うずしお

この曲の表示回数 10,393
歌手:

坂本冬美


作詞:

岡田冨美子


作曲:

浜圭介


まるで異国へ旅立つような
重い鞄を小雨が濡らす
船が港を離れたとたん
見送るあなたと他人になるの

*どこで荷物をほどいたらいいの
愛にはぐれりゃみんなみなし児
止めるあなたを捨てたのに
未練が 未練が
荒波燃やし渦を巻く*

かすむ岬の灯りがつらい
昨夜最後のなぐさめをした
もっと私に意気地があれば
あなたが立派になるまで待てた

死んだつもりで追いかけた男
一緒になったら泣かされ通し
止めるあなたを捨てたのに
霧笛が 霧笛が
過去へと船を呼び戻す

(*くり返し)
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:うずしお 歌手:坂本冬美

坂本冬美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-06-07
商品番号:TODT-3466
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP