吉良の仁吉

この曲の表示回数 14,089
歌手:

島津亜矢


作詞:

萩原四朗


作曲:

山下五郎


「やくざ稼業は
因果なもンでございます
まして 渡世の掟は
きびしいもンでございます
男と男の杯を
守り通して恋女房に
泣いて持たせた離縁状
吉良の仁吉は
男の中の男でございます」

海道名物 数あれど
三河音頭に 打太鼓
ちょいと太田の 仁吉どん
後ろ姿の粋な事

吉良の港は おぼろ月
泣けば乱れる 黒髪の
赤いてがらも 痛ましや
お菊十八 恋女房

引くに引かれぬ 意地の道
止めてくれるな 名がすたる
いやな渡世の 一本刀
辛い訣れを なぜ切らぬ

嫁と呼ばれて まだ三月
ほんに儚い 夢のあと
行かせともなや 荒神山へ
行けば血の雨 涙雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:吉良の仁吉 歌手:島津亜矢

島津亜矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-30844
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP