夏の午後

この曲の表示回数 12,550
歌手:

大浦龍宇一


作詞:

小林武史


作曲:

小林武史


夏の午後水をまいてる
通りに風が潜んでいる 午後
僕はまだ 忘れられずに
あの夢のつづきが見えない

でも 待っている
君 求めている 痛みも覚えてる
闇の中で光も感じてる
夢のように 消えて行くなら
流れて行くならば 君を探そう

夏の午後 猫が日影で
暮れて行くときを過ごしてる 午後
夕暮れの世界なら 今
蜃気楼のように消えて行くだろう

でも 待っている
君 求めている 痛みも覚えてる
闇の中で光も感じてる
夢のように 消えて行くなら
流れて行くならば 君を探そう

いつも 丘の上で 佇んでいる
君が心に すべて 疲れたときに
聞こえる あの歌
君はまだ涙にくれないで Time goes by
すべて疲れたときに聞こえる あの歌

夏の午後 水をまいてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の午後 歌手:大浦龍宇一

大浦龍宇一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-05-11
商品番号:PHDL-1059
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP