試聴する

置手紙

この曲の表示回数 27,100
歌手:

かぐや姫


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


君はまだたくさんの
紙袋をかかえたままで
この手紙読んでいるだろう
これで最後の男の気まぐれとして
どこかそこらの窓からすててくれ
君となら一緒に暮らしたかった
二人でいつも立ち止まってしまう
あの赤いレンガの家で………
ルンルン ルルル………
今日の淋しさは風にごまかされて
いつまでも消えそうもない

ぼくのほんのひとことが
まだ二十前の君を
こんなに苦しめるなんて
だから行く先は
ぼくの友達に聞いてくれ
君に会わないで行くから
今頃はぼくもまた昔のように
どこかの町のカフェテラスで
ビールでも飲んでいるだろう
ルンルン ルルル………
君が帰る頃は夕暮れ時
部屋の明かりはつけたままで
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:置手紙 歌手:かぐや姫

かぐや姫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-07-07
商品番号:CRCP-20451
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP