その日海からラプソディ

この曲の表示回数 13,574
歌手:

加山雄三


作詞:

阿久悠


作曲:

弾厚作


きみは奇跡の娘
灼けた肌に風が吹いて行けば
きみは想い出だけを
ぼくに残し消える
海からはラプソディ

水の泡がはじけるように
そして砂の城が
さらさら消えるように

にがいだけが想い出じゃない
時には胸の奥で
ほほえむことも

きみよ 言葉をすてて
しばし時に眠れ 愛の時に
やがて二人の夢は
一人だけの夢に
海からはラプソディ

きみは奇跡の娘
光りだけが似合う昼の娘
熱い心とからだ
ぼくにふれて過ぎた
海からはラプソディ

指に巻いた亜麻色の髪
そして歌うために
くちびる紅くふるえ

罪の色がときめきじゃない
青く沈む心
ぬりかえるもの

きみよ 言葉をすてて
しばし時に眠れ 愛の時に
やがて二人の夢は
一人だけの夢に
海からはラプソディ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:その日海からラプソディ 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995/08/21
商品番号:FHCF-2249
ファンハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP