試聴する

少女

この曲の表示回数 3,782
歌手:

峰香代子


作詞:

峰香代子


作曲:

峰香代子・タシロサヤカ


ひたすら前に向かって走ってた毎日 泥だらけの少女
キラキラ風にからんで光ってる洗濯物 春を吸い込んだ

怖いものなんてなくて 手のひらで強がりはフっと消えてった

小さな小さな不安なんて あとでいつだって悩めるから
まだ淡い春の中で始めればいい 今の場所から

右回り旋回する鳥の群れ 左に突き抜けてく電車
大空に向かってあくびをする真っ白い猫 長く伸びる影

大きく目を開いて 体中でうけとめて息を吸い込んだ

大きな大きな過去なんてあとでいつでって思い出して
まだ淡い春の中で 必要ないさ 言い訳なんて

潜んでる悪魔はどこにいるかな?
遥かなる大地で生きている私の中かな

小さな小さな不安なんて あとでいつだって悩めるから
まだ淡い春の中で始めればいい 今の場所から

大きな大きな過去なんてあとでいつでって思い出して
まだ淡い春の中で 必要ないさ 言い訳なんて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少女 歌手:峰香代子

峰香代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-05-14
商品番号:CTCR-14583
カッティング・エッジ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP