名月赤城山

この曲の表示回数 21,452
歌手:

島津亜矢


作詞:

矢島寵児


作曲:

菊地博


男ごころに 男が惚れて
意気がとけ合う 赤城山
澄んだ夜空の まんまる月に
浮世横笛 誰が吹く

「赤城の山も今夜を限り
生まれ故郷の国定の
村や 縄張りを捨て国を捨て
可愛い乾分(こぶん)の
手前ぇたちとも
わかれわかれになる首途だ」

意地の筋金 度胸のよさも
いつか落目の 三度笠
云われまいぞえ やくざの果てと
さとるわらじに 散る落葉

「加賀の国の住人
小松五郎義兼が鍛えた業物
万年溜の雪水に浄めて
俺には生涯ぇ手前ぇと
いう強ぇ味方があったのだ」

渡る雁がね 乱れてないて
明日はいずこの ねぐらやら
心しみじみ 吹く横笛に
またも騒ぐか 夜半の風
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名月赤城山 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-30844
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP