ライム・ライト

この曲の表示回数 8,498
歌手:

HOUND DOG


作詞:

松井五郎


作曲:

蓑輪単志


遠ざかる街の灯りを 涙でくもらせたのは
別れの言葉 言わずに出てった
おまえがいじらしく思えたからさ
二人ならやってゆけるさ
いつまでも続くはずだと
なにもかもが すなおに見えてた あの頃
きっと若かったのか
最後まで言えなかったGood-bye
何故 こうもむなしい
想い出はあの街に今 置いてきた俺なのに
ふり向くな この熱い涙が 甘い夢を消すまで
今日からは一人の男と そうさおまえも
Lonely Girl
今はもうおわった事さ
まぶしげな過去は捨てよう
見馴れた街が 見知らぬ街に変わる日まで
俺はもう戻らない もう戻らない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ライム・ライト 歌手:HOUND DOG

HOUND DOGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-22
商品番号:COCP-30574
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP