清き流れ

この曲の表示回数 12,182
歌手:

北島三郎


作詞:

星野哲郎


作曲:

原譲二


はるかより はるかへつづく
歳月を重ねて 二千年
嵐の夜も また朝も
われらを守り われらを愛し
清く流れる 五十鈴の川よ

おごそかに みそぎを払い
神に近づく 国民は
宇治橋渡り 晴れやかな
笑顔をつれて 戻ってくるよ
白い鳩舞う 古代の森を

雅楽鳴る 勾玉池(まがたまいけ)は
伊勢を讃えて 光る風
日本の母が また父が
誠を秘めた 玉砂利(たまじゃり)ふめば
語りかけるよ 心のふるさと
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:清き流れ 歌手:北島三郎

北島三郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-10-01
商品番号:CRDN-350
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP