18金の夜

この曲の表示回数 5,131
歌手:

とんねるず


作詞:

秋元康


作曲:

見岳章


誰もいない街角
ガス灯に流れる霧
見つめ合う その瞳
今夜だけ 恋人で

石畳 蒼い影が
少しずつ 傾いて
18金 18金 抱きしめていた



タクシーを止めないで
夜明けまで 歩きたい

わがままを包むように
長い髪 腕の中
18金 18金 接吻(くちづけ)をした

セピア色 褪せてゆく
思い出のアルバムよ

時は遠い過去(むかし)も
ああ まるで 昨日のように
君のそのぬくもりだけ
鮮やかに 覚えてる
18金 18金 つけてますね

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:18金の夜 歌手:とんねるず

とんねるずの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63425
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP