試聴する

少年の墓

この曲の表示回数 5,857
歌手:

谷村新司


作詞:

谷村新司


作曲:

谷村新司


波は岸辺に寄せ 貝殻を拾う君は
けがれを知らぬ あの頃の
遠くを見る様な 瞳のままで

大人になった 夢を追い続けながら
私は目を伏せ 自分の影に目を落とした

影は細く淡く 悲しく震えて見えた
それはまるで親を失くした 少年の墓のようだ

君は夢を語れ 私の分まで語れ
夢に命をかけるなら
他のすべてを すててまで

臆病者の これがせめてもの言葉だ
私は目を伏せ 自分の影に目を落とした

影は細く淡く 悲しく震えて見えた
それはかなわぬ道に倒れた 少年の墓のようだ

君は海に向え 私は岸辺に立って
遠く思いを焦がすばかりの 少年の墓になろう……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年の墓 歌手:谷村新司

谷村新司の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/03/11
商品番号:PSCR-9200
POLYSTAR CO.,LTD(P)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP