ビッケブランカ

ローソクの火を見つめるだけで、人は吹雪を生きられるという。

 2018年11月21日に“ビッケブランカ”がニューアルバム『wizard』をリリースしました。今作に収録されている「まっしろ」は、新垣結衣×松田龍平のドラマ『獣になれない私たち』挿入歌として書き下ろされた楽曲。胸に沁み入る歌詞と歌声がじわじわ支持率を高め、リアルタイム、デイリー、ウィークリー、歌ネットの各ランキングで順位を上げております。

本当のこと教えよう
本当のこと教えよう
本当のこと教えよう
「Great Squall」/ビッケブランカ

 さて、今日のうたコラムでは【魔法使い】という意味のタイトルを掲げたアルバム『wizard』から新曲「Great Squall」をご紹介。この曲は、歌詞内の<本当のこと教えよう>というフレーズが印象的であり、世の様々な“事実”がメッセージとして込められているんです。一体、音楽の魔法使いはどんな<本当のこと>を教えてくれるのでしょうか。

ローソクの火を見つめるだけで
人は吹雪を生きられるという
そびえ立つ岸壁は
いずれ平らで軽い土となる

くばられただけの教科書に
大切なものなどない
不自然に固い心から
乾きこぼれた砂を
風にまかせたいと思う
「Great Squall」/ビッケブランカ

 歌の冒頭で描かれている<本当のこと>は三つ。まずは“想像力”の可能性です。わたしたちは<吹雪>に遭ったとき、食べ物や連絡手段、暖を取るものなどがなければ「もうダメだ…」と絶望し、生還を諦めてしまうこともあるでしょう。しかし実際は、ただ<ローソクの火を見つめるだけ>のことが生命の炎を絶やさない“希望”になり得るのです。それは人生における<吹雪>のような逆境時にも言えること。

 つまり<ローソクの火>のような希望や期待、約束を見つめ、たとえそれが今は現実的ではないとしても、その明るさや温かさを“想像”することで心身をなだめるのです。命をかけて五感で“想像”するのです。また、次に綴られているのは“時間の経過”がもたらしてくれる可能性でしょう。たとえば<そびえ立つ岸壁>にぶつかったとき「この先は無理だ…」と違う道をゆき、永遠にその場所へ戻ることはないかもしれません。
 
 でも月日が経てば、いつのまにか<岸壁>は<平らで軽い土>と変わっており、あの頃は無理だった“先”へ進むことだってできるのだと思います。そして、それらの“事実”は<くばられただけの教科書>は教えてくれない、ということもまた<本当のこと>です。大切なのは“自らの経験”から得た学び。思い込みのせいで<不自然に固い心から 乾きこぼれた砂>はもう<風にまかせ>新しい“事実”をちゃんと知りたい。知ろうよ。そんな想いもこの歌には含まれているのではないでしょうか。

キバに落ちたガゼルより
飢えたチーターは長く苦しむと言う
僕らいつだって思い込んで
嘆いて無関係のつま先を挫くんだ
「Great Squall」/ビッケブランカ

飢えてなお優しい
今ケモノに還りたいと思う
「Great Squall」/ビッケブランカ

 続く歌詞でもやはり“思い込み”により、知らずに生きてきた<本当のこと>が明かされます。ガゼルが食べられるシーンだけを見れば<僕ら>は「かわいそう」だと言うでしょう。でも本当は、食べられる側より食べる側の<飢えたチーターは長く苦しむ>のだそう。チーターの、目に見えない痛みや苦悩や孤独は、誰にも知られることがないのです。

 人間もまた然り。どちらが被害者か加害者か。どちらが幸せか不幸せか。どちらが勝ちか負けか。そんなことはひと目ではわからず、ひと言では言い表せません。それを<思い込んで 嘆いて無関係のつま先を挫く>不毛さがわたしたちにはあるのでしょう。だからこそ、余計な色眼鏡を捨てて<飢えてなお優しい 今ケモノに>還ることができたなら、もっと命に大切な<本当のこと>が見えてくるのかもしれませんよね。

だからこんな雨の日は
出かけようよ出かけよう
命が立ちつくさぬよう
生き急ぎたい
the squall on me

だからこんな雨の日は
出かけようよ出かけよう
命が立ちつくさぬよう
命がけだ
the squall on me let's go
「Great Squall」/ビッケブランカ

 そして、サビで繰り返されるのは、このフレーズ。タイトルの【Squall】とは、にわか雨を伴った急に吹き出す強い風のことです。この【Squall】も“思い込み”により「天気が悪い」「出かけるには適さない」と言われがち。しかし逆に<こんな雨の日>だから<出かけよう>と思えたなら、【Great Squall】=“素晴らしい天気だ”と思えたなら、もっと<命>は活き活きと燃え上がるような気がしませんか?
 
 今、人生が自分の思い通りにいかないと立ち尽くしているアナタ。是非、ビッケブランカの「Great Squall」を聴いてみてください。音楽の魔法使いが教えてくれる<本当のこと>が、きっと今日をほんの少し楽にしてくれるはず…!

◆紹介曲「Great Squall」
作詞:ビッケブランカ
作曲:ビッケブランカ

◆メジャー2ndアルバム『wizard』
初回生産限定 AVCD-96009/B ¥3,800+税
CD only AVCD-96010 ¥3,000+税

<収録曲>
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall 
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
ビッケブランカ 関連トピックス