昨日の少年

この曲の表示回数 6,832
歌手:

SMILE


作詞:

浅田信一


作曲:

浅田信一


背よりも高い向日葵に
囲まれながら 夏は過ぎて

小さな陽に焼けた足で
あき缶蹴飛ばし 願いかける

影が伸び 空が赤く染まる
泣き虫の弟は ぼくの背中で眠る

父からもらった 陽に焼けた大きなグローブに
少しずつぼくの 左手が追いついて行くのがわかる

昨日の少年は 今ここで
君を幸せにするために 唄う

道路を挟む銀杏の樹に
身体をあずけて 冬を止めて

手先に染み込む北風に
追いかけられて 夢を語る

風が吹き 頬が赤く染まる
大切な友達は ぼくと共に歩く

母を心配させた 右膝につくったすり傷は
少しずつぼくの 身体から消えてみえなくなる

昨日の少年はいつまでも
君を幸せにするために 唄う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昨日の少年 歌手:SMILE

SMILEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-21
商品番号:SRCL-3356
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP