゆびきりの記憶が今蘇る 君の全てを僕は知ってる  ずっと一緒にいよう彩音彩音mo2(Barbarian On The Groove)mo2ゆびきりしたあの日から 記憶を辿ってみても 笑顔を浮かべる僕ら 愛しさが溢れてる  見えない糸を紡いで もう二度と離れない様に “ゆびきり”約束したね いつでも忘れないよ…  時には すれ違ったり 背中あわせの日でも 明日になれば優しさへと変わる  約束と想い出は同じ数で 全てを知ってる仲間がいる 結ばれたこの心 離さないよ 勇気の欠片 抱きしめながら  眩しい日差しの中で 隠れてキスをしたこと 繋いだ指先までも 小さく震えていた  戸惑い傷付きながら いつも確かめ合っては その度僕たちは強くなってゆく  大切な左手を差し出す君 特別な意味だと感じたよ ゆびきりの記憶が今蘇る 君の全てを僕は知ってる  季節が廻ったとしても 約束の証を交わそう 想い出と一緒に歩いて行こう 勇気の翼広げて  約束と想い出は同じ数で 全てを知ってる仲間がいる 結ばれたこの心 離さないよ 勇気の欠片 抱きしめながら  大切な左手を差し出す君 特別な意味だと感じたよ ゆびきりの記憶が今蘇る 君の全てを僕は知ってる  ずっと一緒にいよう
ORANGE誰より、誰よりその声を探した 光のしらべがあの日へ誘うから 溢れる想いに押し潰されそうで 居心地のいい空を探した  今、風に吹かれたら あの日のままの匂いがした 胸を焦がす仲間の歌 揺るぎなく とぎれたフィルムなら その先を夢に繋ごう singing the sky singing the sky キミへ届くかな?  最終電車が僕を乗せて また走り出した 窓から手を振り 街が消えてく 夢と現実のラインを超えて レールは続くよ あの約束なら 今叶えられる それはあまりに突然すぎた幻  オレンジ色した錆びた月の夜や 雨の冷たさに矛盾はないんだけど 涙が枯れたら人は強くなれるの? 傷つく事に触れられない  今、「僕は僕のまま生きて行く」そんな決意も キミの声で あっけなく 壊されて こんなにも 時間は何一つ忘れさせない singing the sky singing the sky キミへ届くかな?  最終電車が僕を乗せて 夜を突き抜ける 派手なスピードが 奇跡に変わる 地球(ほし)を逆さまに回って 時間さえも超えるなら 迷わずキミへの 明日を変えられる それはあまりに突然すぎた幻  最終電車が僕を乗せて また走り出した 窓から手を振り 街が消えてく 夢と現実のラインを超えて レールは続くよ あの約束なら 今叶えられる それはあまりに突然すぎた幻彩音志倉千代丸志倉千代丸誰より、誰よりその声を探した 光のしらべがあの日へ誘うから 溢れる想いに押し潰されそうで 居心地のいい空を探した  今、風に吹かれたら あの日のままの匂いがした 胸を焦がす仲間の歌 揺るぎなく とぎれたフィルムなら その先を夢に繋ごう singing the sky singing the sky キミへ届くかな?  最終電車が僕を乗せて また走り出した 窓から手を振り 街が消えてく 夢と現実のラインを超えて レールは続くよ あの約束なら 今叶えられる それはあまりに突然すぎた幻  オレンジ色した錆びた月の夜や 雨の冷たさに矛盾はないんだけど 涙が枯れたら人は強くなれるの? 傷つく事に触れられない  今、「僕は僕のまま生きて行く」そんな決意も キミの声で あっけなく 壊されて こんなにも 時間は何一つ忘れさせない singing the sky singing the sky キミへ届くかな?  最終電車が僕を乗せて 夜を突き抜ける 派手なスピードが 奇跡に変わる 地球(ほし)を逆さまに回って 時間さえも超えるなら 迷わずキミへの 明日を変えられる それはあまりに突然すぎた幻  最終電車が僕を乗せて また走り出した 窓から手を振り 街が消えてく 夢と現実のラインを超えて レールは続くよ あの約束なら 今叶えられる それはあまりに突然すぎた幻
On my way選ばれし者 宿命なら この時空の狭間で 絆を感じて  魂は輪廻を繰り返し 何度も 蘇るから  重なる影に記憶が重なり 夢の中で 彷徨った日も それでも 揺るがない強さ胸に 今を 明日を生きよう  消えゆく世界 闇に堕ちて 創られた想いに また呑み込まれる  未来が崩れても朽ちても 記憶が 蘇るなら  渇いた命に希望を見つけて 奪い合う心 癒し溶かそう 痛みに 疼いた日でもいつか 僕ら 強くさせるよ  重なる影に記憶が重なり 夢の中で 彷徨った日も それでも 揺るがない強さ胸に いつの日も… 今を 明日を生きよう彩音彩音ミヤハラ信哉選ばれし者 宿命なら この時空の狭間で 絆を感じて  魂は輪廻を繰り返し 何度も 蘇るから  重なる影に記憶が重なり 夢の中で 彷徨った日も それでも 揺るがない強さ胸に 今を 明日を生きよう  消えゆく世界 闇に堕ちて 創られた想いに また呑み込まれる  未来が崩れても朽ちても 記憶が 蘇るなら  渇いた命に希望を見つけて 奪い合う心 癒し溶かそう 痛みに 疼いた日でもいつか 僕ら 強くさせるよ  重なる影に記憶が重なり 夢の中で 彷徨った日も それでも 揺るがない強さ胸に いつの日も… 今を 明日を生きよう
邂逅のフェタリテート信じて… 小さな空への誓いなら 僕が知っている Ah…  封鎖されて 予測を遁れる分岐路 過ちさえ収束する未来 駆け抜けて  断崖絶壁 遥かな構図 青い窓から降る視線に 空はどこまで広がっている その世界に  高鳴るほど もがくほど 抜け出せない鼓動(リズム) 壁にもたれ 俯いても 過去と現在(いま)の境界線 永遠とも呼べる 誓いよ 空に届け  行くあてなく 祈る言葉も忘れて 掻き集めた 記憶のパズルを組むように  ただひとつだけ握り締めてる 希望にさえ裏切られてく 出会いと共に繰り返される 喪失を  夢に向かい 運命に翻弄されても 射した光に手を伸ばす 定められた座標から 踏み出した足跡 願いを 刻みつけて  絡み合った真実を捉えた刹那 手をかける 未知の扉 夢の鍵 ひとかけらの空に向かい 誓った未来なら 僕だけが知っている  高鳴って 抜け出せない鼓動 壁にもたれ 俯いても 過去と現在の境界線 永遠とも呼べる 誓いよ 空に届け彩音MAKOTO-ONP藤井雄大オオバコウスケ信じて… 小さな空への誓いなら 僕が知っている Ah…  封鎖されて 予測を遁れる分岐路 過ちさえ収束する未来 駆け抜けて  断崖絶壁 遥かな構図 青い窓から降る視線に 空はどこまで広がっている その世界に  高鳴るほど もがくほど 抜け出せない鼓動(リズム) 壁にもたれ 俯いても 過去と現在(いま)の境界線 永遠とも呼べる 誓いよ 空に届け  行くあてなく 祈る言葉も忘れて 掻き集めた 記憶のパズルを組むように  ただひとつだけ握り締めてる 希望にさえ裏切られてく 出会いと共に繰り返される 喪失を  夢に向かい 運命に翻弄されても 射した光に手を伸ばす 定められた座標から 踏み出した足跡 願いを 刻みつけて  絡み合った真実を捉えた刹那 手をかける 未知の扉 夢の鍵 ひとかけらの空に向かい 誓った未来なら 僕だけが知っている  高鳴って 抜け出せない鼓動 壁にもたれ 俯いても 過去と現在の境界線 永遠とも呼べる 誓いよ 空に届け
カカシゆらり、ゆらり、ゆらめいた 空がくれた幻 大事な忘れ物は そばにあるのかな  つないだ手はあのときの約束 だからずっとこのままで居たいな また 闇がいつか二人の間を 離したりしませんように  あたたかい雫がひとつ こぼれたら星がふえるの? あの頃の想い出は今もここにあるよ そして今懐かしい風が吹いた... ゆらり、ゆらり、ゆらめいて 星空ありがとう good morning 新しい朝 good morning 新しい風  ゆらり、ゆらり、ゆらめいた 茜色に染まった 夕暮れ あなたの影 見つめていたいな  それはきっと遠回りじゃなくて 答えはほらこの温もりにある 今 何を思う?全ての気持ちが この胸に通じるように  こんなふうにあなたに出逢い 見つめ合う二つの奇跡 神様がこの人と選んだあの瞬間は 今もまだ大切にしまってるよ... ゆらり、ゆらり、るらめいて 両手に感じる good morning 新しい朝  つないだ手はあのときの約束 だからずっとこのままで居たいな また 闇がいつか二人の間を 離したりしませんように  あたたかい雫がひとつ こぼれたら星がふえるの? あの頃の想い出は今もここにあるよ そして今懐かしい風が吹いた... ゆらり、ゆらり、ゆらめいて 星空ありがとう good morning 新しい朝 good morning 新しい風彩音志倉千代丸志倉千代丸ゆらり、ゆらり、ゆらめいた 空がくれた幻 大事な忘れ物は そばにあるのかな  つないだ手はあのときの約束 だからずっとこのままで居たいな また 闇がいつか二人の間を 離したりしませんように  あたたかい雫がひとつ こぼれたら星がふえるの? あの頃の想い出は今もここにあるよ そして今懐かしい風が吹いた... ゆらり、ゆらり、ゆらめいて 星空ありがとう good morning 新しい朝 good morning 新しい風  ゆらり、ゆらり、ゆらめいた 茜色に染まった 夕暮れ あなたの影 見つめていたいな  それはきっと遠回りじゃなくて 答えはほらこの温もりにある 今 何を思う?全ての気持ちが この胸に通じるように  こんなふうにあなたに出逢い 見つめ合う二つの奇跡 神様がこの人と選んだあの瞬間は 今もまだ大切にしまってるよ... ゆらり、ゆらり、るらめいて 両手に感じる good morning 新しい朝  つないだ手はあのときの約束 だからずっとこのままで居たいな また 闇がいつか二人の間を 離したりしませんように  あたたかい雫がひとつ こぼれたら星がふえるの? あの頃の想い出は今もここにあるよ そして今懐かしい風が吹いた... ゆらり、ゆらり、ゆらめいて 星空ありがとう good morning 新しい朝 good morning 新しい風
かけがえのない想い ずっと一緒にTrial lovers かけがえのない 想いは秋風に吹かれ 儚い夏の夢 大切な想い刻むメモリー  変わらない笑顔なら すぐ傍にあるのに 気付かないまま過ぎて 当たり前の『日常』  ラジオから漏れる 懐かしいメロディー 輝ける明日へと 動き出すwave  Trial lovers 切なすぎて 心ふるわせる小波 揺れ動く鼓動は 秋風に吹かれ 巡る季節 あの夏の日 ずっとそばにいられるなら 例え“ありふれてる”言葉でも かけがえのないメモリー  傷付いた怖さより 確信が欲しくて 青い空を見上げて この路を歩いた  移りゆく四季に 記憶を重ねて 染められた木の葉たち 蘇るwave  Trial lovers 言えぬままの 想いや伝えたい言葉 ORANGEに染まった 秋風に吹かれ 描いた未来 胸の奥に 秘めたままのこの気持ちは 儚い夏の夢 大切な想い刻むメモリー  Trial lovers 切なすぎて 心ふるわせる小波 揺れ動く鼓動は 秋風に吹かれ 巡る季節 あの夏の日 ずっとそばにいられるなら 例え“ありふれてる”言葉でも かけがえのないメモリー彩音彩音上野浩司上野浩司Trial lovers かけがえのない 想いは秋風に吹かれ 儚い夏の夢 大切な想い刻むメモリー  変わらない笑顔なら すぐ傍にあるのに 気付かないまま過ぎて 当たり前の『日常』  ラジオから漏れる 懐かしいメロディー 輝ける明日へと 動き出すwave  Trial lovers 切なすぎて 心ふるわせる小波 揺れ動く鼓動は 秋風に吹かれ 巡る季節 あの夏の日 ずっとそばにいられるなら 例え“ありふれてる”言葉でも かけがえのないメモリー  傷付いた怖さより 確信が欲しくて 青い空を見上げて この路を歩いた  移りゆく四季に 記憶を重ねて 染められた木の葉たち 蘇るwave  Trial lovers 言えぬままの 想いや伝えたい言葉 ORANGEに染まった 秋風に吹かれ 描いた未来 胸の奥に 秘めたままのこの気持ちは 儚い夏の夢 大切な想い刻むメモリー  Trial lovers 切なすぎて 心ふるわせる小波 揺れ動く鼓動は 秋風に吹かれ 巡る季節 あの夏の日 ずっとそばにいられるなら 例え“ありふれてる”言葉でも かけがえのないメモリー
神様のシンドローム優しい風 なびく髪 止まらない時間 未来片道のチケット 落胆も幻滅も 怒りも疲弊も 示し合わせの理性  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 大いなる理想なんて そんな大袈裟じゃなくて 信じたいよ キミの事 だからこそ 迷わないんだ───  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむような わずかに震える 無力への絶望  わらう空 なみだ空 この星はまるで 気まぐれな意識体で 鳴り止まぬ この痛み 意識の継続 命結ぶ証明  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 不都合や疑心さえ 正しい道へ誘えば 嘘じゃないよ キミの為 答えはもう 知ってるんだ───  偽りのない あの日の涙は シャイニー どんな祈りも どんな叫び声さえも 無邪気な素振りに 飲み込まれ始める  目には見えない 後ろの正面だぁれ? 僕らの糸は いつか貴方へ繋がる  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむようで わずかに震える 無力への絶望彩音志倉千代丸志倉千代丸Tak Miyazawa優しい風 なびく髪 止まらない時間 未来片道のチケット 落胆も幻滅も 怒りも疲弊も 示し合わせの理性  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 大いなる理想なんて そんな大袈裟じゃなくて 信じたいよ キミの事 だからこそ 迷わないんだ───  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむような わずかに震える 無力への絶望  わらう空 なみだ空 この星はまるで 気まぐれな意識体で 鳴り止まぬ この痛み 意識の継続 命結ぶ証明  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 不都合や疑心さえ 正しい道へ誘えば 嘘じゃないよ キミの為 答えはもう 知ってるんだ───  偽りのない あの日の涙は シャイニー どんな祈りも どんな叫び声さえも 無邪気な素振りに 飲み込まれ始める  目には見えない 後ろの正面だぁれ? 僕らの糸は いつか貴方へ繋がる  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむようで わずかに震える 無力への絶望
神様のシンドローム (TVSize)優しい風 なびく髪 止まらない時間 未来片道のチケット 落胆も幻滅も 怒りも疲弊も 示し合わせの理性  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 大いなる理想なんて そんな大袈裟じゃなくて 信じたいよ キミの事 だからこそ 迷わないんだ───  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむような わずかに震える 無力への絶望彩音志倉千代丸志倉千代丸優しい風 なびく髪 止まらない時間 未来片道のチケット 落胆も幻滅も 怒りも疲弊も 示し合わせの理性  神様のシンドローム 愛と命を繋ぐ糸 大いなる理想なんて そんな大袈裟じゃなくて 信じたいよ キミの事 だからこそ 迷わないんだ───  かけがえのない あの日の言葉が サイレント まるで全てが 不気味に憐れむような わずかに震える 無力への絶望
仮面の下のバラッド月明かりの確信犯 キミへの道しるべ 「微熱」はもう「刺激」へと 変わり始めるから  目を塞いだ予報で 占う明日はいつも 悪魔が囁くように 傷つく事を恐れた 弧を描くそのルージュ 艶やかな輝きも 指の隙間逃げてゆく 言葉伝えぬまま  乾いた大地さえも(愛の涙は) 命を育むように(枯れたりしない) その言葉が 強くさせる 「愛の革命」始めようか―――  仮面を今、解き放てば せまる深紅の渦 イケナイ事? それでもいい 二人溶けてゆく 僕らは、あの日に見た夢の向こう 探し続けていた 微熱はもう 刺激へと 変わり始めるから 蒼い太陽 まばゆい光へ  小さな羽も持たず 何かを求めたって 未来なんて変わらない レールに沿った運命 魅惑に踊るシルエット なめらかな吐息さえ 掴みきれぬ残像が 舌を出して笑う  追いかけて走っても(気付かぬウチに) 遠くなる景色さえ(そばにあったね) その言葉が 強くさせる「愛の革命」今その時―――  月灯かりの確信犯 キミへの道しるべ 危険な恋? 断ち切って 飛び立てばいいさ 僕らは、雨の日でも風の夜も 守ってあげられる 誓いの言葉 それよりも 過激で濃密 蒼い太陽 まばゆい光へ  時の雫落ちるよりも早い フルスピードで 窒息するギリギリの奇跡を信じるよ  仮面を今、解き放てば せまる深紅の渦 イケナイ事? それでもいい 二人溶けてゆく 僕らは、あの日に見た夢の向こう 探し続けていた 微熱はもう 刺激へと 変わり始めるから 蒼い太陽 まばゆい光へ彩音志倉千代丸志倉千代丸fu:u月明かりの確信犯 キミへの道しるべ 「微熱」はもう「刺激」へと 変わり始めるから  目を塞いだ予報で 占う明日はいつも 悪魔が囁くように 傷つく事を恐れた 弧を描くそのルージュ 艶やかな輝きも 指の隙間逃げてゆく 言葉伝えぬまま  乾いた大地さえも(愛の涙は) 命を育むように(枯れたりしない) その言葉が 強くさせる 「愛の革命」始めようか―――  仮面を今、解き放てば せまる深紅の渦 イケナイ事? それでもいい 二人溶けてゆく 僕らは、あの日に見た夢の向こう 探し続けていた 微熱はもう 刺激へと 変わり始めるから 蒼い太陽 まばゆい光へ  小さな羽も持たず 何かを求めたって 未来なんて変わらない レールに沿った運命 魅惑に踊るシルエット なめらかな吐息さえ 掴みきれぬ残像が 舌を出して笑う  追いかけて走っても(気付かぬウチに) 遠くなる景色さえ(そばにあったね) その言葉が 強くさせる「愛の革命」今その時―――  月灯かりの確信犯 キミへの道しるべ 危険な恋? 断ち切って 飛び立てばいいさ 僕らは、雨の日でも風の夜も 守ってあげられる 誓いの言葉 それよりも 過激で濃密 蒼い太陽 まばゆい光へ  時の雫落ちるよりも早い フルスピードで 窒息するギリギリの奇跡を信じるよ  仮面を今、解き放てば せまる深紅の渦 イケナイ事? それでもいい 二人溶けてゆく 僕らは、あの日に見た夢の向こう 探し続けていた 微熱はもう 刺激へと 変わり始めるから 蒼い太陽 まばゆい光へ
KIZUNA~絆いつまでも二人このままで 一緒にいたいと願うように それはほんの一瞬で 光る星に変わってゆく  誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えたこの奇跡 ずっとずっと夢の中から醒めない様に  いつでも側にいて 見守ってくれてる あなたの存在は 欠かせないもので  描いてた未来の中 引き換えに奪われたもの 大切な夢の欠片 そして記憶の欠片も…  いつまでも二人このままで 一緒にいたいと願うように それはほんの一瞬で 光る星に変わってゆく 誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えたこの奇跡 ずっとずっと夢の中から醒めない様に  心の奥にある 痛みや寂しさは 答えも出せぬまま 時間だけが過ぎて  傷跡は今も胸に 少しだけ残っているけど 大切なあなたの事 失いたくはないから…  真実を全て受け止めて あなたとの歴史を守りたい わかりあえたこの軌跡 ずっとずっと忘れないよ いつの日か遠く離れても この場所で誓った約束は きっと叶う日がくると 二人繋ぐその両手離れない様に  誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えた瞬間を ずっと胸に刻み込んで いつの日か遠く離れても この場所で誓った約束は きっと叶う日が来ると 強い絆その思いを願いに込めて彩音彩音TARAWOTARAWOいつまでも二人このままで 一緒にいたいと願うように それはほんの一瞬で 光る星に変わってゆく  誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えたこの奇跡 ずっとずっと夢の中から醒めない様に  いつでも側にいて 見守ってくれてる あなたの存在は 欠かせないもので  描いてた未来の中 引き換えに奪われたもの 大切な夢の欠片 そして記憶の欠片も…  いつまでも二人このままで 一緒にいたいと願うように それはほんの一瞬で 光る星に変わってゆく 誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えたこの奇跡 ずっとずっと夢の中から醒めない様に  心の奥にある 痛みや寂しさは 答えも出せぬまま 時間だけが過ぎて  傷跡は今も胸に 少しだけ残っているけど 大切なあなたの事 失いたくはないから…  真実を全て受け止めて あなたとの歴史を守りたい わかりあえたこの軌跡 ずっとずっと忘れないよ いつの日か遠く離れても この場所で誓った約束は きっと叶う日がくると 二人繋ぐその両手離れない様に  誰よりも一番近くで 笑顔の行方を抱きしめたい 巡り逢えた瞬間を ずっと胸に刻み込んで いつの日か遠く離れても この場所で誓った約束は きっと叶う日が来ると 強い絆その思いを願いに込めて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
キミが居た証拠に海岸を駆けるあの日の 遠く長い足跡見つけた そんなハズないの知ってても 波が行くまで追いかける  それがもし常識に反する 夢物語だとしても 「絶対」って言えるほど確かな この胸にある キミの足跡 これからも、どこまでも続いて行くよ...  Snowy day ささいなキミの言葉で 強くなれたり 泣いてみたり ケンカもしたし 夢も語った そんな全てが 証拠になる 数え切れない フィルムのコマが 僕たちを守ってる そんな気がする  その絵には決して色褪せない 摩訶不思議な力があるから この先も、どの時代でも ココに居るって思えるんだ  いつかもっと大人になったら 単なる記憶へと変わるかな? だけど僕たちは誓ったね 過去があるから 明日があると 残されたメッセージ 消しはしないと...  Rainy day 二人で傘もささずに 雨に打たれて 涙かくす 肩をたたいて 分かち合った日 そんな全てが 証拠になる 仲間と呼べる 永遠の距離 それだけで十分さ そんな感じかな  Snowy day ささいなキミの言葉で 強くなれたり 泣いてみたり ケンカもしたし 夢も語った そんな全てが 証拠になる 数え切れない フィルムのコマが 僕たちを守ってる そんな気がする彩音志倉千代丸志倉千代丸海岸を駆けるあの日の 遠く長い足跡見つけた そんなハズないの知ってても 波が行くまで追いかける  それがもし常識に反する 夢物語だとしても 「絶対」って言えるほど確かな この胸にある キミの足跡 これからも、どこまでも続いて行くよ...  Snowy day ささいなキミの言葉で 強くなれたり 泣いてみたり ケンカもしたし 夢も語った そんな全てが 証拠になる 数え切れない フィルムのコマが 僕たちを守ってる そんな気がする  その絵には決して色褪せない 摩訶不思議な力があるから この先も、どの時代でも ココに居るって思えるんだ  いつかもっと大人になったら 単なる記憶へと変わるかな? だけど僕たちは誓ったね 過去があるから 明日があると 残されたメッセージ 消しはしないと...  Rainy day 二人で傘もささずに 雨に打たれて 涙かくす 肩をたたいて 分かち合った日 そんな全てが 証拠になる 仲間と呼べる 永遠の距離 それだけで十分さ そんな感じかな  Snowy day ささいなキミの言葉で 強くなれたり 泣いてみたり ケンカもしたし 夢も語った そんな全てが 証拠になる 数え切れない フィルムのコマが 僕たちを守ってる そんな気がする
君の描片~キミノカケラ~切なくて溢れた君への涙 行き場のない想いを 言葉に変えて  揺るぎない想い それは途切れない 気持ちと知ったのは 君に逢えたから 破れた写真 色褪せてく程に 痛みを知って 強くなってく  二人で交わした あの日の約束 青空に広がった雲の隙間をかけ抜け  切なくて溢れた君への涙 行き場のない想いを 言葉に変えて  やまない雨が 君と僕の距離 縮めてくれるはず きっと願ってた 壊れたメロディー 硝子細工の様に 大事に繋ぎ合わせていたね  弱気な心が 胸を締めつける やるせない夢の後 涙が雨に揺らいだ  儚くて優しい 君への想い 滲んだ空の色 僕は知ってる 虹色の未来は 明日への願い 思い出が重なり 僕らを描く  君はどこにいるの? 答えを探して 僕はここにいるよ? ずっと前から 辿り着いた 旅路の果てには 哀しみはないと願った 瞳を閉じれば そこにあるMemories 悲しみも乗り越えてゆく彩音彩音Tatsh切なくて溢れた君への涙 行き場のない想いを 言葉に変えて  揺るぎない想い それは途切れない 気持ちと知ったのは 君に逢えたから 破れた写真 色褪せてく程に 痛みを知って 強くなってく  二人で交わした あの日の約束 青空に広がった雲の隙間をかけ抜け  切なくて溢れた君への涙 行き場のない想いを 言葉に変えて  やまない雨が 君と僕の距離 縮めてくれるはず きっと願ってた 壊れたメロディー 硝子細工の様に 大事に繋ぎ合わせていたね  弱気な心が 胸を締めつける やるせない夢の後 涙が雨に揺らいだ  儚くて優しい 君への想い 滲んだ空の色 僕は知ってる 虹色の未来は 明日への願い 思い出が重なり 僕らを描く  君はどこにいるの? 答えを探して 僕はここにいるよ? ずっと前から 辿り着いた 旅路の果てには 哀しみはないと願った 瞳を閉じれば そこにあるMemories 悲しみも乗り越えてゆく
Key of Dream振り返る度に思うよ あの日描いていた夢が 今も変わらない心で 僕に問い掛けてる  ため息で曇った言葉が 錆びついたままでいるなら もう一度輝ける様に 笑顔を映し出して  瞬きをした瞬間に 何か変わる予感がした たくさんの思いと涙 全て抱えて歩いて行こう  今でも覚えていますか? “冷えた両手は繋いで 誰かと寄り添えばいい”と 教えてくれた事  その意味も解らないままで 気が付けば大人になって 分かり合えたはずの君にも 瞳をそらしていた  胸の奥に走る痛み 消せないまま遥か遠く 耳をすませばほら今は 君の声がすぐ傍にある  優しさと寂しさで 心の奥に咲いた花 どんな時も強く君を見守ってる  旅立ちを決めた瞬間に 強くなった僕らがいた 悔しさの涙で濡れた あの頃の君はもういない 未来へと続くあの道へ彩音彩音水野大輔水野大輔振り返る度に思うよ あの日描いていた夢が 今も変わらない心で 僕に問い掛けてる  ため息で曇った言葉が 錆びついたままでいるなら もう一度輝ける様に 笑顔を映し出して  瞬きをした瞬間に 何か変わる予感がした たくさんの思いと涙 全て抱えて歩いて行こう  今でも覚えていますか? “冷えた両手は繋いで 誰かと寄り添えばいい”と 教えてくれた事  その意味も解らないままで 気が付けば大人になって 分かり合えたはずの君にも 瞳をそらしていた  胸の奥に走る痛み 消せないまま遥か遠く 耳をすませばほら今は 君の声がすぐ傍にある  優しさと寂しさで 心の奥に咲いた花 どんな時も強く君を見守ってる  旅立ちを決めた瞬間に 強くなった僕らがいた 悔しさの涙で濡れた あの頃の君はもういない 未来へと続くあの道へ
cry out雨上がりの夕暮れ 星が瞬き始めるように 綺麗に光るネオン 知らない街駆けてくハイウェイ  どうやって泣けば ひとりきりで 抱えた痛みを 消せる?  cry out このまま夜よ明けないで 蹴りたい衝動 cry out どれだけ心乱れても 愛を止めないで  まだ少し濡れたままの 頬に残る雨の痕は  こうやって今も 拭けないまま 今宵の月だけ 光る  cry out 落とした嘘を見せないで 手にした空虚も cry out 壊れた夢を引き連れて 強く抱きしめて  同じ景色何度見続けてても 終われないシナリオ消して  このまま夜よ明けないで 蹴りたい衝動 cry out どれだけ心乱れても 愛を止めないで 強く抱きしめて彩音流田Project流田Project流田Project雨上がりの夕暮れ 星が瞬き始めるように 綺麗に光るネオン 知らない街駆けてくハイウェイ  どうやって泣けば ひとりきりで 抱えた痛みを 消せる?  cry out このまま夜よ明けないで 蹴りたい衝動 cry out どれだけ心乱れても 愛を止めないで  まだ少し濡れたままの 頬に残る雨の痕は  こうやって今も 拭けないまま 今宵の月だけ 光る  cry out 落とした嘘を見せないで 手にした空虚も cry out 壊れた夢を引き連れて 強く抱きしめて  同じ景色何度見続けてても 終われないシナリオ消して  このまま夜よ明けないで 蹴りたい衝動 cry out どれだけ心乱れても 愛を止めないで 強く抱きしめて
cloudier sky静か過ぎた景色に 落ちてゆく夢とか たった一つ聞こえる あの日の声が  やがて月は雲に隠れる たとえそれが暗くても 君の温もり、感じたなら もう迷うべきも無く  哀なる空へ 物思ふこそ 穢れなき証となり 大切な誰か想い 今、導かれ 探し続けた答えの為に どんな痛みもいとわず 果てしない夢を 刻むようにと誓った  空の色が 蒼さを取り戻す頃には きっと夜の闇から 醒めなくなって  やがて声さえも出ない程 たとえそれが辛くても あの日の笑顔、君の瞳を この胸に感じたら  幾千の時、悠久の風 君の為に超えられる 呼び覚ませ友の願い 今、導かれ 朽ちもせぬ影 それでもきっと 明日を感じられるなら 僅かな輝き 消えぬようにと信じた  運命の星、無限の未来 そこにある新しい風 日溜まりのように優しく 今、微笑んだ  哀なる空へ 物思ふこそ 穢れなき証となり 大切な誰か想い 今、導かれ 探し続けた答えの為に どんな痛みもいとわず 果てしない夢を 刻むようにと誓った彩音志倉千代丸志倉千代丸磯江俊道静か過ぎた景色に 落ちてゆく夢とか たった一つ聞こえる あの日の声が  やがて月は雲に隠れる たとえそれが暗くても 君の温もり、感じたなら もう迷うべきも無く  哀なる空へ 物思ふこそ 穢れなき証となり 大切な誰か想い 今、導かれ 探し続けた答えの為に どんな痛みもいとわず 果てしない夢を 刻むようにと誓った  空の色が 蒼さを取り戻す頃には きっと夜の闇から 醒めなくなって  やがて声さえも出ない程 たとえそれが辛くても あの日の笑顔、君の瞳を この胸に感じたら  幾千の時、悠久の風 君の為に超えられる 呼び覚ませ友の願い 今、導かれ 朽ちもせぬ影 それでもきっと 明日を感じられるなら 僅かな輝き 消えぬようにと信じた  運命の星、無限の未来 そこにある新しい風 日溜まりのように優しく 今、微笑んだ  哀なる空へ 物思ふこそ 穢れなき証となり 大切な誰か想い 今、導かれ 探し続けた答えの為に どんな痛みもいとわず 果てしない夢を 刻むようにと誓った
Crest of Knights戦いに明け暮れた “終われない今日”の夕陽は そっと沈み往く 遠い城壁 ~奪われ 失われた王国を取り戻したい~ 口ずさむLament 風に消された  どこまでも続く戦火にいつの日か希望を 一輪の祝福の花 導く未来(あす)…導き出す 予感してるVictory  荒ぶる時の狭間 生まれ落ちた Nameless knight's「記憶」 刻まれた宿命 今、声をあげる 剣の刃、光り 映る君とLifeひとつにした 重ね合う宝玉のFaith 掲げた夢を  広がる大地の上 鳴り響く反撃の音 白み出す夜明け 籠城のサイン 同志(とも)の死を嘆くなど許されず 意味を持たない 繋がるEternity 雲に託そう  安らぎの日々をこの手に掴むまで命を あぁ神よ護り徹すと 約束して…約束した遠い昔のように  荒ぶる時は空を 紅く染めた Nameless knight's「血潮」 刻まれた歴史を今 彩り出す 放たれた矢は光り 天空までFlash砕け散った 燃え尽きた敗北のPast 生まれ変われる  ぶる時は眠り 美しき都(まち)想い抱いた 花と舞う愛しき人…刹那の幻想(ゆめ)  荒ぶる時の狭間 生まれ落ちた Nameless knight's「記憶」 刻まれた宿命 今、声をあげる 剣の刃、光り 映る君とLifeひとつにした 重ね合う宝玉のFaith 掲げた夢を彩音奥井雅美志倉千代丸真下正樹戦いに明け暮れた “終われない今日”の夕陽は そっと沈み往く 遠い城壁 ~奪われ 失われた王国を取り戻したい~ 口ずさむLament 風に消された  どこまでも続く戦火にいつの日か希望を 一輪の祝福の花 導く未来(あす)…導き出す 予感してるVictory  荒ぶる時の狭間 生まれ落ちた Nameless knight's「記憶」 刻まれた宿命 今、声をあげる 剣の刃、光り 映る君とLifeひとつにした 重ね合う宝玉のFaith 掲げた夢を  広がる大地の上 鳴り響く反撃の音 白み出す夜明け 籠城のサイン 同志(とも)の死を嘆くなど許されず 意味を持たない 繋がるEternity 雲に託そう  安らぎの日々をこの手に掴むまで命を あぁ神よ護り徹すと 約束して…約束した遠い昔のように  荒ぶる時は空を 紅く染めた Nameless knight's「血潮」 刻まれた歴史を今 彩り出す 放たれた矢は光り 天空までFlash砕け散った 燃え尽きた敗北のPast 生まれ変われる  ぶる時は眠り 美しき都(まち)想い抱いた 花と舞う愛しき人…刹那の幻想(ゆめ)  荒ぶる時の狭間 生まれ落ちた Nameless knight's「記憶」 刻まれた宿命 今、声をあげる 剣の刃、光り 映る君とLifeひとつにした 重ね合う宝玉のFaith 掲げた夢を
Close Your Eyes雪が溶ければ 川へと流れ やがては海に出るから もうすぐここも季節が変わり 日溜まりになってゆく  手を広げ僕らは 夢を見ていた 長いこの旅は続く 瞳を閉じると そばにある気がした あの日々にもし 手が届くなら 全てを投げ出してもいいと…  Close Your Eyes……………  花には風を 土には雨を 僕には愛を そして微笑みを 粉雪がスローモーションで あの頃のキミへと舞い落ちる キズつく事に 触れられなくて 今もこうして 立ち止まってる 戸惑いや、涙の意味、 その全て いつしかここから Can you forget?  つまづきながら 生きてゆくのが 一番近道だよって ふざけたフリで言ってくれるから 今さら悲しくなる  真っ白な景色に 二つの夢が くっきり描かれていた でもいつかあの嘘は 大きくなって 争いはもう 終わったのに 切なさは積もるばかりで…  Close Your Eyes……………  空には歌を 窓には星を キミには夢を そして愛しくて 薄暗いこの大地が あてもなく続いているだけで 冷たい雪が まぶたに落ちる そんな景色を ただ繰り返した あるがまま 生きた事の強さを 僕らはどこかで…  花には風を 土には雨を 僕には愛を そして微笑みを 粉雪がスローモーションで あの頃のキミへと舞い落ちる キズつく事に 触れられなくて 今もこうして 立ち止まってる 戸惑いや、涙の意味、 その全て いつしかここから Can you forget?彩音志倉千代丸志倉千代丸雪が溶ければ 川へと流れ やがては海に出るから もうすぐここも季節が変わり 日溜まりになってゆく  手を広げ僕らは 夢を見ていた 長いこの旅は続く 瞳を閉じると そばにある気がした あの日々にもし 手が届くなら 全てを投げ出してもいいと…  Close Your Eyes……………  花には風を 土には雨を 僕には愛を そして微笑みを 粉雪がスローモーションで あの頃のキミへと舞い落ちる キズつく事に 触れられなくて 今もこうして 立ち止まってる 戸惑いや、涙の意味、 その全て いつしかここから Can you forget?  つまづきながら 生きてゆくのが 一番近道だよって ふざけたフリで言ってくれるから 今さら悲しくなる  真っ白な景色に 二つの夢が くっきり描かれていた でもいつかあの嘘は 大きくなって 争いはもう 終わったのに 切なさは積もるばかりで…  Close Your Eyes……………  空には歌を 窓には星を キミには夢を そして愛しくて 薄暗いこの大地が あてもなく続いているだけで 冷たい雪が まぶたに落ちる そんな景色を ただ繰り返した あるがまま 生きた事の強さを 僕らはどこかで…  花には風を 土には雨を 僕には愛を そして微笑みを 粉雪がスローモーションで あの頃のキミへと舞い落ちる キズつく事に 触れられなくて 今もこうして 立ち止まってる 戸惑いや、涙の意味、 その全て いつしかここから Can you forget?
GRAVITY ERROR幾千光年の離れた星でも 掴め!放て!心のトリガーを引け!  運命線飛び越えても どんな未来がまってる? そこが笑顔に溢れる 世界と言えるかな?  悪しき影が 穏やかな空を塞ぐ頃 戦う事に 忘れかけた天使よ 埋もれかけた 誇りとも呼べる翼 今羽ばたけ その先にある「あの空へ」  Are you ready? 真実を勇気に変え その力をシュートせよ 戸惑いのその答えを キミはもう知っている 百万光年の離れた星でも そこに誰かの命が輝くなら 飛び立ったプロミネンス 熱く舞いあがれ 掴め!放て!心のトリガーを引け!  それはまるで違う星の 戦火を映すニュースと 従うだけのハートが 誰かをキズつける  呑み込まれる 安らぎと呼べる日常に 目を逸らしても それは運命のように だけどそれは 愛するものに背くこと 覚醒せよ 光溢れる「未来へと」  Are you ready? 風をきるこの感覚 歪みかけたプライド 守るべきその何かを キミはもう知っている 幾千光年の離れた星でも そこに何かの希望が輝くなら 引き寄せろエナジーウェイブ 両手に感じて 回せ!砕け!心のトリガーを引け!  交わされたその約束 途切れそうな旋律も いつしか栄光となり 奏で始める...  Are you ready? 真実を勇気に変え その力をシュートせよ 戸惑いのその答えを キミはもう知っている 百万光年の離れた星でも そこに誰かの命が輝くなら 飛び立ったプロミネンス 熱く舞いあがれ 掴め!放て!心のトリガーを引け!彩音志倉千代丸志倉千代丸上野浩司幾千光年の離れた星でも 掴め!放て!心のトリガーを引け!  運命線飛び越えても どんな未来がまってる? そこが笑顔に溢れる 世界と言えるかな?  悪しき影が 穏やかな空を塞ぐ頃 戦う事に 忘れかけた天使よ 埋もれかけた 誇りとも呼べる翼 今羽ばたけ その先にある「あの空へ」  Are you ready? 真実を勇気に変え その力をシュートせよ 戸惑いのその答えを キミはもう知っている 百万光年の離れた星でも そこに誰かの命が輝くなら 飛び立ったプロミネンス 熱く舞いあがれ 掴め!放て!心のトリガーを引け!  それはまるで違う星の 戦火を映すニュースと 従うだけのハートが 誰かをキズつける  呑み込まれる 安らぎと呼べる日常に 目を逸らしても それは運命のように だけどそれは 愛するものに背くこと 覚醒せよ 光溢れる「未来へと」  Are you ready? 風をきるこの感覚 歪みかけたプライド 守るべきその何かを キミはもう知っている 幾千光年の離れた星でも そこに何かの希望が輝くなら 引き寄せろエナジーウェイブ 両手に感じて 回せ!砕け!心のトリガーを引け!  交わされたその約束 途切れそうな旋律も いつしか栄光となり 奏で始める...  Are you ready? 真実を勇気に変え その力をシュートせよ 戸惑いのその答えを キミはもう知っている 百万光年の離れた星でも そこに誰かの命が輝くなら 飛び立ったプロミネンス 熱く舞いあがれ 掴め!放て!心のトリガーを引け!
幻術のクロスロード曖昧で頼りない夜空が 過去も未来も闇へといざなう ささやかなプライドの一つも 見当たらぬまま 途方に暮れる  地図さえも無く 記憶を辿る ギルティ 闇へ クラクション 消えてく 錆び付きそうな セピアの月が 描き出す 二つのシルエット  繋がれたデスティニー 堕ちて行く 媚薬のキスが ノイズに変わる 傷ついたコインで 明日を占う 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───  饒舌で嘘つきの真相 ダブルフェイスに 閉ざされた痛み ちぐはぐに掛け違うボタンは ぎこちないまま 走り続けた  色とりどりに 捏造された ギルティ 冷めた ネオンライト 揺れてる 淡く儚い 裏切りの空 悪戯に 振り切るエピソード  重なったデスティニー 止めどなく 鼓動の伝う ゼロの距離まで 失った理性と 闇の交錯 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───  全てと 引き換えに 手を伸ばした 過去の その輪郭が あざ笑う  繋がれたデスティニー 堕ちて行く 媚薬のキスが ノイズに変わる 傷ついたコインで 明日を占う 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───彩音志倉千代丸志倉千代丸奥山アキラ曖昧で頼りない夜空が 過去も未来も闇へといざなう ささやかなプライドの一つも 見当たらぬまま 途方に暮れる  地図さえも無く 記憶を辿る ギルティ 闇へ クラクション 消えてく 錆び付きそうな セピアの月が 描き出す 二つのシルエット  繋がれたデスティニー 堕ちて行く 媚薬のキスが ノイズに変わる 傷ついたコインで 明日を占う 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───  饒舌で嘘つきの真相 ダブルフェイスに 閉ざされた痛み ちぐはぐに掛け違うボタンは ぎこちないまま 走り続けた  色とりどりに 捏造された ギルティ 冷めた ネオンライト 揺れてる 淡く儚い 裏切りの空 悪戯に 振り切るエピソード  重なったデスティニー 止めどなく 鼓動の伝う ゼロの距離まで 失った理性と 闇の交錯 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───  全てと 引き換えに 手を伸ばした 過去の その輪郭が あざ笑う  繋がれたデスティニー 堕ちて行く 媚薬のキスが ノイズに変わる 傷ついたコインで 明日を占う 幻術のクロスロード その先に答えがあるなら───
コンプレックス・イマージュGOLD LYLIC信じてた 信じられた その全てを 今始めよう 不器用なこの勇気は コンプレックス・イマージュ  乾いた風が 追いかける波のように そっと背中を押す気がした 耳をすませば ざわめくローフリケンシー 新しい その場所への 扉を開け放て  切なくて愛おしいほど 想いは時空を超えて Togetherずっと 心はそばにある 大切なあの日溜まりが 刹那に散りゆく景色 今すべての力を与え賜え 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...  温かい その雫が 透明なら 力となり もしそれが 深紅ならば コンプレックス・イマージュ  手探りの道 絡み合うラビリンス 離れていても聞こえる声 目には見えない確かなローフリケンシー もう二度と 迷わないと 誓えるこの想い  遙かなるヤシロの神よ 祈りがもし届くなら Togetherここに 僅かな微笑みを 戸惑いはもう何もなく 導く光のままに 今全ての悲しみを捨てて 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...  切なくて愛おしいほど 想いは時空を超えて Togetherずっと 心はそばにある 大切なあの日溜まりが 刹那に散りゆく景色 今すべての力を与え賜え 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...GOLD LYLIC彩音志倉千代丸志倉千代丸信じてた 信じられた その全てを 今始めよう 不器用なこの勇気は コンプレックス・イマージュ  乾いた風が 追いかける波のように そっと背中を押す気がした 耳をすませば ざわめくローフリケンシー 新しい その場所への 扉を開け放て  切なくて愛おしいほど 想いは時空を超えて Togetherずっと 心はそばにある 大切なあの日溜まりが 刹那に散りゆく景色 今すべての力を与え賜え 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...  温かい その雫が 透明なら 力となり もしそれが 深紅ならば コンプレックス・イマージュ  手探りの道 絡み合うラビリンス 離れていても聞こえる声 目には見えない確かなローフリケンシー もう二度と 迷わないと 誓えるこの想い  遙かなるヤシロの神よ 祈りがもし届くなら Togetherここに 僅かな微笑みを 戸惑いはもう何もなく 導く光のままに 今全ての悲しみを捨てて 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...  切なくて愛おしいほど 想いは時空を超えて Togetherずっと 心はそばにある 大切なあの日溜まりが 刹那に散りゆく景色 今すべての力を与え賜え 僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...
GO→Love&PeaceI wish 出逢ったこの場所で Go fight 命が萌えるまで I don't forget 果てしない旅へ Promise to you 誓いは一つに  『悲しみの数だけ 絆が結ばれる』 女神さまが教えてくれた☆  Everybody now 記憶の空 Happiness? Lucky? Your smile? 誰にも負けない 笑顔に逢いたい Everybody Know 諦めない Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  I wish 動き出す勇気は go fight 誰にも止められない I don't forget 揺るがない願い Promise to you 祈りは一つに  希望だけ集めて“強さ”に変えた場所 女神さまになれる気がした☆  Everybody now 翼広げ Happiness? Lucky? Your smile? 今飛び立とう 自由になれるよ Everybody Know 目指す夢は Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  『悲しみの数だけ 絆が結ばれる』 女神さまが教えてくれた☆  Everybody now 記憶の空 Happiness? Lucky? Your smile? 誰にも負けない 笑顔に逢いたい Everybody Know 諦めない Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  Everybody now 翼広げ Happiness? Lucky? Your smile? 今飛び立とう 自由になれるよ Everybody Know 目指す夢は Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace彩音彩音上野圭市上野圭市I wish 出逢ったこの場所で Go fight 命が萌えるまで I don't forget 果てしない旅へ Promise to you 誓いは一つに  『悲しみの数だけ 絆が結ばれる』 女神さまが教えてくれた☆  Everybody now 記憶の空 Happiness? Lucky? Your smile? 誰にも負けない 笑顔に逢いたい Everybody Know 諦めない Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  I wish 動き出す勇気は go fight 誰にも止められない I don't forget 揺るがない願い Promise to you 祈りは一つに  希望だけ集めて“強さ”に変えた場所 女神さまになれる気がした☆  Everybody now 翼広げ Happiness? Lucky? Your smile? 今飛び立とう 自由になれるよ Everybody Know 目指す夢は Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  『悲しみの数だけ 絆が結ばれる』 女神さまが教えてくれた☆  Everybody now 記憶の空 Happiness? Lucky? Your smile? 誰にも負けない 笑顔に逢いたい Everybody Know 諦めない Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace  Everybody now 翼広げ Happiness? Lucky? Your smile? 今飛び立とう 自由になれるよ Everybody Know 目指す夢は Happiness? Lucky? Your smile? 未来を掴もう...Love&Peace
The place in your dreamあなたに届けたい この想い 夢の翼 広げてゆこう The place in your dream  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があったのだろう いつもと同じ笑顔があって 励まされて来たあの日  さあ 勇気出して 走り出そう!(WOW WOW WOW) 怖がらなくてもいいんだ 僕はこの場所にいて 仲間達がいるから The place in your dream  熱いこの想い スタンドへ 夢の翼 広げてゆこう そんなに落ち込まなくても 嬉しい事だけを 描いたら 笑って 勝利を掴むまで  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があるのだろう いつもと同じ笑顔があって この場所にいるんだろう  さあ 勇気出して 走り出そう 怖がらなくてもいいんだ 僕はこの場所にいる どんな時でも きっとWOW WOW  さあ ダイヤモンド 駆け抜ける(WOW WOW WOW) 煌くメロディーのように 風に乗せたエールを 背中に感じたなら The place in your dream  あなたに届けたい この想い 夢の翼 広げてゆこう 自分にだけは 負けないで 心に…誓ったら  熱いこの想い スタンドへ 夢の翼 広げてゆこう いつか落ち込む日が来ても 嬉しい事だけを 浮かべたら 明日は 笑顔のフォトグラフ  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があるのだろう いつもと同じ笑顔があって この場所にいるんだろう彩音彩音彩音・Tatshあなたに届けたい この想い 夢の翼 広げてゆこう The place in your dream  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があったのだろう いつもと同じ笑顔があって 励まされて来たあの日  さあ 勇気出して 走り出そう!(WOW WOW WOW) 怖がらなくてもいいんだ 僕はこの場所にいて 仲間達がいるから The place in your dream  熱いこの想い スタンドへ 夢の翼 広げてゆこう そんなに落ち込まなくても 嬉しい事だけを 描いたら 笑って 勝利を掴むまで  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があるのだろう いつもと同じ笑顔があって この場所にいるんだろう  さあ 勇気出して 走り出そう 怖がらなくてもいいんだ 僕はこの場所にいる どんな時でも きっとWOW WOW  さあ ダイヤモンド 駆け抜ける(WOW WOW WOW) 煌くメロディーのように 風に乗せたエールを 背中に感じたなら The place in your dream  あなたに届けたい この想い 夢の翼 広げてゆこう 自分にだけは 負けないで 心に…誓ったら  熱いこの想い スタンドへ 夢の翼 広げてゆこう いつか落ち込む日が来ても 嬉しい事だけを 浮かべたら 明日は 笑顔のフォトグラフ  両手広げて 風を感じて 夢の途中に何があるのだろう いつもと同じ笑顔があって この場所にいるんだろう
残酷な天使のテーゼ残酷な天使のように 少年よ神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来めざすための羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが夢の使者に呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ神話になれ  人は愛をつむぎながら歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ神話になれ彩音及川眠子佐藤英敏姉川史・上野圭市残酷な天使のように 少年よ神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来めざすための羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが夢の使者に呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ神話になれ  人は愛をつむぎながら歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ神話になれ
静かなる瞬間の中で微かに残った記憶 優しい言葉を重ねても 疲れ果てたこの躰 身動きもとれなくて  幸せだった日々の夢 出会えた事の喜びと 戻れない時間は今でも心ずっと苦しめ続け Just Place of Love  忘れたくはない あの頃過ごした季節をこの胸に 願い続けてる心の奥で 儚く消えた微かな記憶と夢  悲しみに手を振って 怖がる背中を押せたなら これ以上僕たちは 傷つけあう事もない  木漏れ日が差し込む場所で 虚ろな瞳滲んでゆく Just Place of Love  繰り返される 涙の呪縛でここから抜け出せない 消えゆく景色を 見つめたままで何も出来ずに 立ち止まる僕は 今…  傷つく度に誰かを傷つけ生きてきた 違う明日を夢見て 記憶の海へと沈んだ  忘れられない 重ねた言葉と約束この胸に 刻み続けている心の奥で 解き放たれた確かな希望を  忘れたくはない あの頃過ごした季節をこの胸に 願い続けてる心の奥で 儚く消えた微かな記憶と夢彩音彩音TatshTatsh微かに残った記憶 優しい言葉を重ねても 疲れ果てたこの躰 身動きもとれなくて  幸せだった日々の夢 出会えた事の喜びと 戻れない時間は今でも心ずっと苦しめ続け Just Place of Love  忘れたくはない あの頃過ごした季節をこの胸に 願い続けてる心の奥で 儚く消えた微かな記憶と夢  悲しみに手を振って 怖がる背中を押せたなら これ以上僕たちは 傷つけあう事もない  木漏れ日が差し込む場所で 虚ろな瞳滲んでゆく Just Place of Love  繰り返される 涙の呪縛でここから抜け出せない 消えゆく景色を 見つめたままで何も出来ずに 立ち止まる僕は 今…  傷つく度に誰かを傷つけ生きてきた 違う明日を夢見て 記憶の海へと沈んだ  忘れられない 重ねた言葉と約束この胸に 刻み続けている心の奥で 解き放たれた確かな希望を  忘れたくはない あの頃過ごした季節をこの胸に 願い続けてる心の奥で 儚く消えた微かな記憶と夢
瞳閉じて 思い出してみる 二人で過ごした季節を いつからだろう こんなにも心が優しくなれたのは  眠れない夜 耳をすませば あなたの声が聞こえて いつも側で 見守ってくれる そんな気がしていたんだ  一粒の雫が 今二人の間に溢れている 今夜 手を繋いだら 何処でもゆける 誰も知らない未来へ…  友達と呼んでいた日々が 何故だか懐かしく思うよ あの頃は 答えの出せない喧嘩ばかりしていたね?  すれ違う度 思い出すのは 二人で誓った“永遠” 大事な物が こんなに近くにある事にやっと気付いたよ  変わらないよ ずっと 誰よりも近くで 愛してる 降り注ぐ光に包まれながら 歩き続けよう二人で…  一粒の雫が 今二人の間に溢れている 今夜手を繋いだら 何処でもゆける  変わらないよ ずっと 誰よりも近くで 愛してる 降り注ぐ光に包まれながら 歩き続けよう二人で…彩音彩音彩音瞳閉じて 思い出してみる 二人で過ごした季節を いつからだろう こんなにも心が優しくなれたのは  眠れない夜 耳をすませば あなたの声が聞こえて いつも側で 見守ってくれる そんな気がしていたんだ  一粒の雫が 今二人の間に溢れている 今夜 手を繋いだら 何処でもゆける 誰も知らない未来へ…  友達と呼んでいた日々が 何故だか懐かしく思うよ あの頃は 答えの出せない喧嘩ばかりしていたね?  すれ違う度 思い出すのは 二人で誓った“永遠” 大事な物が こんなに近くにある事にやっと気付いたよ  変わらないよ ずっと 誰よりも近くで 愛してる 降り注ぐ光に包まれながら 歩き続けよう二人で…  一粒の雫が 今二人の間に溢れている 今夜手を繋いだら 何処でもゆける  変わらないよ ずっと 誰よりも近くで 愛してる 降り注ぐ光に包まれながら 歩き続けよう二人で…
Shining gate夢の中で 何を見てた? 分からない程にリアルで… 君は何処で 何をしてた? 問いかけた後で Are you in the dream?  確かめようとすれば 何かが崩れて 音のない世界から 出れずに 堕ちてく  不確かだらけの日常の中で 幸せだけを探す僕らのサイン 悲しみのない世界へ誘って 続くstory喜びを分かち合おう  夢を見てる?夢を見てた? 揺れる心に ため息を… 醒めないまま 彷徨っては 現実僕は何処で What do you believe?  空に広げた地図を この胸に宿し Colorのない世界から 動き出す 未来へ  不確かだらけの日常の中で 優しさだけを照らす君へのサイン 明日へと続く道の途中で 僕が見つけた確かなる愛の絆  The shining gate by your hand 夢でも 重ねた手は離さないで…  繰り返される過去と未来は 希望と夢を示す僕へのサイン 悲しみのない扉を開けて 続くstory僕らだけの楽園へ彩音彩音真下正樹夢の中で 何を見てた? 分からない程にリアルで… 君は何処で 何をしてた? 問いかけた後で Are you in the dream?  確かめようとすれば 何かが崩れて 音のない世界から 出れずに 堕ちてく  不確かだらけの日常の中で 幸せだけを探す僕らのサイン 悲しみのない世界へ誘って 続くstory喜びを分かち合おう  夢を見てる?夢を見てた? 揺れる心に ため息を… 醒めないまま 彷徨っては 現実僕は何処で What do you believe?  空に広げた地図を この胸に宿し Colorのない世界から 動き出す 未来へ  不確かだらけの日常の中で 優しさだけを照らす君へのサイン 明日へと続く道の途中で 僕が見つけた確かなる愛の絆  The shining gate by your hand 夢でも 重ねた手は離さないで…  繰り返される過去と未来は 希望と夢を示す僕へのサイン 悲しみのない扉を開けて 続くstory僕らだけの楽園へ
真実への鎮魂歌儚き命…統べてを滅ぼすなら  涸れ果てた赤い涙が 滲んで逝く冷たい月夜に  重ね合わせた涙の意味を 孤独な心に溶かして 生きる意味を問いかけた  儚き命 統べてを滅ぼすなら 押し寄せる絶望に報いたまえ 闇の中で狂わされて往く 追憶の旋律は魔術への鎮魂歌  静寂に包まれた夜 漆黒へと誘われてく 逃げる術もないままに 彷徨ってた音のない世界  痛みを知らぬ光の彼方で 孤独な心を重ねて 二人絆確かめた  未来を願う祈りよ空に響け 降り注ぐ閃光の雨の中で 誰かが居るその意味を知る 真実の旋律は魔力への鎮魂歌  赤と黒の魔方陣が 憎しむ心 創り出した 彷徨ってばかりでいた少女の涙は…  未来を誓う想いよ叶えたまえ 降り注ぐ悲しみ繰り返され 触れた指に伝わる衝動 明日を探してる  儚き命 統べてを滅ぼすなら 押し寄せる絶望に報いたまえ 闇の中で狂わされて往く 追憶の旋律と真実の旋律は 明日への鎮魂歌彩音彩音TatshTatsh儚き命…統べてを滅ぼすなら  涸れ果てた赤い涙が 滲んで逝く冷たい月夜に  重ね合わせた涙の意味を 孤独な心に溶かして 生きる意味を問いかけた  儚き命 統べてを滅ぼすなら 押し寄せる絶望に報いたまえ 闇の中で狂わされて往く 追憶の旋律は魔術への鎮魂歌  静寂に包まれた夜 漆黒へと誘われてく 逃げる術もないままに 彷徨ってた音のない世界  痛みを知らぬ光の彼方で 孤独な心を重ねて 二人絆確かめた  未来を願う祈りよ空に響け 降り注ぐ閃光の雨の中で 誰かが居るその意味を知る 真実の旋律は魔力への鎮魂歌  赤と黒の魔方陣が 憎しむ心 創り出した 彷徨ってばかりでいた少女の涙は…  未来を誓う想いよ叶えたまえ 降り注ぐ悲しみ繰り返され 触れた指に伝わる衝動 明日を探してる  儚き命 統べてを滅ぼすなら 押し寄せる絶望に報いたまえ 闇の中で狂わされて往く 追憶の旋律と真実の旋律は 明日への鎮魂歌
十字架に捧ぐ七重奏赤い夜が終焉を告げ 新しい世界は創られる? 眼に見えぬ傷跡は 記憶の中へと刻まれ響く  同じ魂を持つ 僕ら 惹かれあい 鼓動・誓い・重ね その意味さえ 確かめ合えば 静かに命 灯せる  The dark and red night 孤独な炎が閃光を放つ 守るべきものが僕には在り 愛する人の為ならばこの身体も 統べてを捧げられる  重ねてきた涙の跡 その剣で闇を切り裂いて 僕たちの望む世界 出逢いと別れを繰り返しても  未来を掴む術は 君が出したその答え、忠実なら 時空を超え 二人出逢えた 真実だけを見つめて  The dark and red night 涙の螺旋で結ばれて往く 守るべきものは君にも在り すべてを賭けて戦った仲間と 見つけた絆になる  罪を纏った腕には罰を残して 背負いながら 天使の様な翼を広げて…  繋ぎあう糸が 悪戯な運命とクロスして 幾千もの夜を越えて往くなら 友と明日の為だけ  The dark and red night 孤独な炎が閃光を放つ 守るべきものが僕には在り 愛する人の為ならばこの身体も すべてを捧げられる  罪を纏った腕には罰を残して 涙こらえ 感情も鼓弓も共鳴けよう彩音彩音黒瀬圭亮IMAJO赤い夜が終焉を告げ 新しい世界は創られる? 眼に見えぬ傷跡は 記憶の中へと刻まれ響く  同じ魂を持つ 僕ら 惹かれあい 鼓動・誓い・重ね その意味さえ 確かめ合えば 静かに命 灯せる  The dark and red night 孤独な炎が閃光を放つ 守るべきものが僕には在り 愛する人の為ならばこの身体も 統べてを捧げられる  重ねてきた涙の跡 その剣で闇を切り裂いて 僕たちの望む世界 出逢いと別れを繰り返しても  未来を掴む術は 君が出したその答え、忠実なら 時空を超え 二人出逢えた 真実だけを見つめて  The dark and red night 涙の螺旋で結ばれて往く 守るべきものは君にも在り すべてを賭けて戦った仲間と 見つけた絆になる  罪を纏った腕には罰を残して 背負いながら 天使の様な翼を広げて…  繋ぎあう糸が 悪戯な運命とクロスして 幾千もの夜を越えて往くなら 友と明日の為だけ  The dark and red night 孤独な炎が閃光を放つ 守るべきものが僕には在り 愛する人の為ならばこの身体も すべてを捧げられる  罪を纏った腕には罰を残して 涙こらえ 感情も鼓弓も共鳴けよう
STARLIGHT TWILIGHTSTARLIGHT TWILIGHT STARLIGHT PHANTASY  走り出した気持ちが 加速させるスピード “奇跡だって起こせる” 明日を信じたい  GATEが開かれた STARLIGHT 戸惑い捨てて In the sky 宇宙(そら)へと  STARLIGHT TWILIGHT 黎明の光が STARLIGHT PHANTASY 指を掠めても STARLIGHT TWILIGHT 解き放て前へ 輝く惑星-ほし-まで  失くした未来の地図 忘れかけた夢さえ “いつか見せてあげる”と 胸に誓った  見逃さないで Meteor 風に揺られて In your sky 宇宙(そら)へと  STARLIGHT TWILIGHT 翔けてゆく閃光 STARLIGHT PHANTASY 闇夜を照らして STARLIGHT TWILIGHT 佇んだ日々も 孤独な戦士 (ファイター)  STARLIGHT TWILIGHT 黎明の光が STARLIGHT PHANTASY 指を掠めても STARLIGHT TWILIGHT 解き放て前へ 輝く惑星(ほし)まで…STARLIGHT彩音彩音TatshTatshSTARLIGHT TWILIGHT STARLIGHT PHANTASY  走り出した気持ちが 加速させるスピード “奇跡だって起こせる” 明日を信じたい  GATEが開かれた STARLIGHT 戸惑い捨てて In the sky 宇宙(そら)へと  STARLIGHT TWILIGHT 黎明の光が STARLIGHT PHANTASY 指を掠めても STARLIGHT TWILIGHT 解き放て前へ 輝く惑星-ほし-まで  失くした未来の地図 忘れかけた夢さえ “いつか見せてあげる”と 胸に誓った  見逃さないで Meteor 風に揺られて In your sky 宇宙(そら)へと  STARLIGHT TWILIGHT 翔けてゆく閃光 STARLIGHT PHANTASY 闇夜を照らして STARLIGHT TWILIGHT 佇んだ日々も 孤独な戦士 (ファイター)  STARLIGHT TWILIGHT 黎明の光が STARLIGHT PHANTASY 指を掠めても STARLIGHT TWILIGHT 解き放て前へ 輝く惑星(ほし)まで…STARLIGHT
ずっと一緒に もっと遠くまで二つ並んだ雲 距離を確かめてみたくなって 走り出す 俯いて笑った 君の仕草まで愛しくて 微笑んだ  心にずっと抱えている恋の花を今 咲かそう  ずっと一緒に もっと遠くまで行こう 透明な空が輝いてる 願い事一つ胸に抱きしめて いつまでも同じ景色を感じて 夢を繋ごう  乾いた唇が 降り注ぐ雪の静けさに 重なった 熱い日差し浴びて 溢れ出すこの想い出まで 映し出す 『いつの日でも君が君のままでいられたらいいな』  同じ季節をこれからも過ごしたい 涙色してた笑顔が今 トキメキを乗せた風に揺れている 来年も同じ景色を眺めて 心を繋ごう  一緒に泣いて笑って喧嘩もした その全て かけがえのないもの いつか離れ離れになった時も 変わらない想いを届けたい  ずっと一緒に もっと遠くまで行こう 透明な空が輝いてる 願い事一つ胸に抱きしめて いつまでも同じ景色を感じて 夢を繋ごう彩音彩音水野大輔二つ並んだ雲 距離を確かめてみたくなって 走り出す 俯いて笑った 君の仕草まで愛しくて 微笑んだ  心にずっと抱えている恋の花を今 咲かそう  ずっと一緒に もっと遠くまで行こう 透明な空が輝いてる 願い事一つ胸に抱きしめて いつまでも同じ景色を感じて 夢を繋ごう  乾いた唇が 降り注ぐ雪の静けさに 重なった 熱い日差し浴びて 溢れ出すこの想い出まで 映し出す 『いつの日でも君が君のままでいられたらいいな』  同じ季節をこれからも過ごしたい 涙色してた笑顔が今 トキメキを乗せた風に揺れている 来年も同じ景色を眺めて 心を繋ごう  一緒に泣いて笑って喧嘩もした その全て かけがえのないもの いつか離れ離れになった時も 変わらない想いを届けたい  ずっと一緒に もっと遠くまで行こう 透明な空が輝いてる 願い事一つ胸に抱きしめて いつまでも同じ景色を感じて 夢を繋ごう
創聖のアクエリオン世界の始まりの日 生命(いのち)の樹の下で くじらたちの声の遠い残響 二人で聞いた  失くしたものすべて 愛したものすべて この手に抱きしめて 現在(いま)は何処(どこ)を彷徨(さまよ)い行くの  答えの潜む琥珀の太陽 出会わなければ 殺戮の天使でいられた 不死なる瞬き持つ魂 傷つかないで 僕の羽根 この気持ち知るため生まれてきた  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない  世界が終わる前に 生命(いのち)が終わる前に 眠る嘆きほどいて 君の薫り抱きしめたいよ  耳すませた海神(わだつみ)の記憶 失意にのまれ立ち尽くす麗しき月 よみがえれ 永遠(とわ)に涸れぬ光 汚されないで 君の夢 祈り宿しながら生まれてきた  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない  君がくり返し大人になって 何度も何度も遠くへ行って 見守る僕が眠れない僕がくしゃくしゃになったとしても 君の名を歌うために…  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年たっても愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない彩音岩里祐穂菅野よう子佐久間薫世界の始まりの日 生命(いのち)の樹の下で くじらたちの声の遠い残響 二人で聞いた  失くしたものすべて 愛したものすべて この手に抱きしめて 現在(いま)は何処(どこ)を彷徨(さまよ)い行くの  答えの潜む琥珀の太陽 出会わなければ 殺戮の天使でいられた 不死なる瞬き持つ魂 傷つかないで 僕の羽根 この気持ち知るため生まれてきた  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない  世界が終わる前に 生命(いのち)が終わる前に 眠る嘆きほどいて 君の薫り抱きしめたいよ  耳すませた海神(わだつみ)の記憶 失意にのまれ立ち尽くす麗しき月 よみがえれ 永遠(とわ)に涸れぬ光 汚されないで 君の夢 祈り宿しながら生まれてきた  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない  君がくり返し大人になって 何度も何度も遠くへ行って 見守る僕が眠れない僕がくしゃくしゃになったとしても 君の名を歌うために…  一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年あとも愛してる 君を知ったその日から 一万年と二千年前から愛してる 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった 一億と二千年たっても愛してる 君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない
SOUL BUSTER終わりの無い 命をかけた デスゲーム 悪夢のような 消えてしまう 三国語り 書き換えられたヒストリー  夢のまた夢に 閉ざされた 出口の無い牢獄なら 召還されたキミは僕で 僕はキミと一つになる 迷いの壁を ヒット&ブレイカーズ  遠く儚い者 時空を超えて 重ねた手は運命のような絆 不可思議な出会いが 約束に変わる 今二人は最強のSOUL BUSTER もう誰も僕達の 邪魔は出来ない 輝きの意味を知ったから……  閉ざされてく 歴史の欠片 痛むような代償 未来よりも 確かなものが もうどこにもないから  輪廻が生み出す パラドクス 鏡越しの偽りさえ もしも星がキミと僕を ここに引き合わせるならば 影を重ねて ヒット&ブレイカーズ  遠く儚い者 悠久の果て ふとした瞬間に芽生えた友情 天の風を纏い イナズマになれ 宿命さえ討ち壊すSOUL BUSTER 時は動き出した 新しい明日へ 例えこの命捧げても……  遠く儚い者 時空を超えて 重ねた手は運命のような絆 不可思議な出会いが 約束に変わる 今二人は最強のSOUL BUSTER もう誰も僕達の 邪魔は出来ない 輝きの意味を知ったから……彩音志倉千代丸志倉千代丸終わりの無い 命をかけた デスゲーム 悪夢のような 消えてしまう 三国語り 書き換えられたヒストリー  夢のまた夢に 閉ざされた 出口の無い牢獄なら 召還されたキミは僕で 僕はキミと一つになる 迷いの壁を ヒット&ブレイカーズ  遠く儚い者 時空を超えて 重ねた手は運命のような絆 不可思議な出会いが 約束に変わる 今二人は最強のSOUL BUSTER もう誰も僕達の 邪魔は出来ない 輝きの意味を知ったから……  閉ざされてく 歴史の欠片 痛むような代償 未来よりも 確かなものが もうどこにもないから  輪廻が生み出す パラドクス 鏡越しの偽りさえ もしも星がキミと僕を ここに引き合わせるならば 影を重ねて ヒット&ブレイカーズ  遠く儚い者 悠久の果て ふとした瞬間に芽生えた友情 天の風を纏い イナズマになれ 宿命さえ討ち壊すSOUL BUSTER 時は動き出した 新しい明日へ 例えこの命捧げても……  遠く儚い者 時空を超えて 重ねた手は運命のような絆 不可思議な出会いが 約束に変わる 今二人は最強のSOUL BUSTER もう誰も僕達の 邪魔は出来ない 輝きの意味を知ったから……
その先にある、誰かの笑顔の為にCan do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.  誰にも見せない涙の色には 沢山の意味があるんだね 諦めかけた空はあの日々の、あの場所で色を変えた 賑やかな景色 淋しく映すのは 気まぐれな不安の風だけど 木々が萌ゆる命の音 夏は終わらない――――  糸は絡んだり またほどけたり 縁結びの神様 ひぐらしが鳴いて 幕は開かれた そこにある 栄光と呼べる『絆』が 一つになる時...  Every day is“sing” 悲しみは“bright” 喜びの“friend” ココにある本当の意味が 立ち止まる事忘れさせるよ 手と手、重なってゆく Every day is“call” 目に見えぬ“spur” 繋がった“ring” 願うなら自分にじゃなく 動き出す新しいストーリー ページを開こう その先へ  Can do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.  無意味な時間は どこにも無いから 真っ直ぐに瞳を上げて 過去に辿った道と 生まれゆく未来へと走りだそう 振り返る事は弱虫じゃなくて 誰か支える答えがある 道は続くあの太陽へ 夏は終わらない――――  まとまりきれず 矛盾だらけの 願い事が散らばる ひぐらしが鳴いて 今日も始まった それだけで幸せと呼べる『仲間』が ここに集まれば...  Every day is“sing” 切なさに“bright” 大切な“friend” 瞬間にそう思えたら キミは確かに「何か」を手にした その価値は無限で Every day is“call” 泣けるような“spur” 途切れない“ring” 雨の日も風の鳴く日も 迷っても遠回りでも ただ進めばいい その先へ  Every day is“sing” 悲しみは“bright” 喜びの“friend” ココにある本当の意味が 立ち止まる事忘れさせるよ 手と手、重なってゆく Every day is“call” 目に見えぬ“spur” 繋がった“ring” 願うなら自分にじゃなく 動き出す新しいストーリー ページを開こう その先へ  Can do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.彩音志倉千代丸志倉千代丸上野浩司Can do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.  誰にも見せない涙の色には 沢山の意味があるんだね 諦めかけた空はあの日々の、あの場所で色を変えた 賑やかな景色 淋しく映すのは 気まぐれな不安の風だけど 木々が萌ゆる命の音 夏は終わらない――――  糸は絡んだり またほどけたり 縁結びの神様 ひぐらしが鳴いて 幕は開かれた そこにある 栄光と呼べる『絆』が 一つになる時...  Every day is“sing” 悲しみは“bright” 喜びの“friend” ココにある本当の意味が 立ち止まる事忘れさせるよ 手と手、重なってゆく Every day is“call” 目に見えぬ“spur” 繋がった“ring” 願うなら自分にじゃなく 動き出す新しいストーリー ページを開こう その先へ  Can do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.  無意味な時間は どこにも無いから 真っ直ぐに瞳を上げて 過去に辿った道と 生まれゆく未来へと走りだそう 振り返る事は弱虫じゃなくて 誰か支える答えがある 道は続くあの太陽へ 夏は終わらない――――  まとまりきれず 矛盾だらけの 願い事が散らばる ひぐらしが鳴いて 今日も始まった それだけで幸せと呼べる『仲間』が ここに集まれば...  Every day is“sing” 切なさに“bright” 大切な“friend” 瞬間にそう思えたら キミは確かに「何か」を手にした その価値は無限で Every day is“call” 泣けるような“spur” 途切れない“ring” 雨の日も風の鳴く日も 迷っても遠回りでも ただ進めばいい その先へ  Every day is“sing” 悲しみは“bright” 喜びの“friend” ココにある本当の意味が 立ち止まる事忘れさせるよ 手と手、重なってゆく Every day is“call” 目に見えぬ“spur” 繋がった“ring” 願うなら自分にじゃなく 動き出す新しいストーリー ページを開こう その先へ  Can do it for a smile of somebody now. Can do it for a smile of somebody now.
そよ風のシルエ夜空の星の また向こう 遠いその場所には きっとね知らない空とか 海があったりして  そこなら涙も 記憶も何もかも 透明に消えてしまうかな? そよ風のシルエ いたずらの顔が こっち向いて 舌を出して 笑ってる  Don't stop my love この世界の あの時間 あの場所へと あなたの影 探しに行こう もう一度逢えるかな Don't stop my love 触れられない この想い切なすぎて いっそこれが運命なら 瞳に映らないで… Have a dream together  もうすぐ灯りがともるよ 今夜、夢で逢いたい そしたらあの夜のキスを ずっと醒めない夢  ホントの明日が怖くてこうして 気付かないフルをしてるのかな? そよ風のシルエ 夢は醒めるんだね 夜の魔法 その力も 消えゆく  Don't stop my love その笑顔で 今何を見つめてるの 忘れ物が大きすぎて この場所 止まったまま Don't stop my love なびく髪に すき通るこの季節が 今になってキラメルのに もうすぐ見えなくなる… Have a dream together  Don't stop my love この世界の あの時間 あの場所へと あなたの影 探しに行こう もう一度逢えるかな Don't stop my love 空は青く 風そよぐ この景色に あなたが居るて、私が居るた 輝くあの夏の日 Have a dream together彩音志倉千代丸志倉千代丸夜空の星の また向こう 遠いその場所には きっとね知らない空とか 海があったりして  そこなら涙も 記憶も何もかも 透明に消えてしまうかな? そよ風のシルエ いたずらの顔が こっち向いて 舌を出して 笑ってる  Don't stop my love この世界の あの時間 あの場所へと あなたの影 探しに行こう もう一度逢えるかな Don't stop my love 触れられない この想い切なすぎて いっそこれが運命なら 瞳に映らないで… Have a dream together  もうすぐ灯りがともるよ 今夜、夢で逢いたい そしたらあの夜のキスを ずっと醒めない夢  ホントの明日が怖くてこうして 気付かないフルをしてるのかな? そよ風のシルエ 夢は醒めるんだね 夜の魔法 その力も 消えゆく  Don't stop my love その笑顔で 今何を見つめてるの 忘れ物が大きすぎて この場所 止まったまま Don't stop my love なびく髪に すき通るこの季節が 今になってキラメルのに もうすぐ見えなくなる… Have a dream together  Don't stop my love この世界の あの時間 あの場所へと あなたの影 探しに行こう もう一度逢えるかな Don't stop my love 空は青く 風そよぐ この景色に あなたが居るて、私が居るた 輝くあの夏の日 Have a dream together
太陽と海のメロディいつまでも忘れない… あの夏の約束を… 今も果てしなく続いてる この空の彼方へ…  光る太陽 綺麗な青い海 ひとつに溶け合って 奏でる夏のメロディ  あの頃みんなで 沈む夕陽見つめてた 見えない明日を 探していたよね  いつまでも信じてる… あの夏の約束を… 離れても また逢えることをこの空に誓うよ  耳をくすぐる 風と波の音が ひとつに重なって まぶしい夏のメモリー  流した涙も 弾ける笑顔もすべてが 心のアルバム 宝物になる  いつまでも変わらない… 色褪せず輝いて 瞳を閉じても思い出す この空の青さを…  Ah いつまでも… あの夏の約束を… 今も果てしなく続いてる この空の彼方へ…  いつまでも信じてる… あの夏の約束を… 離れても また逢えることをこの空に誓うよ  いつまでも変わらない… 色褪せず輝いて 瞳を閉じても思い出す この空の青さを…彩音ASAKIなるちょいつまでも忘れない… あの夏の約束を… 今も果てしなく続いてる この空の彼方へ…  光る太陽 綺麗な青い海 ひとつに溶け合って 奏でる夏のメロディ  あの頃みんなで 沈む夕陽見つめてた 見えない明日を 探していたよね  いつまでも信じてる… あの夏の約束を… 離れても また逢えることをこの空に誓うよ  耳をくすぐる 風と波の音が ひとつに重なって まぶしい夏のメモリー  流した涙も 弾ける笑顔もすべてが 心のアルバム 宝物になる  いつまでも変わらない… 色褪せず輝いて 瞳を閉じても思い出す この空の青さを…  Ah いつまでも… あの夏の約束を… 今も果てしなく続いてる この空の彼方へ…  いつまでも信じてる… あの夏の約束を… 離れても また逢えることをこの空に誓うよ  いつまでも変わらない… 色褪せず輝いて 瞳を閉じても思い出す この空の青さを…
ただ流るるままにもう誰の声も無い 行き止まりの旅路は 片言に絶望を 繰り返し聞かせた 残された情景に 未来を重ねられず 終わりを選ぶ意味を 過去が照らしてくれる  黄昏れてゆくこの空の 全てが愛しいのに 生きる意味さえ見失う ささやかな喜びもなく────  道端に咲いた命も 眩しさが滲む明日も 今はただ虚ろに彷徨うだけ 空さえも否定をする 父母が笑い手を振る めくるめく日々の欠片が 残酷な仕打ちであざ笑えば 音もなく崩れ落ちる ただ流るるままに  失うものが無いと 人は強くなれると いつかどこかで聞いた まるで虚言の語り  鮮やか過ぎる想い出は 確かにここにある それはいつしか幻へと 歯車が落ちた瞬間────  暗闇に差し伸べられた 迷いをその手に預けた 交わされた言葉の一つ一つ 両手から落ちて逃げた 悲しみの数に負けない 喜びの数を探した 描きかけの景色は黒く塗られ キャンバスはもう要らない ただ流るるままに  道端に咲いた命も 眩しさが滲む明日も 今はただ虚ろに彷徨うだけ 空さえも否定をする 父母が笑い手を振る めくるめく日々の欠片が 残酷な仕打ちであざ笑えば 音もなく崩れ落ちる ただ流るるままに彩音志倉千代丸志倉千代丸川越好博もう誰の声も無い 行き止まりの旅路は 片言に絶望を 繰り返し聞かせた 残された情景に 未来を重ねられず 終わりを選ぶ意味を 過去が照らしてくれる  黄昏れてゆくこの空の 全てが愛しいのに 生きる意味さえ見失う ささやかな喜びもなく────  道端に咲いた命も 眩しさが滲む明日も 今はただ虚ろに彷徨うだけ 空さえも否定をする 父母が笑い手を振る めくるめく日々の欠片が 残酷な仕打ちであざ笑えば 音もなく崩れ落ちる ただ流るるままに  失うものが無いと 人は強くなれると いつかどこかで聞いた まるで虚言の語り  鮮やか過ぎる想い出は 確かにここにある それはいつしか幻へと 歯車が落ちた瞬間────  暗闇に差し伸べられた 迷いをその手に預けた 交わされた言葉の一つ一つ 両手から落ちて逃げた 悲しみの数に負けない 喜びの数を探した 描きかけの景色は黒く塗られ キャンバスはもう要らない ただ流るるままに  道端に咲いた命も 眩しさが滲む明日も 今はただ虚ろに彷徨うだけ 空さえも否定をする 父母が笑い手を振る めくるめく日々の欠片が 残酷な仕打ちであざ笑えば 音もなく崩れ落ちる ただ流るるままに
月と夜空とホウキ星果てしなき空 月明かり 祈りの声 信じられるね キミとこの星で  幼い記憶 その景色に わずかな温もり 探してるのかな?  shining my dream 形もなく 戸惑う言葉に 立ち止まった季節が 心をレプリカにした shining your dream だけど今は キミがここに居るだけで 愛しさと温もりが 深く もっと深く  果てしなき空 月明かり 祈りの声 世界の時は 今きっと 止まっているから 二人の誓い 「永遠」の 言葉さえも 信じられるね キミとこの星で  近くて遠い この想いも 心はいつか忘れてゆくかな?  shining my dream どんな闇も 迷いはないから キミを想う強さを この胸に信じるだけ shining your dream 夜を越えて 眩しい朝日が昇る 愛しさと切なさが 強く もっと強く  流星の空 夜の風 キミの瞳 たった1秒 それだけで強くなれるから 二人が描くその地図は まだ白くて それでもいいね キミとこの星で  shining my dream 形もなく 戸惑う言葉に 立ち止まった季節が 心をレプリカにした shining your dream だけど今は キミがここに居るだけで 愛しさと温もりが深く もっと深く  果てしなき空 月明かり 祈りの声 世界の時は 今きっと 止まっているから 二人の誓い「永遠」の 言葉さえも 信じられるね キミとこの星で彩音志倉千代丸志倉千代丸果てしなき空 月明かり 祈りの声 信じられるね キミとこの星で  幼い記憶 その景色に わずかな温もり 探してるのかな?  shining my dream 形もなく 戸惑う言葉に 立ち止まった季節が 心をレプリカにした shining your dream だけど今は キミがここに居るだけで 愛しさと温もりが 深く もっと深く  果てしなき空 月明かり 祈りの声 世界の時は 今きっと 止まっているから 二人の誓い 「永遠」の 言葉さえも 信じられるね キミとこの星で  近くて遠い この想いも 心はいつか忘れてゆくかな?  shining my dream どんな闇も 迷いはないから キミを想う強さを この胸に信じるだけ shining your dream 夜を越えて 眩しい朝日が昇る 愛しさと切なさが 強く もっと強く  流星の空 夜の風 キミの瞳 たった1秒 それだけで強くなれるから 二人が描くその地図は まだ白くて それでもいいね キミとこの星で  shining my dream 形もなく 戸惑う言葉に 立ち止まった季節が 心をレプリカにした shining your dream だけど今は キミがここに居るだけで 愛しさと温もりが深く もっと深く  果てしなき空 月明かり 祈りの声 世界の時は 今きっと 止まっているから 二人の誓い「永遠」の 言葉さえも 信じられるね キミとこの星で
掌の迷宮駆け巡る 確かな旋律は 響きあう光  消えてゆく人波に 見失った想いは 幻想の空に舞う 風に吹かれて  微かな記憶を辿り 言葉の奥にある真実見つめ 夢・希望・未来・軌跡さえ その手で 掴め!  駆け巡る 確かな旋律は 行き場を失くして 遥か 遠く 加速したなら 鼓動へと変わって 響きあう光  空に舞う喜びも 刹那さも悲しみも いつの日か星になり また、輝ける  “永遠なんてないんだ”と 嘆く事よりも それよりも速く 夢・希望・未来・軌跡まで 全てを 抱け!  戻せない 時空(とき)が刻まれてく 孤独を重ねて 誰もが持つ タシカナモノを 見つけられたなら 心まで放て  傷みを知って 優しくなれる 繰り返される 過ちさえも 辿り着いた答えの先にある場所へ 明日を映し出した 揺るぎないもの  傍にいる程に 遠く感じて 苦しみさえ 儚い きっと 目には見えないもので 譲れない想い  戻せない 時空が刻まれてく 孤独を重ねて 誰もが持つ タシカナモノを 見つけられたなら 心まで放て彩音MAKOTO-ONPミヤハラ信哉ミヤハラ信哉駆け巡る 確かな旋律は 響きあう光  消えてゆく人波に 見失った想いは 幻想の空に舞う 風に吹かれて  微かな記憶を辿り 言葉の奥にある真実見つめ 夢・希望・未来・軌跡さえ その手で 掴め!  駆け巡る 確かな旋律は 行き場を失くして 遥か 遠く 加速したなら 鼓動へと変わって 響きあう光  空に舞う喜びも 刹那さも悲しみも いつの日か星になり また、輝ける  “永遠なんてないんだ”と 嘆く事よりも それよりも速く 夢・希望・未来・軌跡まで 全てを 抱け!  戻せない 時空(とき)が刻まれてく 孤独を重ねて 誰もが持つ タシカナモノを 見つけられたなら 心まで放て  傷みを知って 優しくなれる 繰り返される 過ちさえも 辿り着いた答えの先にある場所へ 明日を映し出した 揺るぎないもの  傍にいる程に 遠く感じて 苦しみさえ 儚い きっと 目には見えないもので 譲れない想い  戻せない 時空が刻まれてく 孤独を重ねて 誰もが持つ タシカナモノを 見つけられたなら 心まで放て
To the Moonキミに近づきたい だけど触れられないよ その瞳が映す アドレスへのパスワード I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon  無機質なクローニング (Please tell me Zero or One. And I continue a play.) 夢みがちなバイオタイド (Please tell me Zero or One. And I continue.)  自分の為じゃなく 誰かの為に その重くて冷たい扉に 手をかけたらすぐに つまずきながら 思いがけず楽じゃないけど Can you see the truth or lies その場所へプラグイン  キミに近づきたい だけど触れられないよ But favorite dream changes eternally その瞳が映す アドレスへのパスワード オンライン 途切れないように I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは But favorite tomorrow changes eternally 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon  神懸かりなウィザード (Please tell me Zero or One. And I continue a play.) 時を刻むルナティック (Please tell me Zero or One. And I continue.)  引き出しにつまった 想い出の影 ときに胸が熱くなる程に だから伝えられる あの日の詩を 自慢するほど 上手くないけど Can you see the truth or lies その場所へプラグイン  キミを見つめていた 当たり前の景色に... 迷いは波に委ね 大切なものを見よ...  I can meet you in a dream in a dream それでも抱きしめたい But favorite tomorrow changes eternally 月が生まれた場所 そこに帰る日まで イメージずっと描いたまま To the Moon  キミに近づきたい だけど触れられないよ But favorite dream changes eternally その瞳が映す アドレスへのパスワード オンライン 途切れないように I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは But favorite tomorrow changes eternally 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon彩音志倉千代丸志倉千代丸キミに近づきたい だけど触れられないよ その瞳が映す アドレスへのパスワード I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon  無機質なクローニング (Please tell me Zero or One. And I continue a play.) 夢みがちなバイオタイド (Please tell me Zero or One. And I continue.)  自分の為じゃなく 誰かの為に その重くて冷たい扉に 手をかけたらすぐに つまずきながら 思いがけず楽じゃないけど Can you see the truth or lies その場所へプラグイン  キミに近づきたい だけど触れられないよ But favorite dream changes eternally その瞳が映す アドレスへのパスワード オンライン 途切れないように I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは But favorite tomorrow changes eternally 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon  神懸かりなウィザード (Please tell me Zero or One. And I continue a play.) 時を刻むルナティック (Please tell me Zero or One. And I continue.)  引き出しにつまった 想い出の影 ときに胸が熱くなる程に だから伝えられる あの日の詩を 自慢するほど 上手くないけど Can you see the truth or lies その場所へプラグイン  キミを見つめていた 当たり前の景色に... 迷いは波に委ね 大切なものを見よ...  I can meet you in a dream in a dream それでも抱きしめたい But favorite tomorrow changes eternally 月が生まれた場所 そこに帰る日まで イメージずっと描いたまま To the Moon  キミに近づきたい だけど触れられないよ But favorite dream changes eternally その瞳が映す アドレスへのパスワード オンライン 途切れないように I can meet you in a dream in a dream 僕たちの願いは But favorite tomorrow changes eternally 誰よりも近くて遠くにある存在 イメージずっと描いたまま To the Moon
Drive on dragoon流星の瞬く夜空が 眩しく感じるその日まで  消えてゆく儚い夢 手を伸ばしても届かなくて 傷ついた愛の戦士 何を見つめるの?  そして旅立ちの 扉は開く 大地を蹴って走り出した 高鳴る鼓動─────  流星の瞬く夜空が 戸惑いも隠してくれる 僕達の夢見た景色が 眩しく感じるその日まで 誰よりも、誰よりも、溢れるほどの確かな想いは 何よりも、何よりも、仲間がくれた勇気がここにあるから 堅い絆は いくつもに繋がって 大きな力へ立ち昇る  鏡越し揺れる思い 目と目が合った瞬間に 負けん気な竜の戦士 泣きたい時もある  ずっと苦しくて 朽ち果てそうでも 宿敵はこの心にある 「不安」だったね─────  風が吹き嵐に変わって 涙さえどかに消えた 僕達の守りたいものを この手に掴めるその日まで 誰よりも、誰よりも、気高く生きると願う思いは 何よりも、何よりも、この場所に生まれた事、そこにあるから 弱い気持ちが ためらいに変わるなら あの日の誓いを呼び覚ませ  突き抜ける程のブレイブは 夢さえも形に変える 僕達の新しい明日が 誰かに届くまで  流星の瞬く夜空が 戸惑いも隠してくれる 僕達の夢見た景色が 眩しく感じるその日まで 誰よりも、誰よりも、溢れるほどの確かな想いは 何よりも、何よりも、仲間がくれた勇気がここにあるから 堅い絆は いくつもに繋がって 大きな力へ立ち昇る彩音志倉千代丸志倉千代丸流星の瞬く夜空が 眩しく感じるその日まで  消えてゆく儚い夢 手を伸ばしても届かなくて 傷ついた愛の戦士 何を見つめるの?  そして旅立ちの 扉は開く 大地を蹴って走り出した 高鳴る鼓動─────  流星の瞬く夜空が 戸惑いも隠してくれる 僕達の夢見た景色が 眩しく感じるその日まで 誰よりも、誰よりも、溢れるほどの確かな想いは 何よりも、何よりも、仲間がくれた勇気がここにあるから 堅い絆は いくつもに繋がって 大きな力へ立ち昇る  鏡越し揺れる思い 目と目が合った瞬間に 負けん気な竜の戦士 泣きたい時もある  ずっと苦しくて 朽ち果てそうでも 宿敵はこの心にある 「不安」だったね─────  風が吹き嵐に変わって 涙さえどかに消えた 僕達の守りたいものを この手に掴めるその日まで 誰よりも、誰よりも、気高く生きると願う思いは 何よりも、何よりも、この場所に生まれた事、そこにあるから 弱い気持ちが ためらいに変わるなら あの日の誓いを呼び覚ませ  突き抜ける程のブレイブは 夢さえも形に変える 僕達の新しい明日が 誰かに届くまで  流星の瞬く夜空が 戸惑いも隠してくれる 僕達の夢見た景色が 眩しく感じるその日まで 誰よりも、誰よりも、溢れるほどの確かな想いは 何よりも、何よりも、仲間がくれた勇気がここにあるから 堅い絆は いくつもに繋がって 大きな力へ立ち昇る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Dream ON遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  あの壊れた扉から 寂しさの次元を超えてく 閉じ込め閉ざされた残響 諦めないで翼に託せ  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  使い慣れたツールは 羅列ばかりで冷たくなった 濁った空掻き分けて 新世界へのGate  あの日の鼓動×胸に立ち向かえ いつの日か強くなれるよ 悔しさ過ちを握りしめた 遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  近づいた限界値に 警鐘さえも壊れている 頭上のフィルター外し 理想掲げたのに空回り  失敗続きから絶望 その意味なら知らなくてもいい 響かない答えの色 新世界へのStage  導かれるまま 奥へと  過ちを繰り返し挫けても その度に強くなれたら 過去-きのう-繋いだ笑顔 抱きしめて 遥か彼方 続く世界へ Dream on MAKERS  Can not lose.Can not lose. 残った夢の跡も Can not lose.Can not lose. 嘆いても明日は来る Can not lose.Can not lose. もう一度その未来へ Can not lose.Can not lose. 生き残る為に戦う女神  願う事はただ ひとつだけ、  あの日の鼓動×胸に立ち向かえ いつの日か強くなれるよ 悔しさ過ちを握りしめた 遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.彩音彩音石田秀登石田秀登遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  あの壊れた扉から 寂しさの次元を超えてく 閉じ込め閉ざされた残響 諦めないで翼に託せ  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  使い慣れたツールは 羅列ばかりで冷たくなった 濁った空掻き分けて 新世界へのGate  あの日の鼓動×胸に立ち向かえ いつの日か強くなれるよ 悔しさ過ちを握りしめた 遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.  近づいた限界値に 警鐘さえも壊れている 頭上のフィルター外し 理想掲げたのに空回り  失敗続きから絶望 その意味なら知らなくてもいい 響かない答えの色 新世界へのStage  導かれるまま 奥へと  過ちを繰り返し挫けても その度に強くなれたら 過去-きのう-繋いだ笑顔 抱きしめて 遥か彼方 続く世界へ Dream on MAKERS  Can not lose.Can not lose. 残った夢の跡も Can not lose.Can not lose. 嘆いても明日は来る Can not lose.Can not lose. もう一度その未来へ Can not lose.Can not lose. 生き残る為に戦う女神  願う事はただ ひとつだけ、  あの日の鼓動×胸に立ち向かえ いつの日か強くなれるよ 悔しさ過ちを握りしめた 遥か彼方 闇を蹴散らして Dream on MAKERS  Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Dream on. Dream one is walking around. Dream on. Venus of heart.
DOLPHIN☆JETYou can fly裸になろうよ、トロピカルで気持ちイイから!  例えば、力尽きた記憶を辿った。 そこには幼い顔と、夢を見ない空があった。  蒼き海よ、胸に宿る情熱を 呼び覚ませ風を感じて。果てしない未来へ、光を集めて。  You can fly波を追い越して、水しぶきを求めて舞い上がれ。 君のドルフィンキックが、トロピカルで気持ちイイから。 空に眩しい太陽、それだけでハッピーデイズ。 生まれたままの姿で行こうよ。 旅立てBelieve in dream. Viva! Generation☆  大事に想う気持ち、教えてくれたね。 スタイルじゃない笑顔の、あの日キミはまぶしかった。  夏の風に、揺れながら舞い降りた 偶然が奇跡に変わる。天文学的、特別な力。  You can fly裸になろうよ、涙さえもどこかに脱ぎ捨てよう。 キミのフリップターンが、トロピカルで気持ちイイから。 海がキラキラで、忘れないハッピーデイズ。 僕らの熱い季節へおいでよ。 はじけるBelieve in dream. Viva! Generation☆  You can flyスピードを上げて、水平線目指して飛び出そう。 キミのボディポジションが、トロピカルで気持ちイイから。  You can fly波を追い越して、水しぶきを求めて舞い上がれ。 君のドルフィンキックが、トロピカルで気持ちイイから。 空に眩しい太陽、それだけでハッピーデイズ。 生まれたままの姿で行こうよ。 旅立てBelieve in dream. Viva! Generation☆彩音志倉千代丸志倉千代丸上野浩司You can fly裸になろうよ、トロピカルで気持ちイイから!  例えば、力尽きた記憶を辿った。 そこには幼い顔と、夢を見ない空があった。  蒼き海よ、胸に宿る情熱を 呼び覚ませ風を感じて。果てしない未来へ、光を集めて。  You can fly波を追い越して、水しぶきを求めて舞い上がれ。 君のドルフィンキックが、トロピカルで気持ちイイから。 空に眩しい太陽、それだけでハッピーデイズ。 生まれたままの姿で行こうよ。 旅立てBelieve in dream. Viva! Generation☆  大事に想う気持ち、教えてくれたね。 スタイルじゃない笑顔の、あの日キミはまぶしかった。  夏の風に、揺れながら舞い降りた 偶然が奇跡に変わる。天文学的、特別な力。  You can fly裸になろうよ、涙さえもどこかに脱ぎ捨てよう。 キミのフリップターンが、トロピカルで気持ちイイから。 海がキラキラで、忘れないハッピーデイズ。 僕らの熱い季節へおいでよ。 はじけるBelieve in dream. Viva! Generation☆  You can flyスピードを上げて、水平線目指して飛び出そう。 キミのボディポジションが、トロピカルで気持ちイイから。  You can fly波を追い越して、水しぶきを求めて舞い上がれ。 君のドルフィンキックが、トロピカルで気持ちイイから。 空に眩しい太陽、それだけでハッピーデイズ。 生まれたままの姿で行こうよ。 旅立てBelieve in dream. Viva! Generation☆
嘆きノ森深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  その日はとても晴れた日で 冷たい風吸い込んだ 時間が微量、一瞬だけ 針を止めた  one-way, that cannot return twice. A lost child looks for a bright place.  変わりゆく者と それを望む者 とおりゃんせ おいでや  誰かが泣いた その声はドコ? そっとそっと、のぞいて見てごらんよ おやすみ良い子ハ眠レ 起きている子ハ 手々を落とすぞ 碧い月影、いち木ノ? 此ノ路デ 子守歌を聞いたら 祭が始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  優しいモノを恐れたり それが悲鳴をあげたり 髪を切り落としたくて 瞳閉じた  one-way, that cannot return twice. A lost child looks for a bright place.  紅く染まる目は 誰の名を叫ぶの? とおりゃんせ 楽しや  ヤシロに映ス 置き去りの影 きっときっと、あの子はもう居ないよ 日も入り遭い鬼ノ面 幼い笑みで 羽をもがいた 合わせ鏡に映る姿に 顔が無いと、顔が無いと、泣いたら 祭りが始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  誰かが泣いた その声はドコ? そっとそっと、のぞいて見てごらんよ おやすみ良い子ハ眠レ 起きている子ハ 手々を落とすぞ 碧い月影、いち木ノ? 此ノ路デ 子守歌を聞いたら 祭が始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...彩音志倉千代丸志倉千代丸磯江俊道深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  その日はとても晴れた日で 冷たい風吸い込んだ 時間が微量、一瞬だけ 針を止めた  one-way, that cannot return twice. A lost child looks for a bright place.  変わりゆく者と それを望む者 とおりゃんせ おいでや  誰かが泣いた その声はドコ? そっとそっと、のぞいて見てごらんよ おやすみ良い子ハ眠レ 起きている子ハ 手々を落とすぞ 碧い月影、いち木ノ? 此ノ路デ 子守歌を聞いたら 祭が始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  優しいモノを恐れたり それが悲鳴をあげたり 髪を切り落としたくて 瞳閉じた  one-way, that cannot return twice. A lost child looks for a bright place.  紅く染まる目は 誰の名を叫ぶの? とおりゃんせ 楽しや  ヤシロに映ス 置き去りの影 きっときっと、あの子はもう居ないよ 日も入り遭い鬼ノ面 幼い笑みで 羽をもがいた 合わせ鏡に映る姿に 顔が無いと、顔が無いと、泣いたら 祭りが始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...  誰かが泣いた その声はドコ? そっとそっと、のぞいて見てごらんよ おやすみ良い子ハ眠レ 起きている子ハ 手々を落とすぞ 碧い月影、いち木ノ? 此ノ路デ 子守歌を聞いたら 祭が始まり 炎はまた消えてゆく 深い嘆きノ森 ひぐらしのなく...
New Breeze突然降り出す雨が 短い夏の終わりを告げる 雲の隙間の光が 輝く明日を予感させて  冷たい風が 伸びすぎた前髪を揺らす いつもそばにいるよと 誓い合ったね  変わりゆく季節の中で(I'm no Your Side) 楽しい思い出を二人で 増やそう 当たり前の毎日でも キミといれば 新しい風吹く きっと  海岸沿いの道から 沈む夕陽を一人で見てる あなたのいない景色は モノクロみたいに色がないの  心のシグナルが 赤に変わる瞬間も ありのままの自分を 見つめていたい  止まらない時間の中で(Want to Feel You) いつもあなただけの温もり 感じたい 絶え間なく咲く花のように 永遠さえ 信じて歩いてく ずっと  大切な気持ちを 失いそうになったら この場所で手を繋ぐ 約束したね  変わりゆく季節の中で(I'm no Your Side) 楽しい思い出を二人で 増やそう 当たり前の毎日でも キミといれば 新しい風吹く きっと 止まらない時間の中で(Want to Feel You) いつもあなただけの温もり 感じたい 絶え間なく咲く花のように 永遠さえ 信じて歩いてく ずっと彩音海野真司上野浩司上野浩司突然降り出す雨が 短い夏の終わりを告げる 雲の隙間の光が 輝く明日を予感させて  冷たい風が 伸びすぎた前髪を揺らす いつもそばにいるよと 誓い合ったね  変わりゆく季節の中で(I'm no Your Side) 楽しい思い出を二人で 増やそう 当たり前の毎日でも キミといれば 新しい風吹く きっと  海岸沿いの道から 沈む夕陽を一人で見てる あなたのいない景色は モノクロみたいに色がないの  心のシグナルが 赤に変わる瞬間も ありのままの自分を 見つめていたい  止まらない時間の中で(Want to Feel You) いつもあなただけの温もり 感じたい 絶え間なく咲く花のように 永遠さえ 信じて歩いてく ずっと  大切な気持ちを 失いそうになったら この場所で手を繋ぐ 約束したね  変わりゆく季節の中で(I'm no Your Side) 楽しい思い出を二人で 増やそう 当たり前の毎日でも キミといれば 新しい風吹く きっと 止まらない時間の中で(Want to Feel You) いつもあなただけの温もり 感じたい 絶え間なく咲く花のように 永遠さえ 信じて歩いてく ずっと
Next Relation真夏の歌が響く 青い空の下で…  雨上がりのアスファルト 微笑みで交わす午後 悲しみで泣いた日々も 君の笑顔に消える 煌いてゆく心が 今日も繰り返えされて 記憶まで重ねるから 未来が歩き出した  夢みたいだけど きっと夢じゃない 幸せの意味を教えてくれたね ありがとう!  このままずっと二人 明日も明後日も 手を繋ぎながら歩きたい 永遠に リズムに乗って 歩幅を合わせたら いつの日でも繋がってる そんな気がするよ君と二人なら  夏の香りを感じて 頬をくすぐる風が 今この場所に響いて 笑顔に変えてゆくよ  白い砂浜を 裸足で駆け抜け 海にDIVEをするような気分で さあ!今すぐ  真夏の歌が響く 青い空の下で 季節が風に運ばれて変わってゆく 色とりどりの 想い出が溢れた いつの日でも忘れない 追いかけた夢と交わした約束  鮮やかに広がった 想い出を映して 新しい朝を迎えて 深呼吸  このままずっと二人 明日も明後日も 手を繋ぎながら歩きたい 永遠に リズムに乗って 歩幅を合わせたら いつの日でも繋がってる そんな気がするよ君と二人なら彩音彩音Tatsh佐久間薫真夏の歌が響く 青い空の下で…  雨上がりのアスファルト 微笑みで交わす午後 悲しみで泣いた日々も 君の笑顔に消える 煌いてゆく心が 今日も繰り返えされて 記憶まで重ねるから 未来が歩き出した  夢みたいだけど きっと夢じゃない 幸せの意味を教えてくれたね ありがとう!  このままずっと二人 明日も明後日も 手を繋ぎながら歩きたい 永遠に リズムに乗って 歩幅を合わせたら いつの日でも繋がってる そんな気がするよ君と二人なら  夏の香りを感じて 頬をくすぐる風が 今この場所に響いて 笑顔に変えてゆくよ  白い砂浜を 裸足で駆け抜け 海にDIVEをするような気分で さあ!今すぐ  真夏の歌が響く 青い空の下で 季節が風に運ばれて変わってゆく 色とりどりの 想い出が溢れた いつの日でも忘れない 追いかけた夢と交わした約束  鮮やかに広がった 想い出を映して 新しい朝を迎えて 深呼吸  このままずっと二人 明日も明後日も 手を繋ぎながら歩きたい 永遠に リズムに乗って 歩幅を合わせたら いつの日でも繋がってる そんな気がするよ君と二人なら
never GIVE up例えば、描いていた 夢が幻で now&forever 迷ったり戸惑う瞬間も  I wanna be with you always いつも そばにいてくれて Re?Birth 支えてくれたよね この場所で It's your call…It's your call... never give up  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you 未来を見つめて never give up 奥に秘めた強さを 信じているなら 諦めないでevery day 世界を照らそう  あの頃、探していた 星はこの場所で now&forever 変わらずに輝き続けてる  I wanna be with you always いつも 誰より近くで Re;Birth 見守ってくれたね 羽ばたけるよ It's your call…It's your call... never give up  I will always be supporting you あの天空目指して My heart will always be with you 両手を広げて never give up 君がいれば僕らは 強くなれるから 独りじゃないよevery day 見つけたあの希望へ forever… Will you keep my heart forever  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you 未来を見つめて never give up 奥に秘めた強さを 信じているなら 諦めないでevery day 世界を照らそう彩音彩音toiza71toiza71例えば、描いていた 夢が幻で now&forever 迷ったり戸惑う瞬間も  I wanna be with you always いつも そばにいてくれて Re?Birth 支えてくれたよね この場所で It's your call…It's your call... never give up  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you 未来を見つめて never give up 奥に秘めた強さを 信じているなら 諦めないでevery day 世界を照らそう  あの頃、探していた 星はこの場所で now&forever 変わらずに輝き続けてる  I wanna be with you always いつも 誰より近くで Re;Birth 見守ってくれたね 羽ばたけるよ It's your call…It's your call... never give up  I will always be supporting you あの天空目指して My heart will always be with you 両手を広げて never give up 君がいれば僕らは 強くなれるから 独りじゃないよevery day 見つけたあの希望へ forever… Will you keep my heart forever  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you  I will always be supporting you 翼に託して My heart will always be with you 未来を見つめて never give up 奥に秘めた強さを 信じているなら 諦めないでevery day 世界を照らそう
薄明のモノローグ過ぎ去った your story 途切れない声 淡い陽炎が 風に揺られて 繰り返す その stormy 痛む疵痕 隙間を照らす 篝火求めた  I will never forget your eyes. 口先だけの lies 覗き込んだ瞳に潜む We will never forget your truth. 囚われたメビウス 偽リノナイ絆  薄明のモノローグ 奇跡纏って 過去も今も明日でもない彼方まで 透明なダイアローグ また彷徨って 音もなく蠢いた 信じた夢のカケラ  置き去りの your story 重なった空 朱いため息が この胸を刺す 終わらない その stormy 滲む残像 未来の記憶 蘇る憶い  I will never forget your eyes. 真実を隠す lies 運命を紡いだこの糸 We will never forget your truth. 閉じ込めたサヨナラ 偽リノナイ絆  薄明のモノローグ 夢を纏って 過去も今も明日でもないこの場所で 透明なダイアローグ 全てを繋ぐ 気高く強く願う 夜明けを隠すカケラ  薄明のモノローグ 奇跡纏って 過去も今も明日でもない彼方まで 透明なダイアローグ また彷徨って 音もなく蠢いた 信じた夢のカケラ彩音彩音志倉千代丸悠木真一過ぎ去った your story 途切れない声 淡い陽炎が 風に揺られて 繰り返す その stormy 痛む疵痕 隙間を照らす 篝火求めた  I will never forget your eyes. 口先だけの lies 覗き込んだ瞳に潜む We will never forget your truth. 囚われたメビウス 偽リノナイ絆  薄明のモノローグ 奇跡纏って 過去も今も明日でもない彼方まで 透明なダイアローグ また彷徨って 音もなく蠢いた 信じた夢のカケラ  置き去りの your story 重なった空 朱いため息が この胸を刺す 終わらない その stormy 滲む残像 未来の記憶 蘇る憶い  I will never forget your eyes. 真実を隠す lies 運命を紡いだこの糸 We will never forget your truth. 閉じ込めたサヨナラ 偽リノナイ絆  薄明のモノローグ 夢を纏って 過去も今も明日でもないこの場所で 透明なダイアローグ 全てを繋ぐ 気高く強く願う 夜明けを隠すカケラ  薄明のモノローグ 奇跡纏って 過去も今も明日でもない彼方まで 透明なダイアローグ また彷徨って 音もなく蠢いた 信じた夢のカケラ
ハートのSEASON~coverたぶんあなたは LONELINESS その場限りの HOLD ME TIGHT 月影は FULL MOON いたずら書きの GOOD-BYE  綺麗って言われたい 可愛いって言われたい 揺れるハートの SEASON わかってね  サヨナラよりも遠い サヨナラなんて 謎々ゲームじゃない 微妙世代なのよ  ねえねえ このSTORY どこへ行くの TELL ME 教えて 恋の行方 UNバランスな 私ね  恋に恋して FALLIN' LOVE すねてあなたは MEMORIES 少し胸が痛い プラトニックな LOVE SONG  大人にもなりきれず 子供でもいられない 時間旅行の中 迷い子ね  ソーダ水の中を 横切るヨット 頬杖ついてあなた そよ風さって言った  ねえねえ 愛して くれたあなた ゴメンナサイ 応えられず UNバランスな 二人ね  恋に恋して FALLIN' LOVE すねてあなたは MEMORIES 少し胸が痛い プラトニックな LOVE SONG  大人にもなりきれず 子供でもいられない 時間旅行の中 迷い子ね  たぶんあなたは LONELINESS その場限りの HOLD ME TIGHT 月影は FULL MOON いたずら書きの GOOD-BYE  綺麗って言われたい 可愛いって言われたい 揺れるハートの SEASON わかってね彩音恩田久義尾関裕司たぶんあなたは LONELINESS その場限りの HOLD ME TIGHT 月影は FULL MOON いたずら書きの GOOD-BYE  綺麗って言われたい 可愛いって言われたい 揺れるハートの SEASON わかってね  サヨナラよりも遠い サヨナラなんて 謎々ゲームじゃない 微妙世代なのよ  ねえねえ このSTORY どこへ行くの TELL ME 教えて 恋の行方 UNバランスな 私ね  恋に恋して FALLIN' LOVE すねてあなたは MEMORIES 少し胸が痛い プラトニックな LOVE SONG  大人にもなりきれず 子供でもいられない 時間旅行の中 迷い子ね  ソーダ水の中を 横切るヨット 頬杖ついてあなた そよ風さって言った  ねえねえ 愛して くれたあなた ゴメンナサイ 応えられず UNバランスな 二人ね  恋に恋して FALLIN' LOVE すねてあなたは MEMORIES 少し胸が痛い プラトニックな LOVE SONG  大人にもなりきれず 子供でもいられない 時間旅行の中 迷い子ね  たぶんあなたは LONELINESS その場限りの HOLD ME TIGHT 月影は FULL MOON いたずら書きの GOOD-BYE  綺麗って言われたい 可愛いって言われたい 揺れるハートの SEASON わかってね
パーフェクト☆クエストlalala...  どんなに高い壁でも 乗り越えたい二人で いつか夢見たステージ 溢れ出した光  守りたい未来と 叶えたい夢 涙は勇気へと変えてゆこう  (Everybody hands up Everybody hands up) 離れていても忘れない  (Everybody hands up Everybody hands up) 心から“ありがとう”君に…  共に過ごしたイベント 強くなれたあの頃 君と交わした約束 全てが繋がってる  歌声を未来へ 届けたいから いま魔法の言葉唱えよう  (Everybody hands up Everybody hands up) 一つになれる場所がある  (Everybody hands up Everybody hands up) 希望が踊り出す forever  lalala...  (Everybody hands up Everybody hands up) 一緒に思い出を作ろう  (Everybody hands up Everybody hands up) また会えるといいな  (Everybody hands up Everybody hands up) 離れていても忘れない  (Everybody hands up Everybody hands up) 心から“ありがとう”君に…  lalala...彩音彩音渡辺篤弘谷丙午・渡辺篤弘lalala...  どんなに高い壁でも 乗り越えたい二人で いつか夢見たステージ 溢れ出した光  守りたい未来と 叶えたい夢 涙は勇気へと変えてゆこう  (Everybody hands up Everybody hands up) 離れていても忘れない  (Everybody hands up Everybody hands up) 心から“ありがとう”君に…  共に過ごしたイベント 強くなれたあの頃 君と交わした約束 全てが繋がってる  歌声を未来へ 届けたいから いま魔法の言葉唱えよう  (Everybody hands up Everybody hands up) 一つになれる場所がある  (Everybody hands up Everybody hands up) 希望が踊り出す forever  lalala...  (Everybody hands up Everybody hands up) 一緒に思い出を作ろう  (Everybody hands up Everybody hands up) また会えるといいな  (Everybody hands up Everybody hands up) 離れていても忘れない  (Everybody hands up Everybody hands up) 心から“ありがとう”君に…  lalala...
punitive justice~千年の錯綜~遥か 遠い空 深く 暗い闇の奥で 過去は 果てしなく 未来を紡ぐ  全て 失くしても 消せぬ 記憶の欠片たち 僅な 光さえ 見つけられずに  いつの日か 癒される 傷跡が あるというのなら 永遠の 孤独でも 厭−いと−わない 逆らえぬ 因果律 遥か…  千年の誓い越えて 甦る残像は 今も 疼いては 届かない 願いだけ 胸に秘めてる  眠る この世界 色を 付けては消えてゆき 優しい その声が 不意に聞える  悪戯に 過ぎてゆく あの日々も 忘れはしない 永遠の 終わりでも 刻まれた 想い出と 切なさが 残る…  千年の夢を宿し この命 生まれ変わっても 継がれてく その意味を 守りたい 君とのために  千年の誓い越えて 甦る残像は 今も 疼いては 届かない 願いだけ 胸に秘めてる  千年の夢を宿し この命 生まれ変わっても 継がれてく その意味を 守りたい 君とのために  届かない 願いでも 祈らせて 君のためだけ彩音彩音姉川史遥か 遠い空 深く 暗い闇の奥で 過去は 果てしなく 未来を紡ぐ  全て 失くしても 消せぬ 記憶の欠片たち 僅な 光さえ 見つけられずに  いつの日か 癒される 傷跡が あるというのなら 永遠の 孤独でも 厭−いと−わない 逆らえぬ 因果律 遥か…  千年の誓い越えて 甦る残像は 今も 疼いては 届かない 願いだけ 胸に秘めてる  眠る この世界 色を 付けては消えてゆき 優しい その声が 不意に聞える  悪戯に 過ぎてゆく あの日々も 忘れはしない 永遠の 終わりでも 刻まれた 想い出と 切なさが 残る…  千年の夢を宿し この命 生まれ変わっても 継がれてく その意味を 守りたい 君とのために  千年の誓い越えて 甦る残像は 今も 疼いては 届かない 願いだけ 胸に秘めてる  千年の夢を宿し この命 生まれ変わっても 継がれてく その意味を 守りたい 君とのために  届かない 願いでも 祈らせて 君のためだけ
Fight for VictoryI can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  作り込まれたシステムも 偶然さえもチャンスに変えて 挫けそうになった時は この手を掴んで走りだそう  混ざり合った思い出の足跡 ため息の数のグリードかぞえて 涙のまま 空を見上げたあの日にサヨナラ  忘れないでいて小さな夢でも きっとそこには希望がある 忘れたくないよ誓った約束 きっとそこには光がある I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  決められたエンカウントに 秘めた思いが重なる度に ぞれぞれが思い描いた 道まで辿りつけるようにと   巡り会えた鼓動のその先で 柔らかな日差し青のストリーム ベール纏い 夢の続きを翼に託して  負けない強さと信じる気持ちは きっと僕らを強くさせる 守り抜くと決め誓った言葉も きっとそれは嘘じゃないから I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  キミとの新世界(はじまり)が眩しくて 水溜まりに映る虹のよう 突然のようなソレは必然で 透明な心が煌めいた  忘れないでいて小さな夢でも きっとそこには希望がある 忘れたくないよ誓った約束 きっとそこには光がある  負けない強さと信じる気持ちは きっと僕らを強くさせる 守り抜くと決め誓った言葉も きっとそれは嘘じゃないから I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に 輝いて僕の為に彩音彩音本田正樹本田正樹I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  作り込まれたシステムも 偶然さえもチャンスに変えて 挫けそうになった時は この手を掴んで走りだそう  混ざり合った思い出の足跡 ため息の数のグリードかぞえて 涙のまま 空を見上げたあの日にサヨナラ  忘れないでいて小さな夢でも きっとそこには希望がある 忘れたくないよ誓った約束 きっとそこには光がある I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  決められたエンカウントに 秘めた思いが重なる度に ぞれぞれが思い描いた 道まで辿りつけるようにと   巡り会えた鼓動のその先で 柔らかな日差し青のストリーム ベール纏い 夢の続きを翼に託して  負けない強さと信じる気持ちは きっと僕らを強くさせる 守り抜くと決め誓った言葉も きっとそれは嘘じゃないから I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に  キミとの新世界(はじまり)が眩しくて 水溜まりに映る虹のよう 突然のようなソレは必然で 透明な心が煌めいた  忘れないでいて小さな夢でも きっとそこには希望がある 忘れたくないよ誓った約束 きっとそこには光がある  負けない強さと信じる気持ちは きっと僕らを強くさせる 守り抜くと決め誓った言葉も きっとそれは嘘じゃないから I can't stop loving you 強く優しく We can through this all away どんな時も I can't stop dreaming about you dear my sisters 輝いて未来(あす)の為に 輝いて僕の為に
Film Makers目を閉じて その闇に 映り込む光 見えない幻 予報はずれの 雨に打たれて  ずっと誰もキズつかないで いられるならそれでいい だけどいつか古いフィルムを 笑って見たいから  Precious heart全ての「想い」を集めて 喜びも 悲しみも 分かち合った 数えきれない 特別な場面が ストップモーション 今になって 涙になる この先に広がる 無限のストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う  いつもより 波音が遠くに感じる そんな星の夜 迷いの無い 風がささやく  きっとそれが正しい道と 遠回りをすればいい そして胸に秘めたフィルムが 少しずつ描かれる  Precious heart 感じる キミからのメッセージ 愛しさも 寂しさも 大事だって 描ききれない 沢山の瞬間が スローモーション よみがえって 涙になる どこまでも続く 明日へのストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う  Precious heart全ての「想い」を集めて 喜びも 悲しみも 分かち合った 数えきれない 特別な場面が ストップモーション 今になって 涙になる この先に広がる 無限のストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う彩音志倉千代丸志倉千代丸目を閉じて その闇に 映り込む光 見えない幻 予報はずれの 雨に打たれて  ずっと誰もキズつかないで いられるならそれでいい だけどいつか古いフィルムを 笑って見たいから  Precious heart全ての「想い」を集めて 喜びも 悲しみも 分かち合った 数えきれない 特別な場面が ストップモーション 今になって 涙になる この先に広がる 無限のストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う  いつもより 波音が遠くに感じる そんな星の夜 迷いの無い 風がささやく  きっとそれが正しい道と 遠回りをすればいい そして胸に秘めたフィルムが 少しずつ描かれる  Precious heart 感じる キミからのメッセージ 愛しさも 寂しさも 大事だって 描ききれない 沢山の瞬間が スローモーション よみがえって 涙になる どこまでも続く 明日へのストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う  Precious heart全ての「想い」を集めて 喜びも 悲しみも 分かち合った 数えきれない 特別な場面が ストップモーション 今になって 涙になる この先に広がる 無限のストーリー 願いは、想い続けていればきっと叶う
フェノグラム夢の中で これが夢だと 証明出来ぬように この世界も 疑心暗鬼で そしてまた 誰かが目覚める  回れ 星よ回れ どこまでも 鼓動が続くまで 時を まやかすような 支配者達へ 会いに行くよ その先に 閉ざされた キラメク ひだまりがあるなら 揺るぎなき───  僕らが生きた証 消せやしない 命さえ宿すフェノグラム 星降る夜はいつも 手をかざした 認められない現実 今、繰り返される  繋がりゆく意識のせいで 知覚が融和され 書き込まれた 自分語は プランクに 仕分けされてゆく  超えろ 時を超えろ 囲まれた 規制の向こうへと 明日が 重なり合う 因果の渦へ 飛び込むのさ そしてまた あの日々の キラメク 全ての想い出を 取り戻せ───  僕らの 歩む道が 交錯した 奇跡さえ超えるフェノグラム 出会いも別れさえも 愛しすぎて 瞬きよりも速い ペテン師にもなれる  僕らが生きた証 消せやしない 命さえ宿すフェノグラム 星降る夜はいつも 手をかざした 認められない現実 今、繰り返される彩音志倉千代丸志倉千代丸オオバコウスケ夢の中で これが夢だと 証明出来ぬように この世界も 疑心暗鬼で そしてまた 誰かが目覚める  回れ 星よ回れ どこまでも 鼓動が続くまで 時を まやかすような 支配者達へ 会いに行くよ その先に 閉ざされた キラメク ひだまりがあるなら 揺るぎなき───  僕らが生きた証 消せやしない 命さえ宿すフェノグラム 星降る夜はいつも 手をかざした 認められない現実 今、繰り返される  繋がりゆく意識のせいで 知覚が融和され 書き込まれた 自分語は プランクに 仕分けされてゆく  超えろ 時を超えろ 囲まれた 規制の向こうへと 明日が 重なり合う 因果の渦へ 飛び込むのさ そしてまた あの日々の キラメク 全ての想い出を 取り戻せ───  僕らの 歩む道が 交錯した 奇跡さえ超えるフェノグラム 出会いも別れさえも 愛しすぎて 瞬きよりも速い ペテン師にもなれる  僕らが生きた証 消せやしない 命さえ宿すフェノグラム 星降る夜はいつも 手をかざした 認められない現実 今、繰り返される
Foresight Oscillator覚醒の途中で 割り込んだノイズは 秘やかに[知らぬまに] 忍び込み[蝕んで] 壊す[ひずむ]  0と1 過去と未来 黒と白 裏と表 重ね合わせて 見えたものが 色を帯びた 真実は?[ひとつだけ]…オシエテヨ? ド・レ…?  掴めぬ明日が こぼれ落ちても カケラ 拾い集めるよ 繰り返し 何度だって 声なき声が 裁く世界で キラリ 光るひとしずく それが 希望  デジタルの螺旋が 描き出すビジョンは 艶やかに[物憂げに] 微笑んで[鮮やかに] 瞞す[ゆがむ]  月と星 陰と陽 罪と罰 影と光 境目の罠 気をつけても 避けられない それはナニ?[ワカラナイ]…オシエテヨ? ネ・エ…?  悲しく咲いた 花がゆれるよ 命奪う毒含み 絶望へ 誘うけれど 銀河は描く 僅かなキザシ キラリ 空に瞬いた それが コタエ  0と1 過去と未来 黒と白 裏と表 重ね合わせて 見つけ出した 理想だけを 組み替えて[その先に]つながった ア・ア  消せない記憶 痛みを胸に 探し出すと決めたから 迷っても 次に進め 声なき声が 裁く世界で キラリ 光るひとしずく それが 希望彩音磯江俊道江幡育子磯江俊道覚醒の途中で 割り込んだノイズは 秘やかに[知らぬまに] 忍び込み[蝕んで] 壊す[ひずむ]  0と1 過去と未来 黒と白 裏と表 重ね合わせて 見えたものが 色を帯びた 真実は?[ひとつだけ]…オシエテヨ? ド・レ…?  掴めぬ明日が こぼれ落ちても カケラ 拾い集めるよ 繰り返し 何度だって 声なき声が 裁く世界で キラリ 光るひとしずく それが 希望  デジタルの螺旋が 描き出すビジョンは 艶やかに[物憂げに] 微笑んで[鮮やかに] 瞞す[ゆがむ]  月と星 陰と陽 罪と罰 影と光 境目の罠 気をつけても 避けられない それはナニ?[ワカラナイ]…オシエテヨ? ネ・エ…?  悲しく咲いた 花がゆれるよ 命奪う毒含み 絶望へ 誘うけれど 銀河は描く 僅かなキザシ キラリ 空に瞬いた それが コタエ  0と1 過去と未来 黒と白 裏と表 重ね合わせて 見つけ出した 理想だけを 組み替えて[その先に]つながった ア・ア  消せない記憶 痛みを胸に 探し出すと決めたから 迷っても 次に進め 声なき声が 裁く世界で キラリ 光るひとしずく それが 希望
for Dearestあの日のMemories melody 響けforever your love リンカネーション光と影が 新しい夢を運んで がむしゃらに走る背中は ORANGEの夕陽に消えた ときに僕らは 未来まで うしないそうでも  あの日のMemories 消せないMemories melody for Dearest 溢れる想い色付く世界 響けforever your love  変わらぬ笑顔たち 白い世界で もう一度 会いたい  想いをまた言葉にしたら今より強くなれるかな 新しく生まれた奇跡 何度でも抱きしめたいよ  やっと見つけた この場所に想いが届けば  優しいMemories 重ねたMemories melody for Dearest 輝きながら空の彼方へ 響けforever your love  あの日のMemories 消せないMemories melody for Dearest 溢れる想い色付く世界 響けforever your love  季節は廻っても かけがえのない 未来へと繋いで...彩音彩音TatshTatshあの日のMemories melody 響けforever your love リンカネーション光と影が 新しい夢を運んで がむしゃらに走る背中は ORANGEの夕陽に消えた ときに僕らは 未来まで うしないそうでも  あの日のMemories 消せないMemories melody for Dearest 溢れる想い色付く世界 響けforever your love  変わらぬ笑顔たち 白い世界で もう一度 会いたい  想いをまた言葉にしたら今より強くなれるかな 新しく生まれた奇跡 何度でも抱きしめたいよ  やっと見つけた この場所に想いが届けば  優しいMemories 重ねたMemories melody for Dearest 輝きながら空の彼方へ 響けforever your love  あの日のMemories 消せないMemories melody for Dearest 溢れる想い色付く世界 響けforever your love  季節は廻っても かけがえのない 未来へと繋いで...
不規則性エントロピー誰かの嘘がまた 誰かを傷つけ 誰かの嘘がまた 誰かを護った 歪んだ景色 やがて螺線へ 落ちる感覚 痛みに震え 口かみ殺す  笑い合い 悲しみ分け合い 掛け替えのない 特別な場面 絆はずっと ここに在るよね 無自覚に 打ち鳴らす鼓動 明確な 命の証明 落ちる影(不意なる) うしろの正面───  天高く 描かれた 空の色は 蒼くて 無限回 繰り返す まるでそれは 箱庭 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる  群がる価値観に 芽生えゆく不信 視線は宙を舞い 狂気に囚われ 正しい事や 人の痛みさえも いとわない 異形文脈 かなり重症  命さえ 行方も分からぬ 忌まわしき 小さなこの世界で 絆はずっと 離れたくない 君のその 真っ直ぐな瞳 変えられる 新しい明日 理想並べ(不安を) かき消したいだけ───  真実を知らぬまま 沢山の想い出と 風強く 吹きつける 大いなる海へ出る 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる  天高く 描かれた 空の色は 蒼くて 無限回 繰り返す まるでそれは 箱庭 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる彩音志倉千代丸志倉千代丸悠木真一誰かの嘘がまた 誰かを傷つけ 誰かの嘘がまた 誰かを護った 歪んだ景色 やがて螺線へ 落ちる感覚 痛みに震え 口かみ殺す  笑い合い 悲しみ分け合い 掛け替えのない 特別な場面 絆はずっと ここに在るよね 無自覚に 打ち鳴らす鼓動 明確な 命の証明 落ちる影(不意なる) うしろの正面───  天高く 描かれた 空の色は 蒼くて 無限回 繰り返す まるでそれは 箱庭 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる  群がる価値観に 芽生えゆく不信 視線は宙を舞い 狂気に囚われ 正しい事や 人の痛みさえも いとわない 異形文脈 かなり重症  命さえ 行方も分からぬ 忌まわしき 小さなこの世界で 絆はずっと 離れたくない 君のその 真っ直ぐな瞳 変えられる 新しい明日 理想並べ(不安を) かき消したいだけ───  真実を知らぬまま 沢山の想い出と 風強く 吹きつける 大いなる海へ出る 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる  天高く 描かれた 空の色は 蒼くて 無限回 繰り返す まるでそれは 箱庭 幼き動機の共鳴 結ばれた糸先は 狂気と惨劇の舞台へ 繋がってる
Fractal Tree素晴らしい世界があった 光に満ちた楽園 すぐここにおいでよ 不思議の種になろう  遠いあの日の約束が 急に蘇り 蒼き守り神の声を 探せないまま 遠くなる I will face to face  激しい雨も 止まない風も「想い出」 じゃない 無機質なメモリー 優しい嘘も あるく歩幅も キミの香りも 見失いそうだよ タイムリミット 忘却の彼方へと(Fractal Tree) 手と手を重ねて 確かな温もりを  弱気で無い物ねだり いつも誰かに焦がれて 夢醒めないように 瞳は閉じまま  決して一人にはしないと 言ったあの言葉 今も繋がっていますか? とりとめのない 切なさが I will face to face  まぶしい空も 輝く星も「偶然」 じゃない 必然のセオリー 涙のキスも ケンカの夜も キミの瞳も 消えてしまいそうで ガラスの街に 逃げてゆく あの歌が(Fractal Tree) 降り出した星を 奇跡と呼びたくて  もしもこの夜空を越えて キミに会えるなら きっと奇跡と呼べるから もう迷わずに飛び立てる I will face to face  激しい雨も 止まない風も「想い出」 じゃない 無機質なメモリー 優しい嘘も あるく歩幅も キミの香りも 見失いそうだよ 二人の愛が 永遠に変わるなら(Fractal Tree) この身を捧げる…彩音志倉千代丸志倉千代丸素晴らしい世界があった 光に満ちた楽園 すぐここにおいでよ 不思議の種になろう  遠いあの日の約束が 急に蘇り 蒼き守り神の声を 探せないまま 遠くなる I will face to face  激しい雨も 止まない風も「想い出」 じゃない 無機質なメモリー 優しい嘘も あるく歩幅も キミの香りも 見失いそうだよ タイムリミット 忘却の彼方へと(Fractal Tree) 手と手を重ねて 確かな温もりを  弱気で無い物ねだり いつも誰かに焦がれて 夢醒めないように 瞳は閉じまま  決して一人にはしないと 言ったあの言葉 今も繋がっていますか? とりとめのない 切なさが I will face to face  まぶしい空も 輝く星も「偶然」 じゃない 必然のセオリー 涙のキスも ケンカの夜も キミの瞳も 消えてしまいそうで ガラスの街に 逃げてゆく あの歌が(Fractal Tree) 降り出した星を 奇跡と呼びたくて  もしもこの夜空を越えて キミに会えるなら きっと奇跡と呼べるから もう迷わずに飛び立てる I will face to face  激しい雨も 止まない風も「想い出」 じゃない 無機質なメモリー 優しい嘘も あるく歩幅も キミの香りも 見失いそうだよ 二人の愛が 永遠に変わるなら(Fractal Tree) この身を捧げる…
フラストレーション瞬間のニュアンス 言葉には出来ない 振り返る事さえ 許されないまま 引き寄せ合う  数え切れない程の 道しるべが 朽ち果てるもどこかへ 誘うよう 振り向きざま 引き寄せられる 偽装の必然 非日常の境界へ───  あの日の悲しみ 痛みと 命の温もりさえ 時を超えるように 感じるから 不思議なカケラの 揺らぎが 奇跡を 呼び覚ませば 今ここに 証される 解き放てフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実  善悪のイミテーション 不都合な何かを ちぐはぐな言動 理性はほころび 狂気になる  踏み込んではいけない その神域 過剰な胸騒ぎが 執着する 視線はもう 囚われたまま 歪んだアドレス 非現実の結界へ───  あの日の憎しみ 去りゆく 時間に閉ざしたもの 罪と罰の 謡は 鳴り止まない 大袈裟でもなく 自分を信じて 強くなれる 過去が今 語り出す 蘇るフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実  あの日の悲しみ 痛みと 命の温もりさえ 時を超えるように 感じるから 不思議なカケラの 揺らぎが 奇跡を 呼び覚ませば 今ここに 証される 解き放てフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実彩音志倉千代丸志倉千代丸伊藤俊瞬間のニュアンス 言葉には出来ない 振り返る事さえ 許されないまま 引き寄せ合う  数え切れない程の 道しるべが 朽ち果てるもどこかへ 誘うよう 振り向きざま 引き寄せられる 偽装の必然 非日常の境界へ───  あの日の悲しみ 痛みと 命の温もりさえ 時を超えるように 感じるから 不思議なカケラの 揺らぎが 奇跡を 呼び覚ませば 今ここに 証される 解き放てフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実  善悪のイミテーション 不都合な何かを ちぐはぐな言動 理性はほころび 狂気になる  踏み込んではいけない その神域 過剰な胸騒ぎが 執着する 視線はもう 囚われたまま 歪んだアドレス 非現実の結界へ───  あの日の憎しみ 去りゆく 時間に閉ざしたもの 罪と罰の 謡は 鳴り止まない 大袈裟でもなく 自分を信じて 強くなれる 過去が今 語り出す 蘇るフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実  あの日の悲しみ 痛みと 命の温もりさえ 時を超えるように 感じるから 不思議なカケラの 揺らぎが 奇跡を 呼び覚ませば 今ここに 証される 解き放てフラストレーション その時が もう始まる 全てを繋げる 一つの真実
Fullmoon Rhapsody鎖した扉を軽くノックした わずかに差し込む光が見えた 僕ら誰もホントは分かってた事 最初から隣りにいたんだ  全ての終わりが始まる時が 激しく優しく音を立てれば 動き出した運命 抗えない だけど今は1人じゃない  ひとり ふたり 何度も何度も 祈る思い願い 集めて  奏でるこの旋律 守りたいものがあるから この胸貫く 紡いでゆくラプソディ 今こころ重ね合わせたなら call 響く  「信じる」なんて言葉に興味はない 疑うことも忘れていただけ いつの間にか満ちてく光と影 同じ月を見上げてた  目と目 手と手 何度も何度も 繋ぐ強く強く 確かに  止まないこの旋律 脱ぎ捨てた僕の弱さも 消してくれるだろう 今を歌うラプソディ 遠く離れても共鳴する call 響く  ひとり ふたり 何度も何度も 祈る思い願い 叫ぶよ  奏でるこの旋律 守りたいものがあるから この胸貫く 紡いでゆくラプソディ 今こころ重ね合わせたなら call そう  止まないこの旋律 脱ぎ捨てた僕の弱さも 消してくれるだろう 今を歌うラプソディ 遠く離れても共鳴する call 響く彩音きゅーこ上野浩司上野浩司鎖した扉を軽くノックした わずかに差し込む光が見えた 僕ら誰もホントは分かってた事 最初から隣りにいたんだ  全ての終わりが始まる時が 激しく優しく音を立てれば 動き出した運命 抗えない だけど今は1人じゃない  ひとり ふたり 何度も何度も 祈る思い願い 集めて  奏でるこの旋律 守りたいものがあるから この胸貫く 紡いでゆくラプソディ 今こころ重ね合わせたなら call 響く  「信じる」なんて言葉に興味はない 疑うことも忘れていただけ いつの間にか満ちてく光と影 同じ月を見上げてた  目と目 手と手 何度も何度も 繋ぐ強く強く 確かに  止まないこの旋律 脱ぎ捨てた僕の弱さも 消してくれるだろう 今を歌うラプソディ 遠く離れても共鳴する call 響く  ひとり ふたり 何度も何度も 祈る思い願い 叫ぶよ  奏でるこの旋律 守りたいものがあるから この胸貫く 紡いでゆくラプソディ 今こころ重ね合わせたなら call そう  止まないこの旋律 脱ぎ捨てた僕の弱さも 消してくれるだろう 今を歌うラプソディ 遠く離れても共鳴する call 響く
Private place君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや  虚ろなその瞳 微力な叫び声 迂回する魂よ 触れる事はおろか 近づくことさえも 許されぬ Private place  今、急に手のひらに射し込む 光が妙に熱くて また僕は 心の行き先に 素直に なれるよ あの夢のように...  君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや  舗道に映された 人影も邪魔して ためらいを感じてた 繋ぎ止めた記憶 宛てのない物語 不可思議な Private place  今、君が訪れる未来を どこかで感じてたから また僕は 少しだけ強さを手に入れ ざわめく あの渦の中へ...  空に萌ゆ けぶりのごとき その身を譲らば 夢もちりぬ 水に揺れ さらりゆらりや されど待ち思ひ八百万の夜 愛しや 愛しや  桜散り 君よ待ち人 辺りは静かに色を変えた いにしえに 伝わりし門 是くぐりし者 選ばれ人  君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや彩音志倉千代丸志倉千代丸君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや  虚ろなその瞳 微力な叫び声 迂回する魂よ 触れる事はおろか 近づくことさえも 許されぬ Private place  今、急に手のひらに射し込む 光が妙に熱くて また僕は 心の行き先に 素直に なれるよ あの夢のように...  君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや  舗道に映された 人影も邪魔して ためらいを感じてた 繋ぎ止めた記憶 宛てのない物語 不可思議な Private place  今、君が訪れる未来を どこかで感じてたから また僕は 少しだけ強さを手に入れ ざわめく あの渦の中へ...  空に萌ゆ けぶりのごとき その身を譲らば 夢もちりぬ 水に揺れ さらりゆらりや されど待ち思ひ八百万の夜 愛しや 愛しや  桜散り 君よ待ち人 辺りは静かに色を変えた いにしえに 伝わりし門 是くぐりし者 選ばれ人  君想う 幾万の夜 儚き祈りは天を仰ぐ 風に舞え ひらりゆらりや 此処に同じ時紡ぎ賜え 愛しや 愛しや
プリミディアHello my friend この場所には Hello my dream 両手溢れる again 想い出に泣かされそうになる Hello my friend 知りたかった Hello my dream それはあまりに truth 特別で 優しすぎたウソ  ぎこちない weekday ごまかすだけのハートの形 長く感じた 帰り道はウィークデイ 気がつけば maybe 自分勝手に辛くなったけど 今思えば キミはもっと 傷付いていたのかも?って...treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls このまま変わらないよ かけがえないような 想い出 lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だから今 誓えるこの気持ちが 永遠だと  Hello my friend 強がりとか Hello my dream 本当じゃない again あの時の、あの場所にあるキミへ Hello my friend 「ありがとう」って Hello my dream ただそれだけを truth 伝えたい だから今がある  たよりない weekend 素直になれる自信もなくて 気が引けるような 距離を挟むウィークエンド だけどもう maybe 戸惑う気持ち しまいこまずに それがきっと 最良で 誰かを気遣う事だと...treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls 雨からいつの間にか キラめく雪へと 変わった lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だからもう この手を離さないで 歩いて行こう  treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls このまま変わらないよ かけがえないような 想い出 lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だから今 誓えるこの気持ちが 永遠だと彩音志倉千代丸志倉千代丸Hello my friend この場所には Hello my dream 両手溢れる again 想い出に泣かされそうになる Hello my friend 知りたかった Hello my dream それはあまりに truth 特別で 優しすぎたウソ  ぎこちない weekday ごまかすだけのハートの形 長く感じた 帰り道はウィークデイ 気がつけば maybe 自分勝手に辛くなったけど 今思えば キミはもっと 傷付いていたのかも?って...treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls このまま変わらないよ かけがえないような 想い出 lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だから今 誓えるこの気持ちが 永遠だと  Hello my friend 強がりとか Hello my dream 本当じゃない again あの時の、あの場所にあるキミへ Hello my friend 「ありがとう」って Hello my dream ただそれだけを truth 伝えたい だから今がある  たよりない weekend 素直になれる自信もなくて 気が引けるような 距離を挟むウィークエンド だけどもう maybe 戸惑う気持ち しまいこまずに それがきっと 最良で 誰かを気遣う事だと...treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls 雨からいつの間にか キラめく雪へと 変わった lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だからもう この手を離さないで 歩いて行こう  treasure this  lovely boys & girls in my days lovely boys & girls このまま変わらないよ かけがえないような 想い出 lovely boys & girls in my memories lovely boys & girls だから今 誓えるこの気持ちが 永遠だと
Headway! Buccaneersギラギラ太陽が ジリジリ焦がすよ うねる波 はじける水しぶき キラキラ輝く 未来と財宝 ロマン 胸に熱く押し寄せる  蒼海の彼方 地図にない世界 海賊なら 全部もぎ取れ Are you ready ?  風に乗れ 希望 帆にして 危険・冒険 心が騒ぐ 風を呼べ 雲を追い越せ 自由・遠遊 何処へもゆける 一緒ならばきっとつかめるから 大丈夫 遠く 遠く 彼方 ゆこう  ガンガン 突撃! グズグズ No thank you! デッカイ夢つかむぜ ついてこい! ギリギリ きわどい スリルに酔いしれ 美酒と愛と力 思うまま  凪いだ日ばかりじゃ 退屈すぎるから 海賊なら 戦え奪え Here we go! Yeah!!  嵐呼ぶ 海鳴りの声 事件・難件 ねじ伏せてやる 苦しいほど 笑い飛ばそう 武勇・英雄 瞳のチカラ 昨日までの自分追い越せ今 飛ぼう!  天窓に差し込む光 たとえ かすかな希望としても 隠された秘密暴いて 世界まるごと この手の中に  風に乗れ 希望 帆にして 危険・冒険 心が騒ぐ 風を呼べ 雲を追い越せ 自由・遠遊 何処へもゆける 一緒ならばきっとつかめるから 大丈夫 遠く 遠く 彼方 ゆこう彩音江幡育子大山曜大山曜ギラギラ太陽が ジリジリ焦がすよ うねる波 はじける水しぶき キラキラ輝く 未来と財宝 ロマン 胸に熱く押し寄せる  蒼海の彼方 地図にない世界 海賊なら 全部もぎ取れ Are you ready ?  風に乗れ 希望 帆にして 危険・冒険 心が騒ぐ 風を呼べ 雲を追い越せ 自由・遠遊 何処へもゆける 一緒ならばきっとつかめるから 大丈夫 遠く 遠く 彼方 ゆこう  ガンガン 突撃! グズグズ No thank you! デッカイ夢つかむぜ ついてこい! ギリギリ きわどい スリルに酔いしれ 美酒と愛と力 思うまま  凪いだ日ばかりじゃ 退屈すぎるから 海賊なら 戦え奪え Here we go! Yeah!!  嵐呼ぶ 海鳴りの声 事件・難件 ねじ伏せてやる 苦しいほど 笑い飛ばそう 武勇・英雄 瞳のチカラ 昨日までの自分追い越せ今 飛ぼう!  天窓に差し込む光 たとえ かすかな希望としても 隠された秘密暴いて 世界まるごと この手の中に  風に乗れ 希望 帆にして 危険・冒険 心が騒ぐ 風を呼べ 雲を追い越せ 自由・遠遊 何処へもゆける 一緒ならばきっとつかめるから 大丈夫 遠く 遠く 彼方 ゆこう
星空オルゴール何も知らないままで この時を刻んで 理想だらけのあの夢は 大きくなるばかり 突然のさよならに 約束のゆびきり 真実の鍵はここにあるのに  泣き出しそうな瞳も 溢れ出すこの笑顔も その全てを守りたいよ 隣で寄り添いながら  星天の下で集めた 僕らの勇気の結晶 譲れない決意と確かなこの想いはいつの日でも 心のパズルに描いて LaLaLa  夜空に浮かぶ月 煌めいた光で 静かに輝き続ける 星が隠れてても 言葉の奥にずっと 隠されたpiece どんな時でも見つけてみせるよ  だけどそんな覚悟さえも(Look up at the sky) 言葉では伝える事が出来ないまま明日を迎え(I'm deeply sad) 悔やんで叫んで走る  星天の下で描いた 夢のページをめくる様に 譲れない想いと確かなこの決意は止められない 星空に響くオルゴール  迷いの風がこの髪を揺らしても いつかみたこの景色には 君と僕らが愛したこの世界がある 変わらない だけど新しい  星天の下で感じた 春の陽だまり優しくて あの場所で誓った僕らのこの決意が動き出した 星空に響くオルゴール LaLaLa彩音彩音永塚健登永塚健登何も知らないままで この時を刻んで 理想だらけのあの夢は 大きくなるばかり 突然のさよならに 約束のゆびきり 真実の鍵はここにあるのに  泣き出しそうな瞳も 溢れ出すこの笑顔も その全てを守りたいよ 隣で寄り添いながら  星天の下で集めた 僕らの勇気の結晶 譲れない決意と確かなこの想いはいつの日でも 心のパズルに描いて LaLaLa  夜空に浮かぶ月 煌めいた光で 静かに輝き続ける 星が隠れてても 言葉の奥にずっと 隠されたpiece どんな時でも見つけてみせるよ  だけどそんな覚悟さえも(Look up at the sky) 言葉では伝える事が出来ないまま明日を迎え(I'm deeply sad) 悔やんで叫んで走る  星天の下で描いた 夢のページをめくる様に 譲れない想いと確かなこの決意は止められない 星空に響くオルゴール  迷いの風がこの髪を揺らしても いつかみたこの景色には 君と僕らが愛したこの世界がある 変わらない だけど新しい  星天の下で感じた 春の陽だまり優しくて あの場所で誓った僕らのこの決意が動き出した 星空に響くオルゴール LaLaLa
忘却の剣涙さえ枯れ果てた 無気力な心が 光さえ閉ざしたまま 影を落とす  哀しみの空は 消せない記憶たち この身体まで 引き裂くほどに逆らえず  I wanna close to you I wanna be with you キミが側にいてくれるだけで 他には何も望まないよ 赤い雨が降り注ぐ夜 震えるこの心支えて欲しい 寄り添う二人 I don't wanna leave me alone  叫んでも悔やんでも 届かないこの声 心まで折れそうになって 泣き出しそうだよ  愛が苦しみを 越えた最期の夜 冷たくなった 僕が優しく抱きしめて  I wanna close to you I wanna be with you 償えない償いが積もる もう命さえ惜しくもない with promise once you belived You should have knew the endsweet こんな世界でも希望を抱いた 安らかな眠り Only We lie in the hole of fate  I wanna close to you I wanna be with you How you give me still in love forever this alone night however I can be free,forever with you love Don't you leave me alone I wanna close to you I want you to support this heart to shake with eternally I don't care who you be free I don't wanna leave me alone彩音彩音Tatsh清水永之涙さえ枯れ果てた 無気力な心が 光さえ閉ざしたまま 影を落とす  哀しみの空は 消せない記憶たち この身体まで 引き裂くほどに逆らえず  I wanna close to you I wanna be with you キミが側にいてくれるだけで 他には何も望まないよ 赤い雨が降り注ぐ夜 震えるこの心支えて欲しい 寄り添う二人 I don't wanna leave me alone  叫んでも悔やんでも 届かないこの声 心まで折れそうになって 泣き出しそうだよ  愛が苦しみを 越えた最期の夜 冷たくなった 僕が優しく抱きしめて  I wanna close to you I wanna be with you 償えない償いが積もる もう命さえ惜しくもない with promise once you belived You should have knew the endsweet こんな世界でも希望を抱いた 安らかな眠り Only We lie in the hole of fate  I wanna close to you I wanna be with you How you give me still in love forever this alone night however I can be free,forever with you love Don't you leave me alone I wanna close to you I want you to support this heart to shake with eternally I don't care who you be free I don't wanna leave me alone
魔女っ子メグちゃんシャランラシャランラ シャラライェーイェ シャララ… シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ  子どもだなんて おもったら おおまちがいよ 女の子 ふたつのむねの ふくらみは なんでもできる しょうこなの おけしょうなんかは しなくても あなたはわたしに もうむちゅう しんじゅのなみだを うかべたら 男の子なんて いちころよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  シャランラシャランラ シャラライェーイェ シャララ… シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ ラ イェイェイ シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ  知らないなんて おもったら こうかいするわ 女の子 ひとみのあまい かがやきは なんでもわかる しょうこなの すきだとことばに しなくても あなたはわたしに こいしてる かわいいくちびる ひらいたら 男の子なんて いいなりよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  おけしょうなんかは しなくても あなたはわたしに もうむちゅう しんじゅのなみだを うかべたら 男の子なんて いちころよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  シャランラ彩音千家和也渡辺岳夫シャランラシャランラ シャラライェーイェ シャララ… シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ  子どもだなんて おもったら おおまちがいよ 女の子 ふたつのむねの ふくらみは なんでもできる しょうこなの おけしょうなんかは しなくても あなたはわたしに もうむちゅう しんじゅのなみだを うかべたら 男の子なんて いちころよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  シャランラシャランラ シャラライェーイェ シャララ… シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ ラ イェイェイ シャランラシャランラ ヘイヘヘイ イェイェイ シャランラ  知らないなんて おもったら こうかいするわ 女の子 ひとみのあまい かがやきは なんでもわかる しょうこなの すきだとことばに しなくても あなたはわたしに こいしてる かわいいくちびる ひらいたら 男の子なんて いいなりよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  おけしょうなんかは しなくても あなたはわたしに もうむちゅう しんじゅのなみだを うかべたら 男の子なんて いちころよ 魔女っ子メグは 魔女っ子メグは あなたの心に しのびこむ しのびこむ  シャランラ
未来へのリゾルブ夢と希望のフェイダー 変化したディメンションが トライアングルみたいに 新次元まで 目に映るもの全て 囚われた記憶でも 前に進む為だと 誓った  いつか描いた 夢と 未来のビジョン 叶えよう 強い心で  未来生きる決意が 本当の愛をつくる いつの日か望んだ それぞれの夢の先へと あの空へと 羽ばたく 未来の証は 忘れないよ今も 全ての女神達に届け!  光と影のクロスフェード 渦巻いてる闇のフェイト ファインダー研ぎ澄まして 新次元まで 迷う事から逃げて 守りたいから明日へ 同じ夢をみたくて 祈った  きっといつかは 全て 分ち合える 繋いだ 絆があれば  傷つき傷つけられた 過去に縛られても 忘れたくない夢 全ての女神達に届け!  可能性がゼロでも 諦めきれない 信じる事で 今が変わる  もう一度あの世界へ 遥かな旅へ… 未来生きる決意は 本当の愛をつくる いつの日か望んだ それぞれの夢の先へと あの空へと 羽ばたく 未来の証は 忘れないよ今も 全ての女神達に届け!彩音彩音ミヤハラ信哉Heigo Tani・ミヤハラ信哉夢と希望のフェイダー 変化したディメンションが トライアングルみたいに 新次元まで 目に映るもの全て 囚われた記憶でも 前に進む為だと 誓った  いつか描いた 夢と 未来のビジョン 叶えよう 強い心で  未来生きる決意が 本当の愛をつくる いつの日か望んだ それぞれの夢の先へと あの空へと 羽ばたく 未来の証は 忘れないよ今も 全ての女神達に届け!  光と影のクロスフェード 渦巻いてる闇のフェイト ファインダー研ぎ澄まして 新次元まで 迷う事から逃げて 守りたいから明日へ 同じ夢をみたくて 祈った  きっといつかは 全て 分ち合える 繋いだ 絆があれば  傷つき傷つけられた 過去に縛られても 忘れたくない夢 全ての女神達に届け!  可能性がゼロでも 諦めきれない 信じる事で 今が変わる  もう一度あの世界へ 遥かな旅へ… 未来生きる決意は 本当の愛をつくる いつの日か望んだ それぞれの夢の先へと あの空へと 羽ばたく 未来の証は 忘れないよ今も 全ての女神達に届け!
眼鏡な理由いつでも君と同じ景色が見たくて ガラス越しに覗いた笑顔 思い浮かべてる  占い通りにいかず予報ハズレの 天気雨が降っても 心は?変わらない  眼鏡の魔法☆ 僕に少し勇気と希望の種とチャンスを下さい 早くこの思いを伝えたい  大好きな君が笑う そのレンズの奥は まだ僕も知らない 素敵な世界がある 見つめられる度 ドキドキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 明日もまた君に惹かれてく  子供の頃から見慣れてる景色でも 大人になったら気持ちとか変わってしまうかな?  そんな時は少しだけ立ち止まってみよう 振り返ればそこには 大きな夢がある  眼鏡の魔法☆ 沢山の夢のせて君に思い届けてくれたね 知らない僕にも出会えたよ  大好きな君の隣 奇跡みたいだけど ずっと続きます様に そっと眸を閉じた 柔らかい風が 新しい季節を この場所に運んでくれて 今日もまた君に恋をして・恋をする  弱気な僕だけど 君を守りたいんだ この気持ちは誰にも負けない 嘘じゃないよ  大好きな君を思う これからも二人で まだ誰も知らない 素敵な世界創ろう 見つめられる度 トキメキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 今日もまた君に...  大好きな君が笑う そのレンズの奥は まだ僕も知らない 素敵な世界がある 見つめられる度 ドキドキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 明日もまた君に惹かれてく これからも ずっと彩音彩音平間亮之介いつでも君と同じ景色が見たくて ガラス越しに覗いた笑顔 思い浮かべてる  占い通りにいかず予報ハズレの 天気雨が降っても 心は?変わらない  眼鏡の魔法☆ 僕に少し勇気と希望の種とチャンスを下さい 早くこの思いを伝えたい  大好きな君が笑う そのレンズの奥は まだ僕も知らない 素敵な世界がある 見つめられる度 ドキドキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 明日もまた君に惹かれてく  子供の頃から見慣れてる景色でも 大人になったら気持ちとか変わってしまうかな?  そんな時は少しだけ立ち止まってみよう 振り返ればそこには 大きな夢がある  眼鏡の魔法☆ 沢山の夢のせて君に思い届けてくれたね 知らない僕にも出会えたよ  大好きな君の隣 奇跡みたいだけど ずっと続きます様に そっと眸を閉じた 柔らかい風が 新しい季節を この場所に運んでくれて 今日もまた君に恋をして・恋をする  弱気な僕だけど 君を守りたいんだ この気持ちは誰にも負けない 嘘じゃないよ  大好きな君を思う これからも二人で まだ誰も知らない 素敵な世界創ろう 見つめられる度 トキメキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 今日もまた君に...  大好きな君が笑う そのレンズの奥は まだ僕も知らない 素敵な世界がある 見つめられる度 ドキドキが止まらない 同じ気持ちになりたくて 明日もまた君に惹かれてく これからも ずっと
揺籃より愛を込めてお祭りの終わり 夜は更けて 嘆きの森へ 振り返らず  この運命、この糸を 誰に繋いだのだろうか 縫い留めて初めて気付いた縁  子供たち お聴きなさい 脈々と流るる 重ねて染め上げた 罪の子守歌 人の子には この罰を背負わせなくていい 許された六月 君も、とおりゃんせ…  お祭りの帰り ボクの隣 指切りしたら 戻れないの  今宵の音 谺する 誰の悲鳴なのだろうか 泥濘を這い出て 手の鳴る方へ  子供たち 謡いなさい 脈々と流るる 重ねて染め上げた 罪の子守歌 人の子には この罰を背負わせたくはない 許された六月 君も、とおりゃんせ…  この村に伝わる物語 人と鬼たちの悲しい定め 「幾度 血ヲ流すノか?」 「共ニ 生キられルか?」 問い掛けるハ オヤシロサマ……  もう一度 歌いましょう 脈々と流るる 彩り結い上げた ボクの子守歌 人の子らよ この罪を許さなくてもいい 何度目の六月? みんな、とおりゃんせ…彩音佐倉かなえdaixakiお祭りの終わり 夜は更けて 嘆きの森へ 振り返らず  この運命、この糸を 誰に繋いだのだろうか 縫い留めて初めて気付いた縁  子供たち お聴きなさい 脈々と流るる 重ねて染め上げた 罪の子守歌 人の子には この罰を背負わせなくていい 許された六月 君も、とおりゃんせ…  お祭りの帰り ボクの隣 指切りしたら 戻れないの  今宵の音 谺する 誰の悲鳴なのだろうか 泥濘を這い出て 手の鳴る方へ  子供たち 謡いなさい 脈々と流るる 重ねて染め上げた 罪の子守歌 人の子には この罰を背負わせたくはない 許された六月 君も、とおりゃんせ…  この村に伝わる物語 人と鬼たちの悲しい定め 「幾度 血ヲ流すノか?」 「共ニ 生キられルか?」 問い掛けるハ オヤシロサマ……  もう一度 歌いましょう 脈々と流るる 彩り結い上げた ボクの子守歌 人の子らよ この罪を許さなくてもいい 何度目の六月? みんな、とおりゃんせ…
libra -AYANE SoloVer.-Trap 挑みなさい 私に Hate 受けてみせる 全てを Game for life or Death  あなたがただそばにいたら 満たされてるはずだったのに どうしてこんなに すれ違っていくの? ひとつのカケラにいつしか 違う奇跡が交わって 2人の約束 さえも奪った  取り戻したい あなたの心 彩った夢を 砕いて 絶対の意志は 二重に連なる 黒に 塗れ ブレイクアウト  駆け引きの奥底 じゃれあって あなたを求め 拒んで 迷う 引き合う 離れることなんて 決して出来ないと 知らしめるまで 追い詰める give me more Liberty or loneliness 天秤にかけて  あらがえない惨劇へと 突き落とされ続けてても 結局願いは 捨てられないまま 私にとっての希望が あなたに傷をつけていく それなら このまま 幕を引きましょう  憂いを帯びた あなたの瞳 解らないふりを しながら 間近にせまった 未来の行方は 違う場所へ フェードアウト  握りしめた拳 交わし合い 銀河の果てまで 混ざり続ける 一緒に 狂おしくも 馬鹿げた この戯れを 何度でもずっと 繰り返す close to you  思えば思うほど 胸を刺す 薄まることない 寂しさ 抱いて 漂う 離れることなんて 決して出来ないと 認めないなら 許さない to the end Liberty or loneliness 天秤は揺れる彩音本木咲黒M.Zakkyxaki・M.ZakkyTrap 挑みなさい 私に Hate 受けてみせる 全てを Game for life or Death  あなたがただそばにいたら 満たされてるはずだったのに どうしてこんなに すれ違っていくの? ひとつのカケラにいつしか 違う奇跡が交わって 2人の約束 さえも奪った  取り戻したい あなたの心 彩った夢を 砕いて 絶対の意志は 二重に連なる 黒に 塗れ ブレイクアウト  駆け引きの奥底 じゃれあって あなたを求め 拒んで 迷う 引き合う 離れることなんて 決して出来ないと 知らしめるまで 追い詰める give me more Liberty or loneliness 天秤にかけて  あらがえない惨劇へと 突き落とされ続けてても 結局願いは 捨てられないまま 私にとっての希望が あなたに傷をつけていく それなら このまま 幕を引きましょう  憂いを帯びた あなたの瞳 解らないふりを しながら 間近にせまった 未来の行方は 違う場所へ フェードアウト  握りしめた拳 交わし合い 銀河の果てまで 混ざり続ける 一緒に 狂おしくも 馬鹿げた この戯れを 何度でもずっと 繰り返す close to you  思えば思うほど 胸を刺す 薄まることない 寂しさ 抱いて 漂う 離れることなんて 決して出来ないと 認めないなら 許さない to the end Liberty or loneliness 天秤は揺れる
radio magic君の夢を叶えたい radio magic そう この声にのせて……  ちょっと早く目覚めたって 起きたなら もうお昼だって 大丈夫さ Yes! 最高のイチニチのはじまり ベッドサイド radio turn on favorite デニムをSlip on この街のどこかへ Let's go! 気ままに走ろう  Uh……流れ出した カラフルなメロディ 心のチューニングあわせて  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) ひそかな願いほど言葉にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう この声にのせて……radio magic  Teenage の頃にはMidnight 長電話が楽しくなって ママによく怒られたっけ 懐かしいあの頃  Uh……待ち合わせた 夕暮れの改札 にじんだMusic 想い出  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) 小さな恋心、大事にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう いつかのわたしへ……radio magic  君の夢を叶えたい radio magic そう この声にのせて……  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) ひそかな願いほど言葉にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう この声にのせて……radio magic彩音桃井はるこ桃井はるこ千葉"naotyu-"直樹君の夢を叶えたい radio magic そう この声にのせて……  ちょっと早く目覚めたって 起きたなら もうお昼だって 大丈夫さ Yes! 最高のイチニチのはじまり ベッドサイド radio turn on favorite デニムをSlip on この街のどこかへ Let's go! 気ままに走ろう  Uh……流れ出した カラフルなメロディ 心のチューニングあわせて  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) ひそかな願いほど言葉にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう この声にのせて……radio magic  Teenage の頃にはMidnight 長電話が楽しくなって ママによく怒られたっけ 懐かしいあの頃  Uh……待ち合わせた 夕暮れの改札 にじんだMusic 想い出  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) 小さな恋心、大事にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう いつかのわたしへ……radio magic  君の夢を叶えたい radio magic そう この声にのせて……  君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) ひそかな願いほど言葉にして 君の夢をきかせて(君の夢をきかせて) radio magic そう この声にのせて……radio magic
ribbon大きな宇宙に浮かぶ無数の星の中で キミに出逢ったね それが奇跡へと変わる  I'm knocking your heart 今 感じて欲しいから この胸にある全て 笑顔も涙も 夕暮れの風 途切れた言葉さえ 大切な1ページ I believe a memory  目に見えない 羽はいつか 悲しみで 涙色になった だけどボクは君と出逢い 夢を信じた 風のように空へ高く 突き抜けろ 光にむかって 遥かなる時が二人を導いて 迷いという名の霧さえ越えて行ける  空とこの星を つなぐすきま 広い世界で 沢山のストーリー 描いてゆく 今こうして  I'm knocking your heart 今 窓辺の片隅で 落書きするキミの 無邪気な瞳 願いをかけた 星のシルエットに 誓った夢のかけら I believe a memory  雨に打たれ そして花は 今以上 輝きをまとう その小さな力さえ 勇気をくれた キミとボクで 描いてきた この道の先に輝いた その場所はきっと光が溢れてる 途切れないこの想いが明日に変わる  I'm knocking your heart 今 感じて欲しいから この胸にある全て 笑顔も涙も 夕暮れの風 途切れた言葉さえ 大切な1ページ I believe a memory 目に見えない 羽はいつか 悲しみで 涙色になった だけどボクは君と出逢い 夢を信じた 風のように空へ高く 突き抜けろ 光にむかって 遥かなる時が二人を導いて 迷いという名の霧さえ越えて行ける彩音志倉千代丸志倉千代丸大きな宇宙に浮かぶ無数の星の中で キミに出逢ったね それが奇跡へと変わる  I'm knocking your heart 今 感じて欲しいから この胸にある全て 笑顔も涙も 夕暮れの風 途切れた言葉さえ 大切な1ページ I believe a memory  目に見えない 羽はいつか 悲しみで 涙色になった だけどボクは君と出逢い 夢を信じた 風のように空へ高く 突き抜けろ 光にむかって 遥かなる時が二人を導いて 迷いという名の霧さえ越えて行ける  空とこの星を つなぐすきま 広い世界で 沢山のストーリー 描いてゆく 今こうして  I'm knocking your heart 今 窓辺の片隅で 落書きするキミの 無邪気な瞳 願いをかけた 星のシルエットに 誓った夢のかけら I believe a memory  雨に打たれ そして花は 今以上 輝きをまとう その小さな力さえ 勇気をくれた キミとボクで 描いてきた この道の先に輝いた その場所はきっと光が溢れてる 途切れないこの想いが明日に変わる  I'm knocking your heart 今 感じて欲しいから この胸にある全て 笑顔も涙も 夕暮れの風 途切れた言葉さえ 大切な1ページ I believe a memory 目に見えない 羽はいつか 悲しみで 涙色になった だけどボクは君と出逢い 夢を信じた 風のように空へ高く 突き抜けろ 光にむかって 遥かなる時が二人を導いて 迷いという名の霧さえ越えて行ける
龍刻の彼方へ淡くて透明な 君の存在が こんなに近くで 温もりをくれる  いつしか夢は叶うと 信じるならば 決して負けない剣にもなる  瞬き 舞散る 雪結晶に 差し込む光は 永遠の輝き 優しき流るる 龍刻の河 新しき夢の場所 遥かなる想いを信じて  勇気のかけらが 最初は無くても 誰かを想うと それが力になる  途切れぬように祈った 無限の空が 今もこうして包んでくれる  木漏れ日 喜び 雪解けの花 引歌に語る 窓の景色よ 可憐に上らん 龍刻の空 穏やかな季節への 確かなる想いに変わるよ  瞬き 舞散る 雪結晶に 差し込む光は 永遠の輝き 優しき流るる 龍刻の河 新しき夢の場所 遥かなる想いを信じて  静かに色付く この時空の中で 重ねた気持ちは 永遠と呼べる彩音志倉千代丸志倉千代丸淡くて透明な 君の存在が こんなに近くで 温もりをくれる  いつしか夢は叶うと 信じるならば 決して負けない剣にもなる  瞬き 舞散る 雪結晶に 差し込む光は 永遠の輝き 優しき流るる 龍刻の河 新しき夢の場所 遥かなる想いを信じて  勇気のかけらが 最初は無くても 誰かを想うと それが力になる  途切れぬように祈った 無限の空が 今もこうして包んでくれる  木漏れ日 喜び 雪解けの花 引歌に語る 窓の景色よ 可憐に上らん 龍刻の空 穏やかな季節への 確かなる想いに変わるよ  瞬き 舞散る 雪結晶に 差し込む光は 永遠の輝き 優しき流るる 龍刻の河 新しき夢の場所 遥かなる想いを信じて  静かに色付く この時空の中で 重ねた気持ちは 永遠と呼べる
Lunatic Tears...赤き夜に堕ちて 刹那に散りゆく運命 キミは何を望む? No way to get out one way 逃げる為の術もなく ただ立ち向かうだけ I wanna see your heart  夢と現実の間 過去と未来の狭間 矛盾だらけの世界 彷徨い続けてた  儚きキミの願いよ 幾つもの鼓動が生まれ変わり 悲しみにもよく似た キミの嘆き聞こえ叫びだす炎  黒き月が迫り 赤く燃えゆく空が 贖いを告げても Can't stop believe in your eyes その未来を掴むまで戦い続けたい I gonna find your lights  失われた言葉だけ 胸に綴り刻んだ 偽りの楽園に 別れを告げていた  優しきキミの願いよ 月灯り導き照らし出され 喜びにもよく似た キミの祈り届き溢れ出す涙  赤き夜に浮かぶ 漆黒の月が世界の 終焉を告げても No way to get out one way 胸の奥に潜む闇 この剣(て)で切り裂いて I wanna take your scars  重なる魂よ 瞳に映る真実 変わりゆく世界に Can't stop believe in your eyes 終わる事のない悲劇 この命を捧げ  赤き夜に堕ちて 刹那に散りゆく運命 キミは何を望む? No way to get out one way 逃げる為の術もなく ただ立ち向かうだけ I wanna see your heart  No way to get out one way Inside of you, my tears彩音彩音TatshTatsh赤き夜に堕ちて 刹那に散りゆく運命 キミは何を望む? No way to get out one way 逃げる為の術もなく ただ立ち向かうだけ I wanna see your heart  夢と現実の間 過去と未来の狭間 矛盾だらけの世界 彷徨い続けてた  儚きキミの願いよ 幾つもの鼓動が生まれ変わり 悲しみにもよく似た キミの嘆き聞こえ叫びだす炎  黒き月が迫り 赤く燃えゆく空が 贖いを告げても Can't stop believe in your eyes その未来を掴むまで戦い続けたい I gonna find your lights  失われた言葉だけ 胸に綴り刻んだ 偽りの楽園に 別れを告げていた  優しきキミの願いよ 月灯り導き照らし出され 喜びにもよく似た キミの祈り届き溢れ出す涙  赤き夜に浮かぶ 漆黒の月が世界の 終焉を告げても No way to get out one way 胸の奥に潜む闇 この剣(て)で切り裂いて I wanna take your scars  重なる魂よ 瞳に映る真実 変わりゆく世界に Can't stop believe in your eyes 終わる事のない悲劇 この命を捧げ  赤き夜に堕ちて 刹那に散りゆく運命 キミは何を望む? No way to get out one way 逃げる為の術もなく ただ立ち向かうだけ I wanna see your heart  No way to get out one way Inside of you, my tears
レジリエンス真白の世界だから 光と影があって 真実のドアが 今開くよ  手の平に落ちた 銀の結晶 美しきそのシルエット 儚き命 うるわしいほど 離れてしまう 大切なこの気持ち あの日の言葉  何気ない不意な瞬間に 頬伝い落ちてゆく 涙、ヒトシズク まるで解けない知恵の輪───  止まっていた時間が 動き出した瞬間に 伝えたい声が 大きいほど 宙に舞い 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ  置き去りの過去 どんな痛みも 薄れゆく それこそが 人の強さで 誰かを護る この感情は もう誰も 止められぬ 誓ったあの日  背中合わせ 閉ざされた真実 失くしてた過去が今 想い、アノヒトミ 繋がりゆく運命───  喜びも悲しみも せつなくも儚くて すれ違う想い 映画のように いたずらで 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ  止まっていた時間が 動き出した瞬間に 伝えたい声が 大きいほど 宙に舞い 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ彩音志倉千代丸志倉千代丸真白の世界だから 光と影があって 真実のドアが 今開くよ  手の平に落ちた 銀の結晶 美しきそのシルエット 儚き命 うるわしいほど 離れてしまう 大切なこの気持ち あの日の言葉  何気ない不意な瞬間に 頬伝い落ちてゆく 涙、ヒトシズク まるで解けない知恵の輪───  止まっていた時間が 動き出した瞬間に 伝えたい声が 大きいほど 宙に舞い 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ  置き去りの過去 どんな痛みも 薄れゆく それこそが 人の強さで 誰かを護る この感情は もう誰も 止められぬ 誓ったあの日  背中合わせ 閉ざされた真実 失くしてた過去が今 想い、アノヒトミ 繋がりゆく運命───  喜びも悲しみも せつなくも儚くて すれ違う想い 映画のように いたずらで 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ  止まっていた時間が 動き出した瞬間に 伝えたい声が 大きいほど 宙に舞い 真白の世界だから 光と影があって 残酷に 相反するレジリエンス 真実のドアが 今開くよ
Resonant fragmentsざわめく景色 動けない現実が 無数の影に やがて飲まれていく そっと踏み出す 薄暗い泥濘へ 掴んだ両手を強く強く握り  気高いその眼が 見透かす真実 塞いだ扉をなぞる 裏切り、絶望、全ての過去さえ 包み込むように...  途切れぬまま 奏でる鼓動(こえ)が残した fractions(こえ) 彩られた感情を結ぶ 失えない日々のぬくもり 聞こえないほど小さな嘆き 残さず集めたら 繋ぎ合わせた孤独が今、絆に変わっていく  濁った意図に 惑わされる前に あの日の君の 笑顔思い出す 晒け出された 解け合う幻想へ 僕らは再び深く深く潜る  光を無くした誰かの涙が 冷たい雨へと変わり 滲んだ言葉と共鳴するように 混ざりあっていく  色を変えた世界を越えて 掴む monologue 壊れそうな心を伝い ゆっくりと廻る歯車 形を求め射し込ませた いつかの思い出が 向かい合わせた傷跡 ただ優しく癒やしていく  悲しいほど優雅になびく儚い命が ひとつ、ふたつ、揺らめいた刹那 流れ出す時の彼方に 選び取った『明日』を信じて 歩き続けていく けして消えない希望がこの世界にある限り彩音本木咲黒daixaki・M.Zakkyざわめく景色 動けない現実が 無数の影に やがて飲まれていく そっと踏み出す 薄暗い泥濘へ 掴んだ両手を強く強く握り  気高いその眼が 見透かす真実 塞いだ扉をなぞる 裏切り、絶望、全ての過去さえ 包み込むように...  途切れぬまま 奏でる鼓動(こえ)が残した fractions(こえ) 彩られた感情を結ぶ 失えない日々のぬくもり 聞こえないほど小さな嘆き 残さず集めたら 繋ぎ合わせた孤独が今、絆に変わっていく  濁った意図に 惑わされる前に あの日の君の 笑顔思い出す 晒け出された 解け合う幻想へ 僕らは再び深く深く潜る  光を無くした誰かの涙が 冷たい雨へと変わり 滲んだ言葉と共鳴するように 混ざりあっていく  色を変えた世界を越えて 掴む monologue 壊れそうな心を伝い ゆっくりと廻る歯車 形を求め射し込ませた いつかの思い出が 向かい合わせた傷跡 ただ優しく癒やしていく  悲しいほど優雅になびく儚い命が ひとつ、ふたつ、揺らめいた刹那 流れ出す時の彼方に 選び取った『明日』を信じて 歩き続けていく けして消えない希望がこの世界にある限り
Reckless fire奪え!すべて!この手で! たとえ心傷つけてたとしても 目覚めた本能(ちから) 体を駆けめぐる  言葉は意味を変えて 昨日の真実は今日の嘘になる 誰もが彷徨(さまよ)い 流されてゆくだけ  夢や愛なんて都合のいい幻想 現実(リアル)を踏みしめ 果てしない 未来(あす)へと手を伸ばす  Reckless fireそう大胆に 魂に火をつけろ 逃げ場なんてないさ 嘘も矛盾も飲み干す強さと共に 今は求めない 互いに宿るSympathy 渡せない何かを掴み取るまでは  傷つくのが怖いのか? 上手くズルく生きて楽しいのか? 果てある旅路 何をカッコつける?  教え込まれた理想より 溢れ出す感情を選ぶのさ 予定調和? あくびが出てくる  “誰にもわかるわけない”と苦悩を気取り 冷めた視線(め)でこっちを見るなら 許せない Reflexion  Reckless fire いいかげんなプライドなら灰になれ 奇跡なんてないさ 近寄るのは偽善者の甘い罠 信じるべきもの それは自分自身 譲れない大切な信念(もの) 握りしめて  掴め!すべて!心に! 絶望、失望に打ちのめされても 最後は立ち上がり ひとりのGlorious  避けてゆけぬBattlefield 次の場所へ足跡つけるなら 白い地図を赤く染めても進め  リスクやマイナスならば起爆剤さ 沸き立つ“確信”の矢を 未来(あす)へと解き放つ  Reckless fireそう大胆に 命の術を磨け この世はサバイバル 白か黒か行く道はひとつだけ  Reckless fireそう大胆に 魂に火をつけろ 逃げ場なんてないさ 嘘も矛盾も飲み干す強さと共に  絶やすわけがない この胸の篝火は 揺るぎない本能(ちから)と意志 貫くように彩音酒井ミキオ鈴木Daichi秀行奪え!すべて!この手で! たとえ心傷つけてたとしても 目覚めた本能(ちから) 体を駆けめぐる  言葉は意味を変えて 昨日の真実は今日の嘘になる 誰もが彷徨(さまよ)い 流されてゆくだけ  夢や愛なんて都合のいい幻想 現実(リアル)を踏みしめ 果てしない 未来(あす)へと手を伸ばす  Reckless fireそう大胆に 魂に火をつけろ 逃げ場なんてないさ 嘘も矛盾も飲み干す強さと共に 今は求めない 互いに宿るSympathy 渡せない何かを掴み取るまでは  傷つくのが怖いのか? 上手くズルく生きて楽しいのか? 果てある旅路 何をカッコつける?  教え込まれた理想より 溢れ出す感情を選ぶのさ 予定調和? あくびが出てくる  “誰にもわかるわけない”と苦悩を気取り 冷めた視線(め)でこっちを見るなら 許せない Reflexion  Reckless fire いいかげんなプライドなら灰になれ 奇跡なんてないさ 近寄るのは偽善者の甘い罠 信じるべきもの それは自分自身 譲れない大切な信念(もの) 握りしめて  掴め!すべて!心に! 絶望、失望に打ちのめされても 最後は立ち上がり ひとりのGlorious  避けてゆけぬBattlefield 次の場所へ足跡つけるなら 白い地図を赤く染めても進め  リスクやマイナスならば起爆剤さ 沸き立つ“確信”の矢を 未来(あす)へと解き放つ  Reckless fireそう大胆に 命の術を磨け この世はサバイバル 白か黒か行く道はひとつだけ  Reckless fireそう大胆に 魂に火をつけろ 逃げ場なんてないさ 嘘も矛盾も飲み干す強さと共に  絶やすわけがない この胸の篝火は 揺るぎない本能(ちから)と意志 貫くように
Red Rose Evangel数えきれぬ追憶の傷跡 何をしていても痛む心は 微かに響く詩 その祈り もう一度詠わせて  暗闇でも照らす希望は光となる  祈り捧げ 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 報われない夜には 苦しみさえ 共に抱いてゆこう 今も残像を残して...  導かれて引かれ合って 魂の鼓動 重ねてく 悲しみさえ 今 呼び覚ませ 十字に刻んだ 全ての祈りよ  ザワメク街欲望を跳ね除け 真実の音を信じ詠おう 奏でられるのなら旋律よ もう一度響かせて  彩られた薔薇が可憐な色に魅せる  夢を抱き 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 幻でも運命(さだめ)と 明日へ繋ぎ 己を貫いて 其処に残響が在るなら...  祈り捧げ 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 報われない夜には 苦しみさえ 共に抱いてゆこう 今も残像を残して...  導かれて引かれ合って 魂の鼓動 重ねてく 悲しみさえ 今 呼び覚ませ 十字に刻んだ 全ての祈りよ彩音観阿弥世阿弥数えきれぬ追憶の傷跡 何をしていても痛む心は 微かに響く詩 その祈り もう一度詠わせて  暗闇でも照らす希望は光となる  祈り捧げ 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 報われない夜には 苦しみさえ 共に抱いてゆこう 今も残像を残して...  導かれて引かれ合って 魂の鼓動 重ねてく 悲しみさえ 今 呼び覚ませ 十字に刻んだ 全ての祈りよ  ザワメク街欲望を跳ね除け 真実の音を信じ詠おう 奏でられるのなら旋律よ もう一度響かせて  彩られた薔薇が可憐な色に魅せる  夢を抱き 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 幻でも運命(さだめ)と 明日へ繋ぎ 己を貫いて 其処に残響が在るなら...  祈り捧げ 何度も願うことで僕ら 一つになれる意味を知る 報われない夜には 苦しみさえ 共に抱いてゆこう 今も残像を残して...  導かれて引かれ合って 魂の鼓動 重ねてく 悲しみさえ 今 呼び覚ませ 十字に刻んだ 全ての祈りよ
ロマンシングストーリー小さな傷に背くより 大きな夢へ駆け出そう I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend 肩を組み合うキミの声 記憶の中で笑ってる I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend  Again again 傷ついて開くカギもあるから 不器用でもいい ヘタな言葉でもいい 残されたこのメッセージ  ロマンシングストーリー とぎれたフィルムが今 ロマンシングストーリー 静かに回り出す ロマンシングストーリー それが少しの勇気でも 想い続けたなら願いは叶う  今朝の雨はもうあがったね、空へと続く虹もある I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend 道は突然別れたり、偶然にまた繋いだり I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend  Again again あの日々は 悲しみの色じゃない 未完成だって 心でつながってる 素晴らしいこのキャストなら  ロマンシングストーリー 誰かに傷ついた時も ロマンシングストーリー 誰かが優しくする ロマンシングストーリー 流した涙はいつか キレイな想い出と呼べる日がくる  街中で今 キミと過ごした証が まぶしい程に 輝きだした.. together forever together forever  ロマンシングストーリー とぎれたフィルムが今 ロマンシングストーリー 静かに回り出す ロマンシングストーリー それが少しの勇気でも 想い続けたなら願いは叶う 僕らの大切なキミよ、永遠に彩音志倉千代丸志倉千代丸上野浩司小さな傷に背くより 大きな夢へ駆け出そう I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend 肩を組み合うキミの声 記憶の中で笑ってる I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend  Again again 傷ついて開くカギもあるから 不器用でもいい ヘタな言葉でもいい 残されたこのメッセージ  ロマンシングストーリー とぎれたフィルムが今 ロマンシングストーリー 静かに回り出す ロマンシングストーリー それが少しの勇気でも 想い続けたなら願いは叶う  今朝の雨はもうあがったね、空へと続く虹もある I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend 道は突然別れたり、偶然にまた繋いだり I know We need you everyday I know We need you everyday I know We need you smile. dear My friend  Again again あの日々は 悲しみの色じゃない 未完成だって 心でつながってる 素晴らしいこのキャストなら  ロマンシングストーリー 誰かに傷ついた時も ロマンシングストーリー 誰かが優しくする ロマンシングストーリー 流した涙はいつか キレイな想い出と呼べる日がくる  街中で今 キミと過ごした証が まぶしい程に 輝きだした.. together forever together forever  ロマンシングストーリー とぎれたフィルムが今 ロマンシングストーリー 静かに回り出す ロマンシングストーリー それが少しの勇気でも 想い続けたなら願いは叶う 僕らの大切なキミよ、永遠に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 宿命
  3. Dear
  4. 夢幻
  5. 相思相愛

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. 永久 -トコシエ-
  5. hanataba

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×