CHIHIRO

思いっきり失恋しても、涙が止まらないくらい落ち込むことがあっても

 2020年7月8日に恋愛シンガーソングライター“CHIHIRO”がニューアルバム『Rose Quartz』をリリース!今作には、MVも公開されている「もうおしまい」やドラマエンディングテーマ「冷たくしないでよ」など先行配信された4曲に加え、新たに新曲とリミックス曲が収録されております。みなさんの“恋のお守り”になること間違いなしの1作…!
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放つ“CHIHRO”による歌詞エッセイを3週連続でお届け!今回は第1弾第2弾に続く最終回!最後に綴っていただいたのは、アルバムタイトル『Rose Quartz』に込めた想いと、今作の収録曲「My Life」にまつわるお話。日々、戦うすべてのひとに、届きますように。

~歌詞エッセイ最終回:「My Life」~

CHIHIROです。ニューアルバム『Rose Quartz』の歌詞エッセイ、今回で最終回に。

最終回はアルバムのタイトルにつけた『Rose Quartz』について。そしてアルバム収録曲「My life」からいくつかの歌詞を重ねて書いていきます。

アルバムのタイトルにつけたRose Quartz=ローズクォーツはパワーストーンの中でも恋愛成就の意味を持つ石と言われていています。

ハワイはとてもスピリチュアルな場所が多く、ハワイに住んでいた時、よくパワーチャージをしに友達と遊びに行きました。日本に比べてパワーストーンを作ってくれるお店が多く、より身近に感じることができたり、お店の方に話を聞く機会もあってより石の深い意味も知りました。

その中で一番魅かれたのがローズクォーツでした。ローズクォーツは恋が叶うという意味だけじゃなく、ネガティブなものをプラスに変えて、自分を許し受け入れる事を助けるエネルギーを持った石だと教えてもらったんです。

“私だけダメな気がして
取り残されている気がして
逃げ出したくなるの”


人生の中で、恋が上手くいかない時、周りがよく見えてしまう時、どうしても自分を否定してしまう。自分に価値を見つけられなくなってしまいます。でも逃げたくなる現実も傷ついたこともちゃんと受け入れることができたら、今の自分を愛せるし成長できると思うんです。

自分で自分を愛し、その愛が自分の中でめぐりめぐって、誰かを愛し愛せるようになる。ネガティブな事も受け入れて成長できるように、自分の中に愛を巡らすんです。

“理想とはずれても
この人生けなしたくない
自分で選んで
迷って進んで
歩いてきた道だから”


今の私でいいんだ。
今が正解なんだ。
そう思えたらダメな自分も可愛くみえますよね。

“一度きりしかないMy Life
私らしく笑えばいい”


このRose Quartzの意味は
アルバムの楽曲の歌詞が自然とリンクしました。

思いっきり失恋しても、涙が止まらないくらい落ち込むことがあっても、全てには意味があって幸せに繋がってると信じて私らしくこの道を歩けばいい。

アルバムを聴いてくれた人にこんなメッセージが届けばいいなと思います。

アルバム「Rose Quartz」には
そんなメッセージを込めて。
ラブソングたちが
お守りのような存在になれたら嬉しいです。

<CHIHIRO>

◆紹介曲「My Life
作詞:CHIHIRO
作曲:CHIHIRO

◆ニューアルバム『Rose Quartz』
2020年7月8日発売
初回限定盤 TECI-1647 ¥3,182+税
通常盤 TECI-1648 ¥2,273+税


このトピックをシェアする
  • LINEで送る