試聴する

金糸雀、それから…

この曲の表示回数 6,627
歌手:

さだまさし


作詞:

さだまさし


作曲:

さだまさし


一方通行の路地を 抜けてあなたに会いにゆく
道すがら目をとめた花を買いました
今日はさようならを告げる為に会いにゆくの
迷い悩み苦しんで やっと決めました
前に私の部屋の金糸雀(カナリヤ)をみつめながら
あなたは独白(つぶや)いたね 逃がしておやりよと
自由に空を 飛ばしてやれよ それが幸せだよと
あなたは 男の人だから きっとわからないのでしょう
金糸雀は ひとりでは 生きてはゆけないのです

唄を唄えなければ金糸雀ではないでしょうか
もしも空を飛べなければ鳥ではないでしょうか
本当の空より広い空は確かにあるのです
それはあなたの腕の中 私にはそうでした
秋の終わりの雲が ゆっくりと流れてゆく
あなたひとりのために唄っていたかった
ふと立ち停まる三叉路で今 幸せとすれ違った
あなたは 男の人だから きっと気付かないのでしょう
金糸雀は ひとりでは 生きてはゆけないのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:金糸雀、それから… 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-30
商品番号:FRCA-1123
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP