ラスト・シーン

この曲の表示回数 24,768
歌手:

HOUND DOG


作詞:

松井五郎


作曲:

八島順一


古い写真を 思いがけなく
みつけたように おまえに逢った
女をほめることなど知らない
つまらない男で悪いな
どんなことばでなら
いまのおまえに似合う

風の噂で ずいぶん前に
この都会(まち)にでてきたと聞いた
青くさい頃にしてた恋など
むしかえすつもりもなかった
どんな思い出なら
いまのおまえに見える

ふりむいても まぶしすぎる 俺たちの夏
もう ひとつの夢 眠ったのも 忘れていいぜ

覚えているかい 安い指輪を
バスにひかれて こわしたやつさ
いくら泣いても おまえの涙
俺のシャツで乾かなかった
誰も止められない
時が流れているね

ちぎれながら あふれてくる 最後の場面
ただ やさしさだけ へたなままの 俺が残って

ふりむいて もまぶしすぎる 俺たちの夏
もう ひとつの夢 眠ったのも 忘れていいぜ

ふりむいてもまぶしすぎる 俺たちの夏
もう ひとつの夢 眠ったのも 忘れていいぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ラスト・シーン 歌手:HOUND DOG

HOUND DOGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-01
商品番号:SRCL-2720
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP