陽のあたらない部屋

この曲の表示回数 6,201
歌手:

THE HEART


作詞:

井口一彦


作曲:

井口一彦


君の瞳 僕の胸に 映し出したその時
すべてが変わった

会えない夜は ホテルの部屋で
体寄せ合ってふざけあった

陽のあたらぬ愛は 悪戯に二人の距離
時に離してしまうけれど
愛しく思える心温めながら 二人でいれば大丈夫さ

街から街へと 旅を続ける
お互いの言葉を思い浮かべて
短い夜も 白い壁も 今夜の二人を包んでくれるよ

窓の外に見える鮮やかな街灯りを
「おもちゃの様ね」と笑った
あどけない君の横顔見たとき 僕はそっと抱き寄せた

シャワーの後の髪に温りを感じながら
二人は子猫のように眠る

やがて朝が来ても つないだ二人の手は
離さないと信じて
生きて行くこと それ以外に もう一つ確かな
真実が見えた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:陽のあたらない部屋 歌手:THE HEART

THE HEARTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-11-28
商品番号:32XM-100
イーストウエスト・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP