恋を語る詩人になれなくて

この曲の表示回数 30,709
歌手:

Team S(SKE48)


作詞:

秋元康


作曲:

俊龍


校庭の楡の木陰
リルケの詩集をめくり
唇が動いている
君は今 胸の奥に
どんな悩みを抱えて
そよ風に吹かれるのか?

遠くから
気づかれず
そっと守ってあげたい
眼差しは
君を暖かくするよ
太陽

恋を語る詩人になれなくて…
言葉を飾るより
無口な僕でいる
恋を語る詩人になれなくて…
ときめきは ときめきのまま
野に咲く花であればいい

紺色のセーラー服
リボンを結び直して
微笑んで走り出した
その場所で見つけたのは
きっと答えではなくて
青春という名の道

すぐそばを
過ぎて行く
ほのかな石鹸の香り
振り向けば
君のその後ろ姿に
木漏れ日
語るだけで消えてしまいそうな…
伝えることよりも
大事なものがある
語るだけで消えてしまいそうな…
切なさは 切なさのまま
愛おしい花であればいい

恋を語る詩人になれなくて…
言葉を飾るより
無口な僕でいる
恋を語る詩人になれなくて…
ときめきは ときめきのまま
野に咲く花であればいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:恋を語る詩人になれなくて 歌手:Team S(SKE48)

Team S(SKE48)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-28
商品番号:CRCP-40268
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP