Dark ocean

この曲の表示回数 5,864
歌手:

古内東子


作詞:

古内東子


作曲:

古内東子


今はひとりここに立ってる 休みには必ず来てた海
普段よりもラフな格好であなたと会えるのも好きだった
誰もいなくて裸足に波がまだ冷たい時間 ちょうどこんな夜は
気取ったレストランにいる時よりずっと近くに感じた

忘れないよ
髪についた砂をはらう指先も 冷えた肩に掛けてくれたシャツも
深く暗いこの海を目の前に 私はあなたと生きていること
ねえ感じてたよ 離れないと信じてたよ 忘れないよ

車の音走り去るたび 静かな波の音を消してく
そんなふうに少しずつでもあなたの記憶消せたらいいのに
街を離れて海の見える場所でいつか暮らす夢 ふたり決めた夢
形のない物ほどなくなる瞬間はいつも気づかない

忘れないよ
星をずっと見上げてた横顔も 時々手に持って歩いた靴も
深く暗いこの海を目の前に 私はあなたと生きていること
ねえ 感じてたよ 離れないと信じてたよ

忘れないよ
髪についた砂をはらう指先も 冷えた肩に掛けてくれたシャツも
深く暗いこの海を目の前に 私はあなたと生きていること
ねえ感じてたよ 離れないと信じてたよ 忘れないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Dark ocean 歌手:古内東子

古内東子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-12-06
商品番号:SRCL-4961
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP