試聴する

流星のうた

この曲の表示回数 32,843
歌手:

Aqua Timez


作詞:

太志


作曲:

Aqua Timez


言葉はためいきと共に消えた 星が滑り落ちてしまうように
キミという地球に近づき 届かないまま とけてなくなる
今は まだ こうして…
ありふれた今日を生きることの中でただ 想いを紡ぐのさ
一瞬でもいいさ 輝きながら 闇を彩れたら

太陽にかきけされる時も 臆病な光で歌ってるよ
淋しい時にだけでいいんだ 空の向こうから歌ってるよ
今も まだ こうして… きっと そう ずっと そう
ありふれた今日を生きることの中でまた 想いがあふれるよ
夜と朝が混じりあうその前に 君を待っているよ

ありふれた事さ ありふれた夢さ
雲の隙間をさがして歌う
寂しいほど光る 悲しいほど光る
美しい奇跡で汚すよりはいいだろう?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星のうた 歌手:Aqua Timez

Aqua Timezの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/27
商品番号:ESCL-3361
ERJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP