試聴する

踵鳴る

この曲の表示回数 19,459
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

吉野寿


窓を叩く空は
割れる様に笑うよ
汚れ眼鏡が青く染まれば
足を鳴らして俺も笑うよ

どうもこうも無い
只、それだけだ
一握の生命のカケラだ
行けば帰らざる雲が行きゃ
俺は口笛を吹きまくるさ

解答は知らない
教典はいらない
歩く踵がそれを識るだろう
朝の地鳴りが告げるだろう

怠く横たわる川面の憂鬱を
赤く煮え立つ空が染めれば
俺は涙をそこに捨てるよ

日も暮れた帰ろうかな
午後六時 全てが遠いが
それを誰一人尋ねども
血巡り季巡り撃ち放つさ

道程など知らない
標識はいらない
微笑を湛えて闇と遊べば
誰ぞ知り得ぬ灯も点る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:踵鳴る 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-08-08
商品番号:TFCC-88182
トイズファクトリー

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP