試聴する

循環バス

この曲の表示回数 2,247
歌手:

eastern youth


作詞:

吉野寿


作曲:

eastern youth


今日も俺は猫以上に猫背だったよ
一体何がどうなってこんな風な俺になった
そっと触れることさえ出来た影たちも
日が落ちて黄昏に消えてゆく

一足飛び何処へも行ける
でもこんがらがって縺れた足の
もどかしさにふと諦めてしまうのさ

循環バスの窓には 誘って遠すぎる空が広がっている
循環バスの窓には 逃げ出したくて逃げられない街が広がっている

あの時だって これからだって
あの人だって 誰かだって
心がしんと静まり返る瞬間があるのさ
カラスだって 野良猫だって
俺たちだって あいつらだって
押し黙って天を仰ぐ瞬間があるのさ

循環バスの窓には 泣きたくて泣けない空が広がっている
循環バスの窓には 消したくて消せない過去が広がっている

こんがらがって縺れた日々の
もどかしさにふと笑ってしまうのさ

循環バスの窓には 飛びたくて飛べない空が広がっている
循環バスの窓には 誘って遠すぎる空が広がっている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:循環バス 歌手:eastern youth

eastern youthの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/11/14
商品番号:GNCA-544
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP