試聴する

夕映えのシーン

この曲の表示回数 3,739
歌手:

東京60WATTS


作詞:

大川毅


作曲:

杉浦琢雄


目を閉じると浮かんで目を開けると消えてしまうものってなんだ
まぶたの裏に残った記憶が鮮明に映り出してくるんだ

駅前のバスロータリーでずっと停止していた僕ら
ようやく進みだしたんだ それぞれの行く先を選んで

最後に君はなんて言っていたの
僕は怖くて耳を塞いでたんだ
雑踏の中消えていく背中を映画のワンシーンのように眺めてた

見えないはずのため息がはっきりと白く見えるようになった
心の内側まで見透かされてしまう そんな季節が来たんだ

いつもつながっていた右手は冷たくなってポケットの中
君の左手が揺れる 枯れた空を背景に映して

最後に君はなんで泣いていたの
僕はずっと下を向いていたんだ
足元に落ちたシミが広がって行くのをぼんやり見てた

君の唇が何度か離れたりくっついたりする
まぶたの裏のフィルムが回りすぎて焼き付いてきそうだ

最後に君はなんて言っていたの
僕は怖くて耳を塞いでたんだ
雑踏の中消えていく背中はまるで映画のワンシーンのように

あのとき君は泣いてたはずなのに
笑った顔が映り込んでくる
僕の中消えない記憶が目を閉じると浮かんでくるんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕映えのシーン 歌手:東京60WATTS

東京60WATTSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/27
商品番号:VFCV-52
FIVE D plus

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP