逢いたいから

この曲の表示回数 28,643
歌手:

古内東子


作詞:

古内東子


作曲:

古内東子


ドアの向こう寒そうに君が立ってる
こんな夜中に買物袋を抱えて
「幸せすぎて眠る時間も惜しい。」
なんてふざけながら
誰かを愛する強さにあふれて
彼の事を話す君が立つキッチン
聞いているのは僕でなくてもいいみたい
慣れた手付きの君の料理は
温かくて懐かしくて
だから余計に僕を傷つけるよ

お願い
恋をしてきれいになってく君を見ているのは
つらいからもうここには来ないで
言えないよ それでも逢いたいから

君が彼と喧嘩をして泣いてた時
僕はすかさず君の味方をしたけれど
君は笑って「いいのよ。」なんて
僕だったら僕だったら
君を君を悲しませたりしない

お願い
恋をしてきれいになってく君を見ているのは
つらいからもうここには来ないで
言えないよ 逢いたいから
もう目もみられないよ
君のその瞳に映ってる僕の顔が
やさしく笑うたび悲しすぎて

ああ
今この瞬間を
君といることは決して嘘じゃないのに
ああ
何も変わらない 何も届かない
きっとこれからも

恋をしてきれいになってく君を見ているのは
つらいからもうここには来ないで
言えないよ 逢いたいから
もう目もみられないよ
君のその瞳に映ってる僕の顔が
やさしく笑うたび悲しすぎて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:逢いたいから 歌手:古内東子

古内東子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-02-14
商品番号:SRCL-4189
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP